文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年8月3日

外来生物の調査

アライグマやセアカゴケグモなど、県内での被害又は生息域の拡大が懸念されている外来生物の生息状況調査や、市町等が実施する防除支援を行います。

愛媛県生物多様性センターの外来種対応状況(2017年度)(PDF:298KB)

愛媛県生物多様性センターの外来種対応状況(2018年度)(PDF:261KB)

愛媛県生物多様性センターの外来種対応状況(2019年度)(PDF:377KB) 新着

県内の主な特定外来生物

特定外来生物等の分布状況

外来生物とは?

外来生物とは、元々生息していなかった地域から人間によって持ち込まれた生き物です。愛玩や食用目的で海外から持ち込まれたものに加えて、船舶等に付着して非意図的に持ち込まれた生き物も含まれます。日本国内に元々生息していた生き物であっても、異なる地域に生息している生き物は遺伝的に異なるものも多く、地域固有種となっています。元の生息地以外に持ち込まれた生き物も外来生物です。
 ※日本には外来生物が2,000種以上生息しているといわれていますが、農作物や家畜、ペットのように人の役に立っている外来種も多く、全てが問題になっているわけではありません。

特定外来生物とは?

外来生物のうち、海外から持ち込まれ、日本の生態系などに悪影響を与えたり、または影響を与える可能性が高い種について「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)」によって特定外来生物に指定しています。
外来生物法における特定外来生物の扱いで原則禁止されている事
〇飼育・栽培すること 〇保管・運搬すること 〇輸入・販売・譲渡すること 〇野外に放つこと

愛媛県で問題となっている特定外来生物
  パンフレット(PDF:1,418KB)

特定外来生物「ヒアリ」の調査について

ヒアリ(Solenopsis invicta)は、特定外来生物に指定された南米が原産地のアリです。平成29年5月26日以降、兵庫県、大阪府、東京都等で確認されています。愛媛県は、平成29年7月10日、三島川之江港、松山港、新居浜港、今治港の県内4か所の港湾において、ベイトトラップ(誘引わな)を用いた侵入確認調査を関係機関が連携して実施しました。平成30年からは、三島川之江港、松山港、今治港は環境省がモニタリング調査を実施しており、生物多様性センターは新居浜市と合同で新居浜港のモニタリング調査を実施しています。

(1)調査の概

  • 調査場所:三島川之江港、松山港、新居浜港、今治港
  • 調査方法:ベイトトラップ法
  • 誘引餌:ポテトチップス等の油脂を用いた菓子
  • トラップ資材:蓋付60mlサンプル管2本1組
  • トラップ設置方法:約100mの調査ラインにおいて10m間隔にベイトトラップを設置し、1時間程度静置。
  • トラップ回収方法と簡易同定:アリが誘引されていれば、70~80%エタノールを入れて固定。実体顕微鏡を用いて選別(簡易同定)とカウント。

(2)調査結果

1港湾あたり5本の調査ラインを設定し、50地点のベイトトラップを設置した結果、計200地点のうち、35地点のトラップにアリ類が誘引されました。誘引されたアリ5,211頭を簡易同定した結果、ヒアリ疑い種は確認されませんでした(表1)。

表1_ベイトトラップによる誘引状況(平成29年7月10日)

調査場所

ベイトトラップ
設置地点

アリ類の誘引地点
(捕獲頭数)

ヒアリ疑い種

三島川之江港

各港湾50地点

0地点(0頭)

0頭

松山港

11地点(1,363頭)

0頭

新居浜港

22地点(3,837頭)

0頭

今治港

2地点(11頭)

0頭

合計

200地点

35地点(5,211頭)

0頭

四国中央市と新居浜市、松山市におけるアカカミアリの確認について新着

平成29年7月26日に四国中央市、平成30年6月2日と令和2年7月16日に新居浜市、令和2年7月16日に松山市において、特定外来生物アカカミアリが確認されました。アカカミアリは、ヒアリと同じくトフシアリ属のアリです。ヒアリに比べると毒は弱いですが、刺されると非常に激しい痛みを覚え、水疱(すいほう)状に腫れます。アカカミアリ発見後に実施したトラップ調査や目視調査においても分散個体は確認されていません。当該地域周辺に定着し繁殖している可能性は低いと考えられますが、念のためよく似たアリがいた場合は素手で触らないようにして下さい。アカカミアリは硫黄島に定着、その他沖縄県等で確認記録がありますが、本州・四国での確認は平成29年以降です。
アカカミアリアカカミアリ_女王アリ
アカカミアリ(愛媛県生物多様性センター撮影)

