close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年7月20日

障害福祉サービス事業者等の方へ

事業者の方へのお知らせ

国・県通知、集団指導の資料、研修情報等の各種お知らせを掲載しています。
(県障がい福祉課のお知らせページに移動します。)

新規指定申請について

 事業開始にあたっては、サービスの種類及び事業所ごとに、県の指定を受ける必要があります。
 新規指定の流れ、申請書類等について掲載していますので、新規に指定を受けようとされる事業者の方は、こちらのページをご覧ください。
  ※ 特定(障害児)相談支援事業者の指定は各市町が行いますので、申請先にご注意ください。

指定更新申請について

 障害福祉サービス等の指定の有効期間は6年間です。
 指定の有効期限が満了となる事業所は、満了日の一月前までに、指定更新申請書及び添付書類を提出してください。
 更新手続きを行わず、指定の効力が失効した場合、介護給付費等の請求ができなくなり、
 再び事業を行うには新規指定の手続きが必要となりますのでご注意ください。

変更届・変更申請書について

 事業者が指定を受けた事項のうち、法令で定める事項に変更があった場合の届出・申請に必要な書類を掲載しています。
 添付書類の付け忘れ、届出の遅延等にご注意ください。

体制届について(給付費の算定に係る体制等に関する届出)

 基本報酬・各種加算等の給付費の算定に係る体制等の届出に必要な書類を掲載しています。
 加算取得の届出にあたっては、加算の要件を満たすことがわかる書類の添付漏れや届出の期限にご注意ください。

廃止・休止・再開・辞退届について

 指定を受けた事業者が、事業所を廃止(休止・再開)する場合の届出に必要な書類を掲載しています。
 事業所を廃止(休止)する場合、引き続きサービスの提供を希望する利用者に対しサービスが継続的に提供されるよう、
 他のサービス事業者との連絡調整その他の便宜の提供を行う必要がありますのでご注意ください。

業務管理体制の届出について

 平成24年4月から、指定障害福祉サービス事業者等及び指定障害児通所支援事業者等は、法令遵守等の業務管理体制の整備と
 その届出が義務付けられました。
 届出は、障害者総合支援法及び児童福祉法の根拠条文ごとに行う必要があります。

指導監査等の事前調書について

障害福祉サービス事業者等が法令等に基づく適正な事業実施を行っているか確認するため、都道府県又は市町村が障害福祉サービス事業者等の
事業所において実地に行う指導に関して、事前提出資料の様式を掲載しています。

お問い合わせ

東予地方局地域福祉課 福祉指導グループ

〒793-0042 西条市喜多川796-1 

電話番号:0897-56-1300(内線241・284)

ファックス番号:0897-56-1317

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