文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症情報 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報

ここから本文です。

更新日:2020年4月8日

新型コロナウイルス感染症に関する情報

新型コロナウイルス感染症に関する情報をお知らせします。

 感染者の発生状況等について

県内

新型コロナウイルス感染症については、愛媛県内においても感染者の報告がありました。

今後とも、厚生労働省や関係機関と密に連携しながら、迅速で正確な情報提供に努めてまいります。

なお、本県での検査結果は次のとおりです。

本県での検査結果(令和2年4月8日13時現在)

期間

検査数(人)

陰性(人)

陽性(人)

令和2年2月3日~令和2年4月7日

485

460

25

国内

国内における新型コロナウイルスの感染者の発生状況は、報道発表一覧(新型コロナウイルス感染症)(厚生労働省)(外部サイトへリンク)で確認できます。

参考

ページの先頭へ戻る

一般相談窓口

愛媛県と松山市が合同で、24時間相談可能な一般相談窓口を設置しています。

新型コロナウイルス感染症に関する一般的なご質問やご相談は、下記の相談窓口にご連絡ください。

  • 対応時間:24時間対応(土日・祝日含む)
  • 電話番号:089-909-3468 (愛媛県・松山市共通)

ページの先頭へ戻る

帰国者・接触者相談センター

県では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方を適切に医療に結び付けるため、「帰国者・接触者相談センター」を設置しています。

この相談センターでは、下記の新型コロナウイルス感染症の疑い例に該当する方からの電話相談を受け、医療機関への受診調整を行います。

次の症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター」に御相談ください。

  1. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

ただし、高齢者や基礎疾患等のある方は、上記の状態が2日程度続く場合

下記の要件も確認したうえで、新型コロナウイルス感染が疑われる場合は、受診していただく医療機関を調整します。

感染が疑われる患者の要件

  1. 発熱または呼吸器症状があり、新型コロナウイルス感染症であることが確定した方と濃厚接触歴(※1)がある方
  2. 37.5度以上の発熱と呼吸器症状があり、発症前14日以内に「WHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域」(※2)に渡航または滞在していた方
  3. 2に該当する方と濃厚接触歴(※1)がある方
  4. 発熱、呼吸器症状その他感染症を疑わせるような症状のうち、医師が集中治療が必要であり、特定の感染症と診断することができないと判断し、新型コロナウイルス感染症の鑑別を要する方

1:濃厚接触とは、以下のような接触がある場合を指します。

  • 新型コロナウイルス感染症が疑われる方と同居あるいは長時間の接触(車内・航空機内等を含む)があった方
  • 適切な感染防護無しに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護もしくは介護していた方
  • 新型コロナウイルス感染症が疑われる方の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方

2:WHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域とは、以下の地域とされています。

  • 中華人民共和国湖北省、浙江省
  • 大韓民国大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡、軍威郡
  • サンマリノ共和国
  • アイスランド共和国
  • アイルランド共和国
  • アンドラ公国
  • イタリア共和国
  • エストニア共和国
  • オーストリア共和国
  • オランダ王国
  • スイス連邦
  • スウェーデン王国
  • スペイン王国
  • スロベニア共和国
  • デンマーク王国
  • ドイツ連邦共和国
  • ノルウェー王国
  • バチカン
  • フランス共和国
  • ベルギー王国
  • ポルトガル共和国
  • マルタ共和国
  • モナコ公国
  • リヒテンシュタイン公国
  • ルクセンブルク大公国
  • イラン・イスラム共和国 

「帰国者・接触者相談センター」は、疑い例に当てはまる方を専門医療機関(「帰国者・接触者外来」)につなぐための窓口ですので、一般的な相談は、一般相談窓口をご利用くださいますようお願いします。

聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームぺージ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

または、このページの最下部のお問い合わせ先に御連絡ください。

帰国者・接触者相談センター連絡先

愛媛県と松山市が合同で、24時間相談対応に当たる新たな電話相談窓口を開設しました。

  • 対応時間:24時間対応(土日・祝日含む)
  • 電話番号:089-909-3483 (愛媛県・松山市共通) 

