ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健福祉部 健康衛生局 > 健康増進課 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報

本文

新型コロナウイルス感染症に関する情報

ページID:0017699 更新日:2024年3月1日 印刷ページ表示

 新型コロナウイルス感染症に関する情報をお知らせします。

新着情報

  • 令和6年3月1日県内の感染状況等について更新しました。
  • 令和5年5月8日新型コロナウイルス感染症に関する情報ページを更新しました。

県内の感染状況等について ※毎週金曜15時更新

 県内の新型コロナウイルス感染症の発生状況等について、以下のとおりお知らせします。

 ※5月8日から新型コロナウイルス感染症が5類感染症に移行したことに伴い、県内の感染状況の把握及び公表は、これまでの全数把握(毎日公表)から定点把握(週1回の公表)に変わりました。毎週月曜日から日曜日の1週間に、定点医療機関(61医療機関)において新型コロナウイルス感染症と診断された患者数の情報を掲載します。

県内の感染状況

2月19日から2月25日(第8週)の定点当たりの報告数は8.20人で、3週連続で減少しました。
 (第50週5.69人、第51週5.80人、第52週5.67人、第1週6.34人、第2週10.23人、第3週13.97人、第4週17.44人、第5週21.33人、第6週18.13人、第7週12.82人)
 引き続き、こまめな手洗い、定期的な換気、場面に応じたマスクの着用など、基本的な感染対策にご留意ください。

【県民の皆様へ】

  • 夜間、休日は診療可能な医療機関が少なくなります。急を要する症状でない場合は、薬局等で購入できる検査キット(新型コロナ抗原定性キット)や解熱鎮痛剤等を利用して様子を見ることもご検討ください。
  • また、急を要する症状かどうかの判断に迷う場合は、24時間対応の「えひめ救急電話相談・♯7119」や、夜間や休日に対応している「愛媛県子ども医療電話相談・♯8000」をご活用ください。
  • 発熱等の症状があり、医療機関を受診する場合は、必ず事前に電話連絡をお願いします。
  • 検査、診断書発行等のための救急受診は控えてください。
  • 新型コロナウイルス抗原検査キットの取扱薬局リスト(厚生労働省のホームページ)
    「新型コロナウイルス抗原検査キットの取扱店舗リスト」をご参照ください。<外部リンク>
【定点医療機関における患者報告数(保健所別)】
項目 愛媛県 保健所別
四国中央 西条 今治 松山市 中予 八幡浜 宇和島
2月19日~2月25日(8週) 患者報告数(人) 500 53 108 52 155 51 17 64
定点当たり患者数(人) 8.20 10.60 10.80 6.50 9.12 7.29 2.43 9.14
定点医療機関数 61 5 10 8 17 7 7 7

 その他の県内の感染状況の詳細については、こちら(愛媛県感染症情報センター)をご覧ください。
保健所別
推移
【定点医療機関あたり新型コロナ患者数の推移】(令和4年9月26日以降)
 令和4年9月26日から令和5年5月7日までの間の定点あたり患者数は、HER-SYSの日次報告データを基に定点医療機関の報告数を抽出した参考値です。
 また、同期間の県内の1週間ごとの患者報告数(全数報告)を棒グラフで表示しています。(定点報告数 [Excelファイル/21KB]
定点報告数
 ※令和5年5月8日(月曜日)以前の感染者の発生状況等につきましては、新型コロナウイルス感染者の発生状況等(令和5年5月8日以前)をご覧ください。

入院患者、重症患者の状況

 県内医療機関から報告のあった毎週水曜日時点の入院患者数、重症患者数の状況を掲載します。(直近4週間分の情報を掲載します。)

 
集計日 入院中の新型コロナ患者数(人) うち、重症患者数(人)
2月28日(水曜日)時点 132 0
2月21日(水曜日)時点 191※1 0
2月14日(水曜日)時点 264※2 5
2月7日(水曜日)時点 245 3

 ※1 2月21日(水曜日)時点で入院患者数が病床確保を要請する基準(段階1:261人)を下回ったので、重症用病床(17床)の確保要請を終了

 ※2 2月14日(水曜日)時点で入院患者数が病床確保を要請する基準(段階1:261人)以上となったので、関係医療機関に重症用病床(17床)の確保を要請

集団感染の発生状況

 県内の医療機関及び高齢者施設等から報告のあった集団感染事例の状況を掲載します。(直近4週間分の情報を掲載します。)

