close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症情報 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報

ここから本文です。

更新日:2021年9月18日

新型コロナウイルス感染症に関する情報

新型コロナウイルス感染症に関する情報をお知らせします。

 医療関係者による共同記者会見

ページの先頭へ戻る

 お知らせ

県民の皆様への要請・協力依頼等に関するお知らせ

その他、県民の皆様へのお願いや知事からのメッセージについては県民の皆様へをご覧ください。

検査結果等に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症については、愛媛県内においても感染者が確認されています。

今後とも、厚生労働省や関係機関と密に連携しながら、迅速で正確な情報提供に努めてまいります。

過去の感染者の発生状況等につきましては新型コロナウイルス感染者の発生状況等(過去)をご覧ください。

また、日々の検査状況等につきましては、新型コロナウイルスの検査状況等に関するオープンデータ(外部サイトへリンク)でも公開しています。


 臨時PCR検査センター開設のお知らせ

 感染の広がりを早期に探知するため、次のとおり臨時PCR検査センターを開設しました。 

【新居浜・西条】 臨時PCR検査センターについて(PDF:409KB)
【第2回】  臨時PCR検査センターについて(PDF:1,082KB)
【第1回】  臨時PCR検査センターについて(PDF:416KB)

新型コロナ・モニタリングキット配布ステーションに関するお知らせ

第4回目のモニタリングキット配布ステーションを開設します。

(検査実施状況)
 〇9月17日(金曜日)検査結果【9月16日(木曜日)検体回収分】
 検査件数 113件(全て陰性)

〇9月16日(木曜日)検査結果【9月15日(水曜日)検体回収分】
 検査件数 94件(全て陰性)

〇9月15日(水曜日)検査結果【9月14日(火曜日)検体回収分】
 検査件数 152件(全て陰性)

〇9月14日(火曜日)検査結果【9月13日(月曜日)検体回収分】
 検査件数 12件(全て陰性)

 (ステーションの概要)
▼検査対象者
 〇松山市内の酒類を提供する飲食店の従業員(アルバイトを含む)
 〇9月以降、営業時間短縮の要請に応じていない飲食店を利用した方
 ※いずれも無症状の方に限る 

 ▼開設期間
 ・キット配布 9月13日(月曜日)~15(水曜日) 3日間
 ・検体回収 9月13日(月曜日)~16(木曜日) 4日間
 ・開設時間 15時00分~17時00分(1日2時間) 

 ▼開設場所
 県庁西駐車場

 ▼検査方法
 ステーションで検査キットを配布し、自宅等で自己採取した検体を同所で回収
 ※検体採取方法は説明書を配布するほか、You Tube上で説明動画を配信 

 ▼来場方法
 車の乗入れ可(混み合う場合があります。ご注意ください。)

 ▼問合せ先
 コールセンター(一般相談窓口)089-909-3468 

 ※詳細は、添付ファイルをご確認ください。

  新型コロナ・モニタリングキット配布ステーションについて(PDF:1,084KB)

(過去の実施状況)
【第3回】 新型コロナ・モニタリングキット配布ステーションについて(PDF:456KB)
【第2回】 新型コロナ・モニタリングキット配布ステーションについて(PDF:496KB)
【第1回】 新型コロナ・モニタリングキット配布ステーションについて(PDF:1,360KB)

医療機関・高齢者施設等への抗原簡易キットの配布事業に関するお知らせ

 政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針において、医療機関や高齢者施設等において従事者等に軽度であっても症状が現れたとき場合に、早期に陽性者を発見することによって感染拡大を防止する観点から、毎日の健康状態を把握するための健康観察アプリを活用しつつ、迅速に検査を実施できるよう、抗原簡易キットを可能な限り早く配布するとの方針が示されました。
 このことを受けて、厚生労働省では、医療機関・高齢者施設等に対して抗原簡易キット配布する事業を実施することとなりました。

 参考:厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

 このため県では、次のとおり配布希望調査を実施しておりますので、お知らせします。

 ➤医療機関(病院、有床の一般診療所向け) 通知(PDF:245KB) 様式(配布希望調査票)(ワード:24KB) 様式(実績報告)(エクセル:13KB)

 ➤医療機関(無床の一般診療所向け) 通知(PDF:336KB)

 ➤高齢者施設等向け 通知(PDF:236KB) 様式(PDF版)(PDF:133KB) 様式(Word版)(ワード:64KB)

 愛媛県内の状況等について

毎日更新

毎週更新

不定期更新

(参考)国内における感染者の発生状況

国内における新型コロナウイルスの感染者の発生状況は、報道発表一覧(新型コロナウイルス感染症)(厚生労働省)(外部サイトへリンク)で確認できます。

参考

ページの先頭へ戻る

 相談窓口

 一般相談窓口

愛媛県と松山市が合同で、24時間相談可能な一般相談窓口を設置しています。

新型コロナウイルス感染症に関する一般的なご質問やご相談は、下記の相談窓口にご連絡ください。

  • 対応時間:24時間対応(土日・祝日含む)
  • 電話番号:089-909-3468(愛媛県・松山市共通)