新型コロナウイルス感染症に感染している疑いがある方に、専門医療機関(帰国者・接触者外来)での診療を受けていただくため、可能な限り、平日9時00分から17時00分の間におかけくださいますようお願いします。

比較的症状の安定している方は、翌朝の9時以降に相談いただくようお願いします。

夜間・休日はお近くの医療機関への受診が困難な場合や、受診先の医療機関が決まるまでに時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。

(医療機関の皆様へ)

上記の電話番号は、一般県民からの問い合わせに対応するものですので、医療機関からのお問い合わせについては、管轄の保健所まで御連絡ください。

ページの先頭へ戻る 

 厚生労働省コールセンターの設置

厚生労働省では、1月28日18時から、新型コロナウイルスに係る電話相談窓口(コールセンター)を設置しています。

厚生労働省コールセンター

電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)

受付時間:9時00分から21時00分(土日・祝日も実施) 

ページの先頭へ戻る

 県民の皆様へ

 知事からのメッセージ

 

 注意喚起

大阪市内のライブハウスで開催されたライブに参加された方から、新型コロナウイルスの感染が判明しています。

また、感染が判明した方の中には、複数のライブハウスで開催されたイベントに参加し、不特定多数の方と接触している可能性があることも判明しています。

これらのライブハウスでのライブに参加された愛媛県在住の方は、症状の有無に関わらず、県の「帰国者・接触者相談センター(089-909-3483)」にご相談ください。

【コンサート・イベント概要】

1.大阪京橋ライブハウスArc(大阪市都島区東野田町1-1-4)
2月15日(土曜日)
  • 時間:午後6時30分開演 午後9時頃終了
  • コンサート名:カツオコレクション Vol.55
  • 参加者:120人程度
2月16日(日曜日)
  • 時間:午後5時30分開場 午後6時開演
  • コンサート名:カツオのたまり場~Vol.9
  • 参加者:100人程度
2.Soap opera classics Umeda(大阪市北区西天満4-4-18)
2月19日(水曜日)
  • 時間:午後6時開演 午後9時頃終了
  • 参加者:100人
2月23日(日曜日)
  • 時間:

    昼の部 午後1時開演 午後3時終了
    夜の部 午後7時開演 午後9時終了
  • 参加者:

    昼の部:約40人
    夜の部:30人から40人
2月24日(月曜日) 午後7時から午後9時頃まで
3.Live House Rumio(大阪市北区西天満6-2-14)
2月17日(月曜日) 時間不明
2月18日(火曜日) 午後7時から午後10時頃まで
4.americamura FANJ twice(大阪市中央区西心斎橋2-18-10)
2月21日(金曜日)午後7時から午後9時頃まで

ご注意いただきたいこと

県民の皆様には、引き続き、お一人お一人のマスクの着用などの咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)や手洗いの徹底などの感染症対策に努めていただきますようお願いします。

また、アルコールを用いた手指消毒や、室内を適切な湿度に保つ(50~60%)ことも効果的です。

合わせて、バランスの良い食事や十分な休養をとるなどにより、体調管理に努めていただきますようお願いします。

県では、令和2年2月10日から、新型コロナウイルス感染症が疑われる方を適切に医療に結びつけるため、県内各保健所に「帰国者・接触者相談センター」を設置しました。

詳しくは、「帰国者・接触者相談センター」をご確認ください。

現時点では、新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットの徹底をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

外国人(がいこくじん)の方(かた)へ(For foreigners)

外国人(がいこくじん)のために「やさしい日本語(にほんご)」と英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)などの外国語(がいこくご)で、相談(そうだん)するところを案内(あんない)しています。

