愛媛県メニュー
文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 地方局の取組み > 中予地方局 > 愛媛・中予の観光情報サイト「ちゅうよ観光ナビ」 > しまの魅力 津和地島 愛媛・中予の観光情報サイト「ちゅうよ観光ナビ」

ここから本文です。

印刷する

しまの詳細:津和地島(つわじじま)

津和地島

忽那諸島西端にある島で、島民の威勢のいい声が飛び交う活気ある島です。

津和地島の位置

津和地島とは(つわじじま)とは

愛媛県、山口県、広島県との県境位置する島です。
かつては瀬戸内海の要衝として参勤交代に向かう諸大名を接待するため松山藩のお茶屋が港に置かれていました。秋祭りには勇壮なだんじりや神輿が、威勢のいい掛け声とともに集落内を練り歩きます。
柑橘栽培が盛んですが、近年はイノシシ被害が軽減されるなどの理由から、玉ネギが多く栽培されるようになりました。砂地で作る玉ねぎは辛みが少なく、生でもそのまま食べられるほど甘みが強いのが特徴です。
また、ヒラメやアワビの養殖など漁業も盛んに行われています。

津和地島の見どころ

だんじり

秋のお祭りの時に神輿と共に集落内を練り歩きます。忽那諸島内でだんじりを引くのは津和地だけで、秋のお祭りは最も盛大に行われています。以前は4台出ていましたが、現在は組ごとに3台のだんじりを担ぎます。だんじりの上には子どもが4人乗り、掛け声に合わせて太鼓を叩きます。

だんじりの写真

お茶屋跡の碑

かつて瀬戸内海航路の要衝として、参勤交代に向かう諸大名を接待するための御茶屋が港におかれていました。松山藩主の名代である八原家が常駐し、参勤交代の便宜を図るなどの功績をあげました。現在、その跡地は保育所になっていてその片隅に碑が建てられています。

お茶屋跡の碑の写真

平和の碑

1945年 8月9日、呉から大津島へ航海中の第21号輸送艦がアメリカ機の空襲に遭い、それによって発生した火災が積載していた弾薬に引火、爆発。損傷した艦が津和地島の浜に突っ込み座礁しました。身の危険をかえりみず島民総出で救出活動をし、負傷者を小学校に収容し応急処置を行いましたが、63名が命を落としました。現在は防波堤ができ砂浜はありませんが、遺族や生存者が建立した碑が残されていて、地元の小学生が定期的に清掃活動をしています。

平和の碑の写真

洞源寺

1634年開山の曹洞宗の寺院。高台にあるため境内からの景色は素晴らしく、集落越しに怒和島まで見渡せます。また、境内の奥には第21号輸送艦で亡くなった63名の名前が彫られた慰霊碑が建てられています。

洞源寺の写真

導水トンネル

津和地島の地形は急峻で、地表は保水力の小さい花崗岩風化土で覆われ、河川が未発達で流量が少なく、水資源に恵まれていないため、日本初の貯水兼導水トンネルが建設されました。島をほぼ南北に貫くこのトンネルの貯水量は12,000立方メートルで、島民の50日分と言われています。

導水トンネルの写真

津和地島のビューポイント

  • 怒和島全景の写真怒和島全景
  • 潮流と怒和島の写真農道から見下ろす潮流と怒和島
  • 段々畑と集落の写真綺麗に整備された段々畑と集落
  • 旗山中腹から望む瀬戸内海の写真旗山中腹から望む瀬戸内海
  • 旗山頂上付近から眺める島の西側の写真旗山頂上付近から眺める島の西側
  • 夕焼けの写真同じ場所から見た夕焼け

お店情報

宿泊施設

亀川旅館の写真

亀川旅館

年間を通して様々な体験ができます。お料理は島で獲れた海鮮と、自家栽培した野菜を使ったご主人こだわりの島料理を堪能できます。

営業
通年
料金
1泊2食付き 7,500円(税別)
住所
松山市津和地724
電話・FAX
089-999-0922
Web
http://www4.plala.or.jp/kamekawa/(外部サイトへリンク)

ふくみ旅館の写真

ふくみ旅館

津和地港から徒歩10分程の場所にあります。リピーターの多い穴場スポットです。

営業
通年(不定休)
料金
1泊2食付き 6,480円より(税込)
住所
松山市津和地436
電話・FAX
089-999-0833

津和地島へのアクセス

フェリー

三津浜フェリー津和地港
1時間53分
大人1,220円  小人610円
高浜港フェリー津和地港
1時間38分
大人1,220円 小人610円

フェリー(西線)時刻表

下り(中島方面行)
三津浜発 高浜発 津和地発
9時10分 9時25分 11時3分
16時40分 16時55分 18時33分
上り(松山方面行)
津和地発 高浜発 三津浜発
6時56分 8時38分 8時50分
14時34分 16時13分 16時25分

※西線フェリーは釣島・神浦を経由します。
※松山での車両乗降は三津浜港のみ可能です。

高速船

高浜港高速船津和地港
54分
大人2,040円 小人1,020円

高速船(西線)時刻表

下り(中島方面行)
高浜発 津和地発
7時40分 8時43分
15時25分 16時29分
18時25分 19時28分
上り(松山方面行)
津和地発 高浜発
6時28分 7時30分
12時34分 13時36分

※西線高速船は神浦・上怒和・元怒和を経由します。

港までのアクセス

三津浜港

松山市駅電車三津駅
伊予鉄道高浜線 約15分
大人300円 小人150円

三津駅へは松山市駅から伊予鉄道高浜線で約15分 300円

詳しい時刻表はこちら(外部サイトへリンク)

高浜港

松山市駅電車高浜駅
伊予鉄道高浜線 21分
大人410円 小人210円

高浜駅へは松山市駅から伊予鉄道高浜線で21分 400円(高浜港は高浜駅目の前)

詳しい時刻表はこちら(外部サイトへリンク)


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。


お問い合わせ

中予地方局商工観光室

〒790-8502 松山市北持田町132番地 

電話番号:089-909-8760

ファックス番号:089-909-8394

内容に関することはページ内の各担当課にお問い合わせください。


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?