なお厚生労働省においても、令和2年1月28日18時から、新型コロナウイルスに係る電話相談窓口(コールセンター)を設置しています。

厚生労働省コールセンター

  • 対応時間:9時00分から21時00分(土日・祝日含む)
  • 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)

 発熱等の症状がある場合の受診相談センター

季節性インフルエンザの流行に備えて、県では、発熱等の症状がある方が、かかりつけ医等に相談・受診し、必要に応じて新型コロナウイルスの検査を受けられる体制を整備するため、「診療・検査医療機関」を指定しています。

発熱等の症状がある場合、まずは、かかりつけ医等の身近な医療機関に電話相談していただき、相談先の案内に従って受診してください。

かかりつけ医を持たない場合や相談先に迷う場合等は、下記の「受診相談センター(「帰国者・接触者相談センター」から名称変更)に相談してください。

【受診相談センター】

  • 対応時間:24時間対応(土日・祝日含む)
  • 電話番号:089-909-3483(愛媛県・松山市共通)

その他詳細については、県内の診療・検査医療機関についてをご覧ください。

新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口(コールセンター)

新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口です。

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:9:00~21時00分(土日・祝日も実施)

新型コロナワクチン接種に関する市町コールセンター

新型コロナワクチン接種に関する一般相談や、予約受付開始以降は接種予約が行えますので、詳細は各市町にお問合せ下さい。

市町コールセンター一覧
市町名 受付時間 電話番号 FAX番号
平日 土曜日 日曜日 祝日
松山市 8時30分~20時00分 8時30分~20時00分 8時30分~20時00分 8時30分~20時00分 089-909-3353 089-948-8022
今治市 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 0570-005-108 0898-36-1631
宇和島市 9時00分~17時00分       0570-00-0389  
八幡浜市 9時00分~17時00分       0570-00-0835 0894-24-6652
新居浜市 8時30分~19時00分 8時30分~19時00分 8時30分~19時00分 8時30分~19時00分 0120-040-439  
西条市 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 0570-031-105  
大洲市 9時00分~17時00分       0570-66-6058  
伊予市 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 9時00分~19時00分 089-909-3205  
四国中央市 9時00分~19時00分 9時00分~17時00分     0570-057-089  
西予市 9時00分~17時00分       0570-55-0162  
東温市 9時00分~17時00分       0570-00-1154  
上島町 9時00分~17時00分       0570-78-3821  
久万高原町 8時30分~17時15分       0892-21-0050  
松前町 9時00分~18時00分       089-909-3253  
砥部町 9時00分~19時00分       089-948-8308 089-993-8141
内子町 9時00分~17時00分       0570-78-3548  
伊方町 9時00分~17時00分       0570-78-3862  
松野町 9時00分~17時00分       0570-66-6980  
鬼北町 8時30分~17時00分       0120-006-893  
愛南町 9時00分~18時00分       0895-73-7400  

 

 

 新型コロナウイルスワクチン接種後の相談窓口

令和3年3月1日から新型コロナウイルスワクチン接種に係る副反応等の専門的な相談に対応するコールセンターを設置し、24時間で相談を

お受けしています。

 受付時間:24時間 

電話番号:0120-567-231(フリーダイヤル)

(※)こちらの番号ではワクチン接種の予約はできません。ワクチン接種の予約については、各市町コールセンターへお問い合わせください。

なお、FAXは聴覚に障がいがある方をはじめ、お電話でのご相談が難しい方を対象としています。

17時00分直前の相談には、翌日又は翌週明けの回答になりますので、予めご了承ください。

FAX:050-3852-3213(平日9時00分~17時00分) 

 参考:国・県・市町のコールセンターの役割について(PDF:160KB)

 

ワクチン接種の流れ、効果、副反応などについて

「長野県新型コロナウイルスワクチン接種アドバイザーチーム」発行・監修の「教えて!新型コロナウイルスワクチン」を紹介いたします。

新型コロナウイルスワクチン接種の流れ、効果、副反応などについて、わかりやすくまとめられています。 

「教えて!新型コロナウイルスワクチン接種」(PDF:24,889KB)

<注意事項>

  •  この資料は、2021年4月時点、ファイザー社製ワクチンに関することについて記載しているものです。
  • 発行・監修は「長野県新型コロナウイルスワクチン接種アドバイザーチーム」です。

 

