FISHERIES KINGDOM EHIME 水産王国えひめ

NEWS 新着情報

新着情報は公式Instagram
「水産王国えひめ」から

えひめ水産応援プロジェクト

新型コロナウイルス感染症が世界的に流行する中、愛媛県でも愛育フィッシュなど、県産水産物の生産や販売が多大な影響を受けています。そこで、学校給食への県産水産物の提供や漁家への金融支援、県産水産物の販売促進・魚食普及・PR活動などを通じ、生産者を応援しようというのが「えひめ水産応援プロジェクト」です。

愛媛は海面養殖全国1位の水産王国
食べよう! “えひめのおさかな”

瀬戸内海、宇和海という2つの海に面する愛媛県は、漁船漁業や養殖業が盛んです。特に養殖業では、漁業関係者のたゆまぬ努力により、豊かで美しく、かつ養殖に適した漁場を徹底管理しています。その結果、種類豊富で高品質な魚を国内外へ提供を可能としており、魚類養殖生産量で42年連続1位を獲得。名実ともに全国ナンバー1の水産王国なのです。

海面養殖業産出額 全国第1位
漁業産出額 全国第3位
魚類養殖生産量 42年連続1位
マダイ養殖生産量29年 連続1位
ブリ類
マダイ
シマアジ

※「令和3年えひめの水産統計」(令和元年確定値)

水産王国えひめの代表選手

  • 媛スマ

    マグロでもカツオでもない全身トロの新たなスター。成⻑が良く、⼩型の生簀で飼育できることも魅⼒です。中でも最高グレードが「伊予の媛貴海」ブランドです。

  • マダイ

    愛媛県の魚。天然魚、養殖魚ともに全国屈指の生産量を誇っています。郷土料理も多く、地元でも親しまれ、祝い事に利用される、めでたい魚です。

  • ブリ

    愛媛県はブリの養殖で全国2位を誇ります。多くの魚が、宇和海沖で養殖する「戸島一番ブリ」などブランド化されています。

  • シマアジ

    旬は夏から秋。刺身や寿司だね、塩焼きや照り焼きなどで美味。最もおいしい最高級の味といわれます。生産技術の進展により愛媛県が全国1位の生産量を誇ります。

  • クロマグロ

    赤身やトロなど寿司ねたの定番で、国内のみならず海外でも人気が高い。平成17年に愛南町の地先で取り組まれて以降本格化し、多くの地区で養殖される様になりました。

  • マハタ・クエ

    約40年かけて種苗生産に成功した超高級魚。刺身のほか、鍋の具材としても抜群です。

  • サワラ

    魚へんに春と書いてサワラ。5月に外海から産卵のために瀬戸内海に群れをなして来遊します。刺身、照り焼き、味噌漬けが美味です。

  • 真珠(アコヤ貝)

    全国の約40%のシェアを占め、圧倒的な生産量を誇っている愛媛県の真珠。2009(平成21)年からは11年連続で生産量全国1位の座を守っています。

  • みかんフィッシュ

    柑橘の果皮や、そのオイルなどを与えて育てた養殖魚。魚臭さが抑えられ、ほのかな柑橘の香りが特徴です。刺⾝でも変⾊しにくく、⻑持ちします。

おさかな動画集
お魚レシピ集

えひめの魚たち

  • 愛育フィッシュ

    「愛育フィッシュ」は、海面養殖生産量日本一を誇る本県産から養殖魚のイメージアップを図るとともに、広くその品質の高さや安全・安心をPRしていくための愛称です。

  • えひめの天然もの

    愛媛県の海域は、佐田岬半島を境に瀬戸内海と宇和海に大別されます。各海域では、その特性に応じた様々な漁船漁業や養殖業が営まれており、本県は全国的にも高い生産量を誇っています。

フィッシュガール®

『フィッシュガール』は、全国各地で開催される愛育フィッシュの販売促進イベント等で、解体ショーを演じ活躍しています。県では、水産を学ぶ彼女たちをはじめ、多くの若者たちが、将来を支える担い手として活躍できるよう、本県水産業を魅力ある成長産業に転換することを目指します。

オレンジウェーブ

愛媛県で愛情をこめて育てた魚(愛育フィッシュ)を官民一体となって、海外市場をターゲットに販路拡大に取り組む愛媛の共同企業体「愛育フィッシュ輸出促進共同企業体(通称:オレンジウェーブ)」です。



愛媛県HPへ

お問い合わせ

愛媛県農林水産部水産局漁政課企画流通係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2

電話番号:089-912-2606

ファックス番号:089-945-8163