 
期間 報告件数 (内訳)
2月21日~2月27日(2月28日集計) 4 高齢者施設:松山市1件、新居浜市1件、鬼北町1件
福祉施設:西予市1件
2月14日~2月20日(2月21日集計) 16 医療機関:宇和島市1件
高齢者施設:松山市7件、新居浜市2件、西条市1件、東温市1件、伊方町1件、鬼北町1件
福祉施設:西条市1件、大洲市1件
2月7日~2月13日(2月14日集計) 18 医療機関:松山市4件、新居浜市2件、西条市1件、宇和島市1件、愛南町1件
高齢者施設:松山市2件、四国中央市1件、西条市1件、今治市1件、東温市1件、大洲市1件
福祉施設:西条市1件、今治市1件
1月31日~2月6日(2月7日集計) 19 医療機関:西条市1件、今治市1件、八幡浜市1件、鬼北町1件
高齢者施設:松山市2件、新居浜市2件、西条市1件、今治市3件、久万高原町1件、大洲市1件、八幡浜市1件、宇和島市2件
福祉施設:新居浜市1件、東温市1件

ゲノム解析結果

 本県で実施した新型コロナ陽性検体のゲノム解析の結果については、こちら(愛媛県感染症情報センター)をご覧ください。

県民の皆様へ

 令和5年5月8日(月曜日)から、新型コロナウイルス感染症の法律上の位置づけが「5類感染症」に変わりました。

 新型コロナウイルス感染症が5類感染症に移行した後も、感染の波は続く可能性があります。
 これまでの3年間でお願いしてきた感染回避行動を生活様式に織り込んでいただくことで、感染の波や医療のひっ迫を抑え、自分や周りの方の命と健康を守ることができます。
 県民の皆様におかれましては、以下に示す内容にご協力くださいますようよろしくお願いします。

県民の皆さんにお願いしたいことの画像

県民の皆さんにお願いしたいこと​[PDFファイル/113KB]

 【5類移行後の対応について】

マスク着用や手洗い等 感染症対策のお願い

 県民の皆様には、引き続き、場面に応じたマスクの着用や手洗いの徹底などの感染防止対策に努めていただきますようお願いします。

 また、アルコールを用いた手指消毒や、室内を適切な湿度に保つ(50~60%)ことも効果的です。

 合わせて、バランスの良い食事や十分な休養をとるなどにより、体調管理に努めていただきますようお願いします。

  1. 過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
  2. コロナ禍でも持病の治療や予防接種・検診等の健康管理は重要です。
  3. 医療機関では感染防止対策が行われています。
  4. 具合が悪いなど健康に不安がある時は、まずはかかりつけ医に相談しましょう。

 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットの徹底をお願いします。

令和5年3月13日以降のマスク着用の考え方について

 マスク着用については、個人の主体的な判断が尊重されるよう、ご配慮をお願いします。

マスク5

 令和5年3月13日からマスク着用は個人の判断が基本となります(厚生労働省リーフレット)[PDFファイル/171KB]

マスク着用が効果的な場面

 高齢者等重症化リスクの高い方への感染を防ぐため、マスク着用が効果的な下記の場面ではマスクの着用が推奨されます。

  • 医療機関受診時
  • 高齢者等重症化リスクが高い方が多く入院・生活する医療機関や高齢者施設等への訪問時
  • 通勤ラッシュ時など、混雑した電車やバス(※)に乗車する時(当面の取扱)
    (※)概ね全員の着席が可能であるもの(新幹線、通期ライナー、高速バス、貸切バス等)を除く
  • そのほか、新型コロナウイルス感染症の流行期に重症化リスクの高い方が混雑した場所に行く時については、感染から自身を守るための対策としてマスクの着用が効果的です。

<医療機関や高齢者施設などの対応>

 高齢者など重症化リスクの高い方が多く入院・生活する医療機関や高齢者施設などの従事者の方は、勤務中のマスクの着用を推奨しています。
 ※マスクの着用は個人の判断に委ねられるものではありますが、事業者が感染対策上又は事業上の理由等により、利用者又は従業員にマスクの着用を求めることは許容されます。