コールセンター相談実績

月別相談件数 相談内訳(割合)
相談件数 副反応 ワクチン全般 忌避事項 その他
3月 98件 49件(50.0%) 17件(17.3%) 7件(7.1%)  25件(25.5%)
4月 519件 136件(26.2%) 19件(3.7%) 20件(3.9%) 344件(66.3%)
5月 816件 393件(48.2%) 78件(9.6%) 63件(7.7%) 282件(34.6%)
6月 2,892件 2,121件(73.3%) 198件(6.8%) 281件(9.7%) 292件(10.1%)
7月 3,459件 2,951件(85.3%) 126件(3.6%) 86件(2.5%) 296件(8.6%)
8月 2,688件 2,318件(86.2%) 117件(4.4%) 43件(1.6%) 210件(7.8%)
合計 10,472件 7,968件(76.1%) 555件(5.3%) 500件(4.8%) 1,449件(13.8%)

(※四捨五入のため、割合の合計は100%にならない場合がある。)

【相談内訳】

  • 副反応・・・副反応に関する事前相談、接種後の体調不良等
  • ワクチン全般・・・ワクチンの成分、副反応の発現率等
  • 忌避事項・・・内服薬の飲み合わせ、他のワクチンとの併用接種等
  • その他・・・市町のワクチン接種のスケジュール・実施会場の問い合わせ、ワクチン接種申込書類への質問等  

 

 こころの相談窓口(こころのホットライン)

新型コロナウイルス感染拡大により、心のケアが必要な方を対象に、こころのホットライン(電話相談)を設置しています。

不安や悩みを抱えているときは、決して一人で悩まず、相談窓口をご利用ください。

対象者例:

(1)感染された方、ご家族など
(2)対策や支援に関わる方(医療従事者、学校関係者、施設職員など)
(3)その他、休業・失業・休校などにより、不安や心配を抱えている方

対応時間:9時~21時(土日・祝日含む)

電話番号:0120-612-155(フリーダイヤル)

こころのホットラインは、心のケア専用ダイヤルです。感染症に関する一般的なご相談については、一般相談窓口におかけください。

こころのホットライン(A4チラシ)(PDF:473KB)

 

その他のこころの相談については、こころといのちの相談窓口についてをご覧ください。

 

ページの先頭へ戻る

えひめコロナお知らせネットについて

概要

不特定多数の方が参加・利用するイベントや施設・店舗等におけるクラスター対策として、スマホアプリのLINEを活用した本県独自の接触確認システム「えひめコロナお知らせネット」の運用しています。

このシステムは、店舗・施設やイベント会場などに掲示されたQRコードを、施設の利用者等がLINEアプリで読み取り、連絡先を愛媛県に登録いただくことで、後日、施設利用者等が新型コロナウイルスに感染した際に、登録いただいた方に濃厚接触の疑いがあるなど、必要がある場合に、愛媛県から感染拡大防止に向けたお知らせを行うものです。

事業者の皆様には、安心の提供と感染拡大防止のため、このシステムの積極的な導入をお願いするとともに、一人でも多くの県民の皆様へのご利用をお願いします。

詳しくは、えひめコロナお知らせネットについてをご確認ください。

ページの先頭へ戻る

 県民の皆様へ

 知事からのメッセージ

 

ご注意いただきたいこと

県民の皆様には、引き続き、お一人お一人のマスクの着用などの咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)や手洗いの徹底などの感染症対策に努めていただきますようお願いします。

また、アルコールを用いた手指消毒や、室内を適切な湿度に保つ(50~60%)ことも効果的です。

合わせて、バランスの良い食事や十分な休養をとるなどにより、体調管理に努めていただきますようお願いします。

現時点では、新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

 

  1. 過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
  2. コロナ禍でも持病の治療や予防接種・検診等の健康管理は重要です。
  3. 医療機関では感染防止対策が行われています。
  4. 具合が悪いなど健康に不安がある時は、まずはかかりつけ医に相談しましょう。

 

医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットの徹底をお願いします。

 

  飲食を伴う会食においてクラスターが多く発生しています。会食の際にも感染症対策に努めていただきますようお願いします。

 

  1. 飲食をするのであれば、少人数・短時間で、なるべく普段一緒にいる人と。
  2. 箸やコップは使いまわさず、一人ひとりで。
  3. 会話するときはなるべくマスクを着用しましょう。
  4. ガイドラインを遵守したお店を利用しましょう。
  5. 体調が悪い人は参加しないようにしましょう。

 

 

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

外国人(がいこくじん)の方(かた)へ(For foreigners)

外国人(がいこくじん)のために「やさしい日本語(にほんご)」と英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)などの外国語(がいこくご)で、相談(そうだん)するところを案内(あんない)しています。

