文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 健康啓発 > 愛媛県ビッグデータ活用県民健康づくりについて

ここから本文です。

更新日:2020年2月21日

愛媛県ビッグデータ活用県民健康づくりについて

平成30年度の国保制度改革を契機に、健診・医療・介護のビッグデータ(国保・協会けんぽ)を一元的に活用し、特定健診受診率の向上をはじめとする医療費適正化対策や健康寿命の延伸等に取り組むとともに、地域の特性に応じた疾病予防、健康づくり事業を推進します。

平成30年度愛媛県ビッグデータ活用県民健康づくり協議会(第1回:7月24日)の開催結果について

本県の健診・医療・介護に係る客観的なデータ(以下「ビッグデータ」という。)に基づく全県的な疾病予防や健康づくり等を推進し、健康寿命の延伸、医療費の抑制等を図るため、愛媛県ビッグデータ活用県民健康づくり協議会を設置しました。

資料

ICTを活用した保健指導の試行について

平成31年2月から、健診機関(JA愛媛厚生連)の協力の下、健診や問診結果等を基に、将来の生活習慣病(糖尿病・心血管病)の発症リスクを予測する保健指導ツール「ひさやま元気予報」を利用して、生活習慣の改善を提案するモデル事業の取組みを試行しますので、お知らせします。

愛顔の健康づくり通信(No.1)高血圧(男性)について

データ分析結果の第一段として、県内の男性の高血圧症の状況をとりまとめたので、お知らせします。今後も愛媛県内の様々な健康課題と対策等について、順次お伝えする予定です。

平成30年度愛媛県ビッグデータ活用県民健康づくり協議会(第2回:3月19日)の開催結果について

本年度第2回目の協議会を開催しました。

資料

平成30年度愛媛県ビッグデータ活用県民健康づくり事業報告書【概要版】について

愛媛県の健康課題を明確にして、生活習慣病対策に役立てるため、平成27年度の国保と協会けんぽの特定健診結果データ(約19万人分)を活用し、「平成30年度愛媛県ビッグデータ活用県民健康づくり事業報告書」を作成しました。

資料

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2400

ファックス番号:089-912-2399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