ヒアリやアカカミアリの生態

ヒアリは、赤茶色の小型のアリで、体長は2.5ミリから6.0ミリと大きさにバラつきがあり、農耕地や公園など開放的な草地・裸地に土で直径25~60センチ、高さ15~50センチのアリ塚(巣)を作ります。南米中部原産のアリですが、現在では中国をはじめ環太平洋諸国に定着しており、一度定着すると根絶が困難なことから、早期発見、早期駆除が重要です。
 アカカミアリはアメリカ合衆国南部~中米原産のアリで、ヒアリと外見上は類似していますが、大型の働きアリは頭部が肥大することが特徴です。ヒアリと比べると毒は弱いと言われていますが、ヒアリ同様アルカロイド系の毒で刺されると激しい痛みを伴います。

ヒアリやアカカミアリの見分け方

ヒアリやアカカミアリかどうかは、専門家が顕微鏡を使って観察しなければ判断できませんが、ヒアリやアカカミアリの疑い種については、以下の特徴を観察することによって大まかに判断できます。
(1)肉眼での観察

  • 赤茶色のアリで体表にツヤがある
  • 働きアリの大きさが2.5mm~6.0mmといろいろな大きさのアリが混在する。
  • 胸部にトゲが無く、華奢な体型
  • 働きアリに頭部が肥大した個体が混在する(アカカミアリ)。 

(2)顕微鏡での観察

  • 触角は10節でこん棒部分は2節(写真1) 
  • 腹柄節は2節(写真2)
  • 後胸にトゲが無い(写真2) 

 写真1ヒアリ頭部写真2腹柄部

 参考となる資料
よく目にする在来アリとヒアリの肉眼でわかる違い(PDF:54KB)(兵庫県立人と自然の博物館 橋本佳明主任研究員提供)
ヒアリやアカカミアリと間違えやすいアリの見分け方1(PDF:79KB)(兵庫県立人と自然の博物館 橋本佳明主任研究員提供)
ヒアリやアカカミアリと間違えやすいアリの見分け方2(PDF:73KB)(兵庫県立人と自然の博物館 橋本佳明主任研究員提供)

もし、ヒアリやアカカミアリを見つけたら?

  •  生きた個体を素手で触らないで下さい。
  • 市販のアリ用殺虫剤で駆除が可能です。
    熱湯を直接かけるのも有効ですが、火傷に注意して下さい。
  • 万が一、ヒアリと疑われるような個体を見つけた場合は、速やかに発見した場所の市役所、町役場
    または、愛媛県生物多様性センター(TEL089-931-8757)にご連絡下さい。

もし、ヒアリやアカカミアリに刺されたら?

 ヒアリやアカカミアリの毒に対する反応は人によって大きく異なります。刺された直後20~30分程度は安静にして、体調に変化がないか注意しましょう。なお、急激に容体が変化する場合は、すぐに病院に行きましょう。

  • 症状
    軽度
    :刺された瞬間は熱いと感じるような激しい痛みがあります。やがて刺された痕が痒くなり、その後膿が出ます。
    中度:刺されてから数分~数10分後に、刺された部分を中心に腫れが広がり、部分的または全身に痒みを伴う発疹(じんましん)がでることがあります。
    重度:数分から数十分の間に息苦しさ、声がれ、激しい動悸やめまいなどを起こし、進行すると意識を失う。これらの症状が出た場合は、重度のアレルギー反応である「アナフィラキシーショック」である可能性が高く、処置が遅れると生命の危険を伴います。
  • 対処方法
    刺された直後
    :20~30分程度は安静にし、体調の変化がないか注意して下さい。
    容体が急変した場合:体質によっては、重度の症状となる場合があります。容体が急変した時は、すぐに医療機関(救急受入のある病院が望ましい)を受診して下さい。その際、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性があること」を伝え、すぐに治療を受けてください。

現在までの県内の確認状況(ヒアリ・アカカミアリ)

参考資料:ストップ・ザ・ヒアリ(環境省)(PDF:1,995KB) 

特定外来生物「セアカゴケグモ」の調査について

 平成26年1月に南宇和郡愛南町で初確認され、県下で散発的に確認されていた特定外来生物「セアカゴケグモ」が、令和元年8月26日、新居浜市垣生において複数のメス成虫と卵のうが確認されました。同年年10月1日に同一地点において愛媛県では初確認となる特定外来生物「ハイイロゴケグモ」も確認されています。ハイイロゴケグモはメス成虫1頭のみで卵のうは確認されていません。生物多様性センターは新居浜市と合同で定期的なモニタリング調査を行っています。
 同年10月17日、松山市西垣生町においても複数のメスと卵のうが確認されたことから、松山市と合同で定期的なモニタリング調査を行っています。

  特定外来生物「カミツキガメ」の調査について

  平成16年頃から断続的に遺棄個体が県内で確認されていた特定外来生物「カミツキガメ」ですが、平成30年、今治市において同一地点で複数の個体が確認されました。生物多様性センターは、今治市と合同で定期的なモニタリング調査を行っています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部衛生環境研究所

〒790-0003 松山市三番町8-234 

電話番号:089-931-8757

ファックス番号:089-934-6466

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