【インターネット・SNS上の情報について】

インターネットやSNSにおいて、新型コロナウイルス感染症に関する様々な情報が掲載されていますが、中には不確かな情報や事実とは異なる情報もあります。

むやみに転載・拡散することなく、厚生労働省や県など信頼できる公的機関のホームページ等で情報を確認していただきますようお願いします。

【生活を支えるための支援】

軽症者等の宿泊療養について

県では、症状がない感染者、入院の必要がない軽症者を受け入れる宿泊療養施設を運営しています。

JR予讃線の混雑状況について

JR四国では、同社ホームページで列車の混雑状況をお知らせしていますのでご確認ください。

新型コロナウイルス感染症に係る差別、偏見の解消について

 新型コロナウイルス感染症に係る差別、偏見の解消については、以下からご確認ください。

ページの先頭へ戻る

 ワクチン接種について

ワクチン接種については新型コロナワクチンの接種についてをご覧ください。

ワクチン接種の予約は、各市町で受付けております。

現在、各市町において希望する方々全員への接種を少しでも早く行うよう準備を進めていますので、県民の皆様には落ち着いて今後の各市町からの連絡をお待ちいただきますよう、お願いします。

ページの先頭へ戻る

 県境をまたぐ移動について

 航空便を利用して県をまたぐ移動をされる皆様へ

愛媛県では、県をまたぐ移動をされる皆様に向けて、松山空港の就航先の感染防止対策等を確認できるページを作成しています。出発前の情報収集等にご活用ください。

また、出張や旅行の際の感染防止対策の参考としていただくため、チェックリストを掲載しておりますので、併せてご活用ください。

海外への渡航を予定されている方へ

海外への渡航を予定されている方は、以下のサイトで感染症の発生状況等をお知らせしていますのでご確認ください。

愛媛県に来られた皆様へ

現在、愛媛県では、新型コロナウイルスへの感染を防ぐため、県民の皆様に次のことをお願いしています。

県外から愛媛県に来られた皆様もご注意ください。

感染回避行動を心がけてください。

  1. うつらないよう自己防衛!
  2. うつさないよう周りに配慮!
  3. 習慣化しよう3密回避!

咳や発熱などの症状がある方は、できる限り外出を控えてください。

詳細は、「愛媛県に来られた皆様へ~新型コロナウイルス感染防止のためのお願い~」(PDF:869KB)をご確認ください。

ページの先頭へ戻る

 妊婦の皆様へ、小さなお子さまをお持ちの皆様へ

妊婦の皆様へ

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中、働く妊婦の方は、職場の作業内容等によって、新型コロナウイルス感染症への感染について不安やストレスを抱える場合があります。こうした方の母性健康管理を適切に図ることができるよう、新型コロナウイルス感染症に関する措置が新たに規定されました。

小さなお子さまをお持ちの皆様へ

 予防接種や乳幼児健診は、お子さまの健やかな成長のために一番必要な時期に受けていただくよう、市区町村からお知らせしています。
 特に赤ちゃんの予防接種を遅らせると、免疫がつくのが遅れ、重い感染症になるリスクが高まります。
 お子さまの健康が気になるときだからこそ、予防接種と乳幼児健診は、遅らせずに、予定どおり受けましょう。

ページの先頭へ戻る

 事業者の皆様へ

 主な支援策(令和3年9月10日時点)(PDF:237KB)

県の協力金・補助金等

(1)「新型コロナウイルス感染症に関する給付金・補助金」
 新型コロナウイルス感染症で影響を受けた事業者への協力金や、新しい生活様式に対応しながら前向きに活動する事業者への給付金・補助金を紹介します。

(2)金融支援
新型コロナウイルスに影響を受けた中小企業者への金融支援をします。

(3)愛媛県新型コロナウイルス感染症対策緊急地域雇用維持助成金
県では、国の「雇用調整助成金」の支給決定を受けた事業主に対して上乗せ助成をします。

(4)営業時間短縮要請に関する概要について
営業時間短縮要請に関する情報を掲載しています。

(5)二酸化炭素濃度測定センサーを利用した検証事業について
二酸化炭素濃度測定センサーを活用した屋内環境可視化事業に協力いただける店舗を募集しています。協力いただく内容は、センサーの設置(無償レンタル6カ月)などです。

(6)令和3年度愛媛県テレワーク機器等導入支援事業費補助金
県では、テレワークを導入し、かつ規定回数以上のテレワークを実施した事業者に対して、その取組に要した経費を支給します。

その他助成金等

(1)持続化給付金(経済産業省)(外部サイトへリンク)【1月31日受付終了】
国では、幅広い業種の事業者に対して、事業の継続を支え、事業全般に広く使える、給付金を支給します。

(2)家賃支援給付金(経済産業省)(外部サイトへリンク)【2月15日受付終了】
国では、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金を支給します。