【インターネット・SNS上の情報について】

インターネットやSNSにおいて、新型コロナウイルス感染症に関する様々な情報が掲載されていますが、中には不確かな情報や事実とは異なる情報もあります。

むやみに転載・拡散することなく、厚生労働省や県など信頼できる公的機関のホームページ等で情報を確認していただきますようお願いします。 

【その他支援等について】

海外への渡航を予定されている方へ

海外への渡航を予定されている方は、以下のサイトで感染症の発生状況等をお知らせしていますのでご確認ください。

ページの先頭へ戻る

 事業者の皆様へ

中小企業支援策

特別支援員
 国の特別貸付制度の各種支援制度の申請手続きをサポートします。

相談窓口
 中小企業者等の経営等に関する相談窓口を設置しています。

金融支援
 新型コロナウイルスに影響を受けた中小企業者への金融支援をします。

県緊急地域雇用維持助成金
 県では、国の「雇用調整助成金」の支給決定を受けた事業主に対して上乗せ助成をします。

時間外労働等改善助成金(厚生労働省)(外部サイトへリンク)
 テレワークの新規導入や特別休暇の規定整備に取り組む中小企業事業主を支援します。

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金(厚生労働省)(外部サイトへリンク)
 年次有給休暇とは別途、有給の休暇を取得させた事業主に対する助成金制度を創設します。

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(全国中小企業団体中央会)(外部サイトへリンク)
 中小企業・小規模事業者等が取り組む「革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善」を行うための設備投資等を支援します。
 ※審査にあたり、新型コロナウイルスの影響に対する加点措置があります。

持続化補助金(商工会地区:全国商工会連会)(外部サイトへリンク)
持続化補助金(商工会議所地区:日本商工会議所)(外部サイトへリンク)
 小規模事業者の販路開拓等のための取組みを支援します。
 ※審査にあたり、新型コロナウイルスの影響に対する加点措置があります。

IT導入補助金(経済産業省)(外部サイトへリンク)
 事業継続性確保の観点から、ITツール導入による業務効率化等を支援します。
 ※審査にあたり、住宅勤務制度(テレワーク)を導入する取組みに対しては、加点措置があります。

テレワークマネージャーWEB・電話相談事業(総務省)(外部サイトへリンク)
 専門家が、WEB及び電話にて主にICT面でテレワーク導入に関するアドバイス等を実施します。

新型コロナウイルス感染症に係る経済対策連絡会議について(令和2年3月24日(火曜日)開催)
 各機関からの経済支援制度等の説明をYouTubeに掲載しました。

個別の事業に関する情報

厚生労働省ホームページに、事業者の皆様向けのQ&Aが掲載されていますので、ご確認ください。

また、業種ごとの関連情報を以下のとおり掲載します。

旅館業

新型コロナウイルス感染症への対応について掲載しています。

子ども食堂

子ども食堂を運営されている団体等向けに、留意事項などを掲載しています。

 外国人技能実習生関係

 実習生が予定どおり入国又は出国できない場合等に関する情報が、外国人技能実習機構ホームページ(外部サイトへリンク)の「重要なお知らせ」に掲載されていますのでご確認ください。

 

農林漁業者の皆様へ

農林漁業者向けの金融支援策

金融支援相談窓口

 

 

ページの先頭へ戻る

 お仕事をされている皆様へ

厚生労働省のホームページにQ&Aが掲載されていますのでご確認ください。

参考

 

ページの先頭へ戻る

 教育・学校関係の皆様へ

愛媛県教育委員会のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

医療機関の皆様へ

新型コロナウイルス感染症に関する医療・検査体制については、下記Q&Aをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症は、令和2年2月1日に感染症法の「指定感染症」に指定されました。届出基準等は下記のページをご参照ください。

新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察された場合は、管轄の保健所(帰国者・接触者相談センター)までご連絡ください。

なお、急性呼吸器感染症患者の診断の際には、標準予防策(患者本人にサージカルマスクの着用、医療従事者に対する予防策等)を実施し、院内での感染対策を徹底していただきますようお願いします。

 

また、医療機関における対応及び院内感染対策等については、厚生労働省が発出した事務連絡や、国立感染症研究所及び国立国際医療センターが作成した資料をご参照ください。

衛生検査所を臨時的に開設する場合の取扱いについて

新型コロナウイルス感染症に係る病原体核酸検査のみを行う ために、衛生検査所を臨時的に開設する場合の登録等の手続きについてです。

参考

ページの先頭へ戻る

 愛媛県新型コロナウイルス感染症関連会議の開催について

令和2年4月4日(土曜日)18時50分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第8回)を開催しました。

 

令和2年4月3日(金曜日)16時00分に愛媛県・松山市合同新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第2回)を開催しました。