[留意事項]

 子どもについては、すこやかな発育・発達の妨げとならないよう配慮することが重要です。
 なお、感染が大きく拡大している場合には、一時的に場面に応じた適切なマスクの着用を広く呼びかけるなど、より強い感染対策を求めることがあり得ます。
 ただし、そのような場合においても、子どものマスク着用については、健康面などへの影響も懸念されており、引き続き、保護者や周りの大人が個々の子どもの体調に十分注意をお願いします。

 詳細は厚生労働省のホームページをご参照ください。

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

 新型コロナウイルス感染症に関する各種相談窓口は、こちらをご確認ください。

療養証明書について

保健所では、療養したことを証明する書類(療養証明書)の発行はしていません。
次の書類等で療養証明書に代えることが可能ですので、詳しくは証明書の提出を求める事業所・生命保険会社等にお問い合わせください。
※療養証明書に関して、保健所や医療機関等へのお問い合わせはお控えください。

療養証明書以外に新型コロナウイルスに罹患したことが確認できる代替書類として利用できる可能性のある書類例

  • My HER-SYSの証明(令和4年9月26日~令和5年5月7日の間で発生届の対象ではなかった方は利用できません。)
    My HER-SYSの療養証明書機能の利用可能期間は令和5年9月末までとなります。それ以降は利用できませんので、ご注意ください。
    My HER-SYSの操作に関するお問い合わせは、下記までお願いします。
     新型コロナウイルス感染症等情報・管理支援システム一般窓口
     03-5877-4805 9時30分~18時15分(土曜日・日曜日・祝日を除く)
  • 医療機関等で実施されたPCR検査や抗原検査の結果がわかるもの
  • 診療明細書(医学管理料に「二類感染症患者入院診療加算」(外来診療・診療報酬上臨時的取扱を含む)が記載されたもの)
  • コロナ治療薬が記載された処方箋・服用明細書
  • 医療機関から陽性者に出された案内文(配布は令和5年5月7日で終了)
  • PCR検査や抗原検査を実施する検査センター(医療機関以外でも可)の検査結果(市販の検査キットは除く)など

 参考:生命保険協会のホームページ<外部リンク>

健康をまもるためにできること

 新型コロナウイルス感染症流行下においても、毎日ご自身の体調を確認することは、健康管理の観点で重要です。
 一人ひとりが健康をまもるために必要な、セルフケアの推進に努めましょう。

体調に異変を感じたらの画像

体調に異変を感じたら​[PDFファイル/543KB]

【準備しておくとよいもの】

 体温計

  • 薬(常用している薬、解熱鎮痛薬等)
  • 検査キット(【体外診断用医薬品】又は【第一類医薬品】と表示)
  • 日持ちする食料(5~7日分程度を目安)
  • 近隣の外来対応医療機関の情報

【新型コロナウイルス感染症の重症化リスク】

以下の項目に該当する方は重症化リスクが高いと考えられます。日ごろからチェックしておきましょう。

 65歳以上である

  • 妊娠している
  • 喫煙歴がある
  • 慢性呼吸器疾患(COPD等)と診断されている
  • 肥満(BMI30以上)
  • 糖尿病と診断されている
  • 脳血管疾患と診断されている
  • 心血管疾患と診断されている
  • 脂質異常症と診断されている
  • 高血圧と診断されている
  • 慢性腎臓病と診断されている
  • がんと診断されている
  • 免疫機能の低下の可能性があると診断されている(※臓器の移植、免疫抑制剤、抗がん剤の使用など)

抗原検査キットの取扱店舗について

 自己検査に用いる抗原検査キットは、厚生労働省が承認した体外診断用医薬品又は第1類医薬品を選んでください。
 県内で抗原検査キットを取り扱っている薬局等の店舗はこちら<外部リンク>でご確認ください。


 「研究用」として市販されている抗原検査キットは、国が承認した「医薬品」ではなく、性能等が確認されたものではありません。
 また、「研究用」は、新型コロナウイルス感染の有無を調べることを目的としているものではありません。
 「研究用」については、あたかも国が承認したものであるかのような表示をしていた事業者に対し、景品表示法に基づく行政指導がなされた例もあります。