(3)働き方改革推進支援助成金(厚生労働省)(外部サイトへリンク)【受付終了】
テレワークの新規導入や特別休暇の規定整備に取り組む中小企業事業主を支援します。

(4)新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金(厚生労働省)(外部サイトへリンク)
年次有給休暇とは別途、有給の休暇を取得させた事業主に対する助成金制度を創設します。

(5)ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(全国中小企業団体中央会)(外部サイトへリンク)
中小企業・小規模事業者等が取り組む「革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善」を行うための設備投資等を支援します。
※審査にあたり、新型コロナウイルスの影響に対する加点措置があります。

(6)持続化補助金(商工会地区:全国商工会連会 一般型)(外部サイトへリンク)
   持続化補助金(商工会地区:全国商工会連合会 コロナ特別対応型)(外部サイトへリンク)【受付終了】

(7)持続化補助金(商工会議所地区:日本商工会議所)(外部サイトへリンク)
   持続化補助金(商工会議所地区:日本商工会議所 コロナ特別対応型)(外部サイトへリンク)【受付終了】
小規模事業者の販路開拓等のための取組みを支援します。

(8)IT導入補助金(経済産業省)(外部サイトへリンク)【受付終了】
事業継続性確保の観点から、ITツール導入による業務効率化等を支援します。
※審査にあたり、住宅勤務制度(テレワーク)を導入する取組みに対しては、加点措置があります。

各種相談

(1)経営課題に関する相談窓口
新型コロナウイルス感染症に起因する経営課題でお悩みの方、各種支援制度の申請手続きのサポートを必要とされる方は、ご遠慮なくお問い合わせください。

(2)働ナビえひめ(愛媛県働き方改革包括支援プラザ)
働き方改革のワンストップ支援拠点として、感染症予防対策のための多様な働き方導入に関する相談にも対応しています。

(3)テレワークマネージャーWEB・電話相談事業(総務省)(外部サイトへリンク)
専門家が、WEB及び電話にて主にICT面でテレワーク導入に関するアドバイス等を実施します。

(4)働き方改革実践モデル企業創出事業(働き方改革コンサルティング)
コロナ禍における事業継続や人材確保にも資する働き方改革に、専門コンサルタントの支援を受けながら取り組む事業です。(参加企業募集期間:令和3年7月15日~8月13日)

その他

(1)各種給付金等の課税上の取扱いについて

新型コロナウイルス感染症の影響をふまえて、国や地方公共団体から支給される給付金、助成金などは、支援の対象者や目的などにより、課税対象となるかが異なります。

詳しくは、国税庁ホームページ掲載の「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」(外部サイトへリンク)をご確認ください。

新型コロナウイルスの影響を受けた事業主に対し、県税の特例措置を実施します。

(3)妊娠中の女性労働者等への配慮について

(4)両立支援等助成金 介護離職防止支援コース

県と包括連携協定を締結している損害保険会社において、新型コロナウイルス感染症対策に関する企業向けのWEBセミナーが開催されています。

外部リンク

個別の事業に関する情報

厚生労働省ホームページに、事業者の皆様向けのQ&Aが掲載されていますので、ご確認ください。

また、業種ごとの関連情報を以下のとおり掲載します。

旅館業

新型コロナウイルス感染症への対応について掲載しています。

  公衆浴場業、建物・施設等

  休止していた施設の使用再開に伴うレジオネラ症への感染防止対策として、再開時の留意点を掲載しています。

  ペット関連事業

   ペット関連事業を運営されている団体等向けに、留意事項など掲載しています。

  飲食店営業

  新たに持ち帰りや宅配等を始める飲食店営業者向けに、注意事項などを掲載しています。
  持ち帰りや宅配については、店内での喫食に比べ、食中毒のリスクが高まりますので、衛生管理に特に注意しましょう。

  子ども食堂

子ども食堂を運営されている団体等向けに、留意事項などを掲載しています。

 外国人技能実習生関係

 次の場合等における取扱いや手続き等に関する情報が、外国人技能実習機構ホームページ(外部サイトへリンク)に掲載されていますのでご確認ください。

  • 実習生が予定どおり入国又は出国できない場合
  • 経営状況の悪化等により実習の継続が困難となった場合
  • マスク等の医療用資材の製造に従事する場合

建設事業者の皆様へ

新型コロナウイルス感染症に係る工事及び業務の対応について掲載しています。

農林漁業者の皆様へ

農林漁業者向けの金融支援策

金融支援相談窓口

関連ページ

公共交通事業者の皆様へ

新型コロナウイルス感染症に係る支援策について掲載しています。

 

ページの先頭へ戻る

 お仕事をされている皆様へ

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、離職者緊急生活資金の融資対象者を拡大しました。
今般の対象拡大により、離職者に加え、休業者も融資対象となります。