 

令和2年4月1日(水曜日)9時00分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第7回)を開催しました。

 

令和2年3月31日(火曜日)9時30分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第6回)を開催しました。

 

令和2年3月30日(月曜日)16時00分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第5回)を開催しました。

 

令和2年3月26日(木曜日)17時40分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第4回)を開催しました。

 

令和2年3月25日(水曜日)11時00分に新型コロナウイルス感染症に係る経済対策緊急会合(第2回)を開催しました。

 

令和2年3月18日(水曜日)9時00分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第3回)を開催しました。

 

令和2年3月13日(金曜日)11時00分に新型コロナウイルス感染症に係る経済対策緊急会合(第1回)を開催しました。

 

令和2年3月6日(金曜日)16時30分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第2回)を開催しました。

 

令和2年3月4日(水曜日)15時30分に愛媛県・松山市合同新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第1回)を開催しました。

 

令和2年3月2日(月曜日)9時00分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第1回)を開催しました。

  

ページの先頭へ戻る

 関連知事記者会見一覧

参考

ページの先頭へ戻る

 イベントの中止・延期、施設の利用停止等について

イベント・会合等の対応方針について

本県における感染事例の状況や人の動きが盛んになる時期であることを踏まえ、県主催イベント等の開催や県有施設の使用許可に当たって、これまでの条件に加えて、新たな条件を付すこととしました。

他の主催者におかれましては、これに準じた対応をお願いします。

全国的な大規模イベント等

引き続き慎重な対応

【対象イベント】

  • 全国や海外からの多くの人が集まるイベント
  • 重症化リスクの高い方々向けのイベント:小規模も含む(高齢者や基礎疾患を有する方など)

上記以外のイベント等

「以下の3つの条件が同時に重なる場」を徹底的に回避した上で、感染拡大リスク(※)の低い活動から実施

学校における様々な活動や、屋外でのスポーツ、スポーツ観戦、文化・芸術施設の利用など

  • 条件1:換気が悪い密閉空間
  • 条件2:多数が集まる密集場所
  • 条件3:間近で会話や発声をする密接場面

イベント開催や県有施設の使用許可に当たっての条件

  • 発熱があるなど体調不良の方、流行国や地域への渡航歴や、国内でクラスターの発生が確認されている場所への訪問歴、イベント等参加歴が14日以内の方は、参加をしないように依頼
  • 会場に入る前の手洗い、手が触れる場所の消毒薬によるふき取り、距離を保つ、定期的(頻繁)な換気等、接触感染・飛沫感染を防ぐための対策
  • 感染発生時の参加者への確実な連絡体制づくり及び行政による調査への協力を参加者へ依頼

 新たな条件(4月1日追加)

  • 体調不良の方は参加させないこと
  • 3月以降の海外への渡航歴を有する方が参加していないこと
  • 3月以降、首都圏や関西圏など、感染拡大地域から帰県・来県した方が参加していないこと

イベントについて

対応方針に沿った4月、5月の県主催イベント等の状況を掲載しています。

開催予定のイベント等は、徹底的に感染症予防に注意を払ったうえで実施します。
 また、今後の状況により、中止または延期となる場合があります。

情報については、定期的に更新します。

参考

施設の利用停止について

対応方針に沿った県有施設の利用停止状況を掲載しています。

利用停止期間は、今後の状況により延長される可能性があります。

県管理都市公園施設について

ページの先頭へ戻る

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」から下船された本県関係者への対応について

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」からの下船者について、厚生労働省(検疫所)から、本県関係者が7名含まれているとの連絡がありました。

県では、保健所を通じ7名の方に連絡を取り、いずれも発熱や咳などの症状はなく、自宅等で待機されていることを確認しています。
今後、下船後14日間は毎日連絡を取り、健康観察を行います。

また、7名全員に対し、2月24日(月曜日)にPCR検査を実施し、全員陰性であることを確認しました。
なお、健康観察期間中に、万が一体調に変調があった場合には、専門の医療機関で受け入れる体制を整えております。

 

   

ページの先頭へ戻る

a(PDF:77KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2400

ファックス番号:089-912-2399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