愛媛県メニュー
文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 地方局の取組み > 中予地方局 > 愛媛・中予の観光情報サイト「ちゅうよ観光ナビ」 > しまの魅力 二神島 愛媛・中予の観光情報サイト「ちゅうよ観光ナビ」

ここから本文です。

印刷する

しまの詳細:二神島(ふたがみじま)

二神島

忽那諸島の南西端にある島で、東西に細長く、島の北岸に集落が密集しています。

futagami-map

二神島(ふたがみじま)とは

昭和47年(1972年)世界的権威を持つ地理雑誌「ナショナル・ジオグラフィックマガジン5月号」に二神島が26ページにわたって紹介されました。その後、アメリカの高校の世界地理の教科書にも掲載されています。
近代化されず、日本古来の美しさを残したパラダイスの島として紹介され、雄大な自然や、古くから伝わる文化がそのまま残された観光スポットが各所に散りばめられています。
柑橘栽培の他、上質な海産物の宝庫と言われています。

二神島の見どころ

ビャクシン自生地

県内でこれだけの群落を形成しているものはめずらしく、昭和29年11月24日に県の天然記念物に指定された群生地。城の山と呼ばれる岩山に数十本のビャクシン(イブキ)が群生していて、中には、根周り5メートル、樹高約21メートル、推定樹齢300年以上の大木も見られます。

ビャクシン自生地の写真

大サボテン

樹齢130年を越え、高さ5メートルにも及ぶ大サボテン。昭和42年に高松宮殿下もご観覧され、記念碑がたてられています。個人宅の庭に生えているので、見学の際には一言断わってからお願いします。

大サボテンの写真

アラレ浜

瀬戸内海ではめずらしい丸石の浜です。大小様々、色とりどりの丸石が、波に洗われてカラカラと心地良い音をたてます。正面には無人島である由利島も望む事が出来ます。

アラレ浜の写真

妙見神社

航海の安全と、豊年豊漁を授かる神様として妙見山の中腹に祭られています。もともと山頂に祭られていましたが、あまりの尊厳さのため船影の見えない場所に移したそうです。戦国時代には近くを通る船は帆を畳むというしきたりがあったそうです。この山は霊山として崇められていて、現在でも女人禁制で、女性は山道の途中にある祠までしか入ってはいけないと言われています。

妙見神社の写真

宇佐八幡神社

1094年建立。境内へは170段の階段を上って参拝します。明治時代に興居島から伝わった船踊りが奉納されていましたが、過疎化の影響で踊り手がいなくなり、現在は行われていません。10月の祭礼では全国的にも珍しいおみどり神事が行われ、伝統を継承しています。

宇佐八幡神社の写真

二神家の墓

代々二神島の領主であった二神家の墓石群。貴重な歴史資料として考古学的調査研究の対象とされています。晩年を画家として過ごした最後の領主、二神司郎氏の墓には、パレットと絵具の装飾が施されています。

二神家の墓の写真

梨岡素岳の漢詩碑

梨岡素岳は日本を代表する篆刻家です。関東大震災に遭い家屋が半壊し、夫人の故郷である二神島に隠棲しました。その後、本浦の丘にアトリエ「臥雲山房」を築き、風月を友とし詩書画、篆刻に専念して余生を送りました。

梨岡素岳の漢詩碑の写真

二神島のビューポイント

  • 二神島全景の写真二神島全景
  • 農道から見える屋代島、情島、諸島の写真農道から見える屋代島、情島、諸島
  • 海岸線から望む小市島、中島、横島の写真海岸線から望む小市島、中島、横島
  • 海岸線から望む中島の写真海岸線から望む中島
  • 海は透明度が高く青々としていますの写真海は透明度が高く青々としています
  • 島の東側を縦断する新農道山頂付近からの写真島の東側を縦断する新農道山頂付近から
  • 所狭しと軒を連ねる集落の写真所狭しと軒を連ねる集落
  • 宇佐八幡神社の境内の竹林の写真宇佐八幡神社の境内の竹林が幻想的です

お店情報

不定休ですので、飲み物、食事など必要なものは持参した方が良いです。

二神島へのアクセス

フェリー

三津浜港フェリー二神港
1時間33分
大人1,220円  小人610円
高浜港フェリー二神港
1時間18分
大人1,220円 小人610円

フェリー(西線)時刻表

下り(中島方面行)
三津浜 高浜 二神
9時10分 9時25分 10時43分
16時40分 16時55分 18時13分
上り(松山方面行)
二神 高浜 三津浜
7時16分 8時38分 8時50分
14時54分 16時13分 16時25分

※西線フェリーは釣島・神浦を経由します。
※松山での車両乗降は三津浜港のみ可能です。

高速船

高浜港高速船二神港
約1時間
大人2,040円 小人1,020円

高速船(西線)時刻表

下り(中島方面行)
高浜 二神
7時40分 8時56分
11時40分 12時21分
15時25分 16時42分
18時25分 19時41分
上り(松山方面行)
二神 高浜
6時15分 7時30分
8時56分 9時36分
12時21分 13時36分
16時42分 17時23分

※西線高速船は神浦・上怒和・元怒和・津和地を経由する便があります。

港までのアクセス

三津浜港

松山市駅電車三津駅
伊予鉄道高浜線 約15分
大人300円 小人150円
三津駅徒歩三津浜港
三津駅から徒歩約15分

高浜港

松山市駅電車高浜駅
伊予鉄道高浜線 21分
大人410円  小人210円

高浜港は高浜駅の目の前にあります。
電車時刻表はこちら(外部サイトへリンク)


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。


お問い合わせ

中予地方局商工観光室

〒790-8502 松山市北持田町132番地 

電話番号:089-909-8760

ファックス番号:089-909-8394

内容に関することはページ内の各担当課にお問い合わせください。


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?