上記に加え、県が保証料の全額を補助することになりました。

厚生労働省のホームページにQ&Aが掲載されていますのでご確認ください。

参考

ページの先頭へ戻る

 教育・学校関係の皆様へ

愛媛県教育委員会のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

医療機関・社会福祉施設の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(慰労金・支援金)について

「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(慰労金・支援金)」の最新情報や申請方法などを掲載しますのでご確認ください。

医療機関の皆様へ(新型コロナウイルス感染症関連情報)

医療機関の皆様に向けた新型コロナウイルスに関連する情報を掲載します。

社会福祉施設の皆様へ(新型コロナウイルス感染症関連情報)

社会福祉施設における新型コロナウイルス感染予防・感染拡大防止に係る留意事項等をお知らせしています。

ページの先頭へ戻る

 公共交通感染防止対策

ページの先頭へ戻る

 愛媛県新型コロナウイルス感染症関連会議の開催について

令和3年9月10日(金曜日)13時30分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第34回)を開催しました。
 【資料等】概要(PDF:52KB)資料(PDF:2,753KB)

令和3年8月18日(水曜日)16時30分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第33回)を開催しました。
 【資料等】概要(PDF:62KB)資料(PDF:1,367KB)

令和3年8月18日(水曜日)13時30分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部(第32回)を開催しました。
 【資料等】概要(PDF:52KB)資料(PDF:2,036KB)

令和3年8月16日(月曜日)13時30分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部(第31回)を開催しました。
 【資料等】概要(PDF:54KB)

令和3年8月13日(金曜日)13時30分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部(第30回)を開催しました。 
  【資料等】概要(PDF:49KB)資料(PDF:2,317KB)

令和3年8月11日(水曜日)13時30分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部(第29回)を開催しました。
 【資料等】概要(PDF:51KB)資料(PDF:460KB)

令和3年7月29日(木曜日)16時00分に愛媛県・20市町合同 新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
  【動画】対策本部会議動画

令和3年7月29 日(木曜日)13時30分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第28回)を開催しました。
  【資料等】概要(PDF:51KB)資料(PDF:2,492KB)

令和3年6月22 日(火曜日)13時40分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第27回)を開催しました。
  【資料等】概要(PDF:52KB)資料(PDF:2,404KB)

令和3年5月31日(月曜日)16時00分に愛媛県・20市町合同 新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
  【動画】対策本部会議動画

令和3年5月28 日(金曜日)13時30分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第26回)を開催しました。
  【資料等】概要(PDF:53KB)資料(PDF:2,334KB)

令和3年5月22日(土曜日)13時30分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第25回)を開催しました。
  【資料等】概要(PDF:52KB)資料(PDF:1,977KB)

令和3年5月10 日(月曜日)13時30分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第24回)を開催しました。
  【資料等】概要(PDF:56KB)資料(PDF:1,989KB)

令和3年5月6 日(木曜日)13時30分に愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第23回)を開催しました。
  【資料等】概要(PDF:55KB)

令和3年4月30日(金曜日)16時30分に愛媛県・20市町合同 新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
  【動画】対策本部会議動画

令和3年4月19日(月曜日)16時30分に愛媛県・20市町合同 新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
  【動画】対策本部会議動画

令和3年4月8日(木曜日)16時30分に愛媛県・20市町合同 新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
  【動画】対策本部会議動画

令和3年3月30日(火曜日)16時30分に愛媛県・20市町合同 新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
  【動画】対策本部会議動画

過去の開催状況につきましては新型コロナウイルス感染症関連会議の開催状況(過去)をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 関連知事記者会見一覧

 知事記者会見ライブ配信はこちら(YouTube公式チャンネル)

過去の新型コロナウイルス感染症関連の知事記者会見及びその他の知事記者会見につきましては、知事記者会見録をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 イベント、施設の取扱い等について

1.イベント開催制限について(概要)

 (1)一般的な催物開催の目安

【9/13更新】まん延防止等重点措置の解除に伴うイベントの開催制限について <対象期間:令和3年9月13日から1012日まで>

本県におけるまん延防止等重点措置解除(経過措置へ以降:期間1か月間)に伴い、参加人数は、下記の【収容率】、【人数上限】のいずれか小さいほうに制限してください。

イベント開催制限

収容率(※1)

人数上限(※1)

大声での歓声・声援等がないことを前提としうるもの(※2)

大声での歓声・声援等が想定されるもの

5,000人又は収容定員50%以内(10,000人まで)のいずれか大きい方
 

クラシック音楽コンサート、演劇等、 

 舞踊、伝統芸能、芸能・演芸、公演・

 式典、展示会等

・飲食を伴うが発声がないもの(※3)
ロック、ポップコンサート、スポーツイベント、公営競技、公演、ライブハウス・ナイトクラブでのイベント等

5,000人又は収容定員50%以内(10,000人まで)のいずれか大きい方

 