抗原検査キット

妊婦の皆様へ、小さなお子様をお持ちの皆様へ

妊婦の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中、働く妊婦の方は、職場の作業内容等によって、新型コロナウイルス感染症への感染について不安やストレスを抱える場合があります。こうした方の母性健康管理を適切に図ることができるよう、新型コロナウイルス感染症に関する措置が規定されています。

小さなお子さまをお持ちの皆様へ

 予防接種や乳幼児健診は、お子さまの健やかな成長のために一番必要な時期に受けていただくよう、市区町村からお知らせしています。
 特に赤ちゃんの予防接種を遅らせると、免疫がつくのが遅れ、重い感染症になるリスクが高まります。
 お子さまの健康が気になるときだからこそ、予防接種と乳幼児健診は、遅らせずに、予定どおり受けましょう。

Withコロナにおいて健康をまもるためにできること

 新型コロナウイルス感染症流行下においても、毎日ご自身の体調を確認することは、健康管理の観点で重要です。
 この度、一人ひとりが健康をまもるために必要な、セルフケアの推進に参考となるリーフレットが作成されましたのでご活用ください。

外国人(がいこくじん)の方(かた)へ(For foreigners)

 外国人(がいこくじん)のために、「やさしい日本語(にほんご)」と英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)などの外国語(がいこくご)で、相談(そうだん)するところを案内(あんない)しています。

 熱(ねつ)や せきなど、風邪(かぜ)の ような 症状(しょうじょう)〔病気(びょうき)の 様子(ようす)〕が ある 時(とき)は、はじめに、いつも 行(い)く 病院(びょういん)などに 電話(でんわ)して ください。(電話(でんわ)をしないで、病院(びょういん)に 行(い)かないで ください。)

どの 病院(びょういん)に 電話(でんわ)したらいいか 分(わ)からない 時(とき)は、「受診 相談 センター(じゅしん そうだん せんたー)」に、相談(そうだん)してください。

新型コロナウイルス感染症に係る差別や偏見、誹謗中傷はやめましょう!

 新型コロナウイルス感染症に関連して、誤った情報に基づく不当な差別、偏見、いじめ等があってはなりません。

 ワクチン接種については、本人の意思に基づき行われるもので、事情があってワクチン接種を受けていない方等に対する差別や偏見、誹謗中傷、いじめ、職場や学校等における不利益な取扱い等は、決して許されるものではありません。

 令和5年3月13日以降、マスクの着用については、個人の主体的な選択を尊重し、個人の判断に委ねられています。本人の意思に反して、マスクの着脱を強いることがないよう、個人の主体的な判断が尊重されるよう配慮することが大切です。

 正しい情報を確認し、冷静に行動しましょう。そして相手の立場に立って思いやりの気持ちを持ち、お互いを認め合って、愛顔を守っていきましょう!

事業者の皆様へ

事業者の皆様への画像

 事業者の皆さんにお願いしたいこと[PDFファイル/193KB]

中小企業者向けの金融支援について

知事記者会見等

 知事記者会見ライブ配信(Youtube公式チャンネル)<外部リンク>

 過去の新型コロナウイルス感染症関連の知事記者会見及びその他の知事記者会見につきましては、知事記者会見録をご覧ください。

応援基金・寄附について

愛媛県新型コロナウイルス感染症対策応援基金の設置について

 愛媛県では、新型コロナウイルス感染症に関する対策に要する経費の財源に充てるため、「愛媛県新型コロナウイルス感染症対策応援基金」を設置しました。

 企業や団体、個人の皆様からのご寄附を「基金」に積み立て、医療や福祉面での対策、感染症拡大防止に率先して取り組む企業への支援など、新型コロナウイルス感染症対策の充実を図るための様々な施策に、有効に活用させていただくこととしております。

新型コロナウイルス感染症対策に係る寄附について

 新型コロナウイルス感染症対策のため、多くの企業・団体・個人の皆様から物品の寄附がありました。
 県としては、ご寄附の趣旨に沿うよう活用させていただきます。
 誠にありがとうございました。

ページの先頭に戻る

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

AIが質問にお答えします<外部リンク>