close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症情報 > 愛媛県感染症情報センター > トピックス > 愛媛県におけるブタの日本脳炎ウイルス抗体保有状況(2021年)

ここから本文です。

更新日:2021年9月24日

愛媛県におけるブタの日本脳炎抗体保有状況

日本脳炎ウイルスの人への感染は、感染したブタ等を蚊が刺咬・吸血し、その後人を吸血することにより引き起こされます。

そこで、感染症流行予測調査事業の一環として、県内のブタにおける日本脳炎ウイルスの抗体保有状況を調査し、同ウイルスの蔓延状況を確認しています。

ブタは概ね生後6か月~9か月でと畜場に運ばれるため、ブタの日本脳炎抗体保有状況を調べると、そのブタが成育していた地域に最近6か月~9か月以内に日本脳炎ウイルスが存在していたかどうかがわかります。

ブタが日本脳炎ウイルスに感染したことがあると、HI抗体が陽性になります。HI抗体価が1:10以上を陽性としました。

また、最近ウイルスに感染した場合は、2ME感受性抗体が陽性になります。2ME感受性抗体検査はHI抗体価が1:40以上の検体について実施します。

 9月7日採血分のブタのHI 抗体陽性率は0%、9月15 日採血分は50%(10例中5例)でした。また、9月15 日の陽性例のうち1例は最近感染したことを示す2ME感受性抗体でした。

本調査は複数のブタ飼育地域を対象に実施しており、飼育地域等により陽性率が異なる場合もあります。蚊の発生が多い時期はもうしばらく続きますので、引き続き、蚊に刺されないように注意しましょう。

愛媛県におけるブタの日本脳炎抗体保有状況

採血月日 HI抗体
陽性率
2ME感受性抗体
陽性率
7月6日 0%(0/10)
7月14日 90%(9/10) 11%(1/9)
7月27日 10%(1/10)
8月3日 0%(0/10)
8月17日 0%(0/10)
8月25日 80%(8/10) 13%(1/8)
9月7日 0%(0/10)
9月15日 50%(5/10) 20%(1/5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本脳炎とは

病原体

日本脳炎ウイルスの感染によって発生する急性脳炎です。

感染経路

日本では、主にコガタアカイエカによって、ウイルスを保有するブタから人に日本脳炎ウイルスが伝播されます。人から人への感染はなく、増幅動物(ブタ)の体内で増えたウイルスを蚊が吸血し、その後人を刺した時に感染します。

症状

日本脳炎ウイルスに感染してもほとんどの人は症状が表れませんが、およそ1000人に1人は日本脳炎を発症します。日本脳炎の潜伏期は6〜16日間とされており、発熱、頭痛、悪心、嘔吐、眩暈などの症状がみられます。発症した方の死亡率は20~40%です。また、生存者の45~70%に精神障害などの後遺症が残る可能性があり、特に小児では重度の障害が残るおそれがあります。

予防方法

〇 日本脳炎ワクチンを接種しましょう。

ワクチン接種により、日本脳炎の罹患リスクを75~95%減らすことができます。日本脳炎ワクチンの定期予防接種については、お住まいの市町村にご相談ください。

〇 蚊に刺されないよう十分注意しましょう。

外出する時は、肌が露出しない服装(長袖、長ズボン)を心がけ、防虫スプレーを使用しましょう。

蚊が屋内に侵入しないように網戸を使用し、窓や戸の開閉を少なくしましょう。

 

 

 

お問い合わせ

保健福祉部衛生環境研究所

〒790-0003 松山市三番町8-234 

電話番号:089-931-8757

ファックス番号:089-947-1262

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