100%以内

(席がない場合は適切な間隔)
 

50%(※4)以内

(席がない場合は十分な間隔)
5,000人又は収容定員50%以内(10,000人まで)のいずれか大きい方

1 収容率と人数上限でどちらか小さいほうを限度とする。(両方の条件を満たす必要あり。)
※2 クラシック音楽等は例示であり、「大声での歓声・声援等がないことを前提としうるもの」の判断は、実態に照らして、個別具体的に行う。
※3 「イベント中の食事を伴う催物」は、必要な感染防止策が担保され、イベント中の発声がない場合に限り、「大声での歓声・声援等がないことを前提としうるもの」と取り扱うことを可とする。
※4 異なるグループ間では座席を1席空け、同一グループ(5人以内に限る)内では座席間隔を設けなくともよい。すなわち、収容率は50%を超える場合がある。
主催者は、業種別ガイドラインの遵守を徹底するとともに、国の接触確認アプリ「COCOA」や「えひめコロナお知らせネット」の活用、または名簿作成等の追跡対策を徹底。

【8/20更新】まん延防止等重点措置の適用に伴うイベントの開催制限について <対象期間:令和3年8月20日から912日まで>

本県におけるまん延防止等重点措置適用に伴い、参加人数は、下記の【収容率】、【人数上限】のいずれか小さいほうに制限してください。

 

イベント開催制限

収容率

人数上限

大声での歓声・声援等がないことを前提としうるもの

大声での歓声・声援等が想定されるもの

5,000人以下
 

クラシック音楽コンサート、演劇等、 

 舞踊、伝統芸能、芸能・演芸、公演・

 式典、展示会等

・飲食を伴うが発声がないもの(※1)
ロック、ポップコンサート、スポーツイベント、公営競技、公演、ライブハウス・ナイトクラブでのイベント等 5,000人以下
 

100%以内

(席がない場合は適切な間隔)
 

50%(※2)以内

(席がない場合は十分な間隔)
5,000人以下

1 「イベント中の食事を伴う催物」は、必要な感染防止策が担保され、イベント中の発声がない場合に限り、「大声での歓声・声援等がないことを前提としうるもの」と取り扱うことを可とする。
  ※2 異なるグループ間では座席を1席空け、同一グループ(5人以内に限る)内では座席間隔を設けなくともよい。すなわち、収容率は50%を超える場合がある。

主催者は、業種別ガイドラインの遵守を徹底するとともに、国の接触確認アプリ「COCOA」や「えひめコロナお知らせネット」の活用、または名簿作成等の追跡対策を徹底

【留意事項】

  • 参加者が自由に移動でき、かつ、入退場時や区域内の適切な行動確保ができない催物については、後記(2)「地域の行事、全国的・広域的なお祭り、野外フェス等」によることとします。
  • 上記の人数は、主催者と参加者のいる場所が明確に分かれている場合(例:プロスポーツイベントの選手と観客等)には参加者数のみとし、主催者と参加者のいる場所が明確に分かれていない場合(例:展示会の主催者と来場者等)には両者を合計した人数とします。
  • 同一施設内で、別々に入退場管理する等、人の流れが厳密に管理できる場合(例:同一展示場で、家具展と絵画展等、入退場口の異なる複数の催物が開催される場合)、各催物等に対し、人数上限及び収容率要件を適用することができます。ただし、催物開催時に、別々に入退場管理せず、自由な人の移動ができる場合(例:1つの展示会中の催物として、複数の講習会を開催する場合)には、自由移動できる催物全体で人数上限及び収容率要件を適用することとします。
  • 人数上限及び収容率は、入退場管理が行われ、催物会場内の参加者数が特定できる場合には、催物会場に同時に滞在する最大の参加者数をで算定してください。ただし、催物会場に同時に滞在する最大の参加者数が分からない場合は、1日当たりの参加者数などを用い、施設内の収容状況を推定し、人数上限及び収容率を算定してください。

(2)地域の行事、全国的・広域的なお祭り、野外フェス等

  1. 全国的又は広域的な人の移動が見込まれるものや参加者の把握が困難なものについては、引き続き、中止を含めて慎重に検討してください。具体的には、催物を開催する場合については、十分な人と人との間隔(1メートル)を設けることとし、当該間隔の維持が困難な場合は、開催について慎重に判断してください。なお、別紙「野外フェス等における感染防止策」(PDF:1,575KB)に該当するものについては、十分な人と人との間隔(1メートル)が設けられ、当該間隔の維持が可能であるものとします。
  2. 地域で行われる盆踊り等、全国的又は広域的な人の移動が見込まれない行事であって、参加者がおおよそ把握できるものについては、人数制限はありませんが、引き続き、適切な感染防止策(例:発熱や感冒症状がある者の参加自粛、三密回避、十分な人と人との間隔の確保(1メートル)、行事の前後における三密の生ずる交流の自粛、手指の消毒、マスクの着用等)を講ずるとともに、イベントを開催する前に、厚生労働省接触確認アプリ「COCOA」をインストールするよう促したり、感染拡大防止のための連絡先の把握を徹底してください。

2.【8月31日更新】大規模イベント等の開催に伴う県への事前相談について

全国的な移動を伴うイベント、もしくは参加者が1,000人を超えるイベントの開催を計画中の皆様へ ~感染防止対策に係る県への事前相談をお願いします。

(当面の間、令和3年10月末までのイベント対象)

1.事前相談の対象となるイベント

  • 「全国的・広域的な人の移動を伴うイベント」又は「参加者が1,000人を超えるイベント」
  • 当面の間、10月末までに開催されるイベントを対象とします。
  • なお、11月以降の取扱いについては、感染状況等に応じて、取扱いが変更される場合があることにご留意ください。

2.相談者

  • イベント主催者または施設管理者(以下、「イベント主催者等」という。)

事前相談にあたっては、両者で打合せ等を実施してください。

3.提出資料

イベント主催者等は、下記の「事前相談に係るフローチャート」等を確認し、開催しようとするイベントの内容を照らし合わせ、必要資料を作成・準備し、県に提出(事前相談)してください。

4.資料提出先(事前相談窓口)及び提出期限

原則、電子データにより、開催の2週間前までに、必要資料を下記までメールで提出してください。困難な場合は、郵送または持参してください。

件名を「イベント事前相談」としてください。

【資料提出先(事前相談窓口)】

  • 愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部(保健福祉課)
  • メール:shingatacorona@pref.ehime.lg.jp
  • TEL:089-968-2419(平日9時00分~17時00分)
  • 住所:〒790-8570 松山市一番町四丁目4番地2

5.感染防止策対策の確認

県は、提出されたチェックリスト等を確認し、その結果をイベント主催者等にメール等で連絡します。

6.イベント開催後の結果報告

収容率100%上限で、大声・歓声等の有無について「県が特に確認が必要」なイベントの主催者等は、イベント開催の2~3週間後に、「催物結果報告フォーム」及び「映像・音声等データ」を県及び関係各府省庁の窓口に提出してください。

また、収容率に関わらず、大声、歓声等の発生等の問題が生じた場合、「催物結果報告フォーム」を県及び関係各府省庁の窓口に提出してください。

|参加者が1,000人以下で県への事前相談の対象とならない場合

ガイドラインを作成している場合は、「感染防止策チェックリスト」を活用するなどし、感染防止策を実践して開催する旨を、開催前にHP等で公表してください。

上記の場合で、かつ大声での歓声等が想定されるイベントを収容率100%で実施する場合は、併せて「実績疎明資料(別紙2-2)」(開催前)及び「催物結果報告フォーム(別紙3)」(開催後)をHP等で公表してください。

大声での歓声等が想定されるイベントを収容率100%で実施した場合は、映像・音声等データを、イベント開催から1年間保管してください。

なお、収容率に関わらず、大声や歓声の発生等の問題が生じた場合には、「催物結果報告フォーム(別紙3)」を県及び関係各府省庁の窓口に提出してください。

県のイベント関係について(6月22日更新)

 県主催イベントについては、感染防止対策の徹底を図ったうえで開催します。

 他主催者におかれましては、これに準じた対応をお願いします。

 (参考:イベントの開催要件等)

県管理施設の取扱いについて(9月10日更新)

  • 松山市内の県管理施設は、現在の対策を継続しています。
  • その他の地域の県管理施設については、感染予防・拡大防止対策の徹底を図ったうえで開館しています。(えひめこどもの城、県総合運動公園を含みます。)
  • 詳細については、各施設のホームページ等を御確認ください。

(注)

  • 県外から来訪される方等につきましては、御利用を控えていただくようお願いします。

県管理都市公園施設について

ページの先頭へ戻る

  応援基金・寄附について

愛媛県新型コロナウイルス感染症対策応援基金の設置について

愛媛県では、新型コロナウイルス感染症に関する対策に要する経費の財源に充てるため、「愛媛県新型コロナウイルス感染症対策応援基金」を設置しました。

企業や団体、個人の皆様からのご寄附を「基金」に積み立て、医療や福祉面での対策、感染症拡大防止に率先して取り組む企業への支援など、新型コロナウイルス感染症対策の充実を図るための様々な施策に、有効に活用させていただくこととしております。

新型コロナウイルス感染防止対策に係る寄附について

新型コロナウイルス感染症に対策のため、多くの企業・団体・個人の皆様から物品の寄附がありました。

県としては、御寄附の趣旨に沿うよう活用させていただきます。

誠にありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