文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 特定疾患・難病 > 難病対策について > 小児慢性特定疾病の医療費助成制度について

ここから本文です。

更新日:2017年11月3日

小児慢性特定疾病の医療費助成制度について

平成26年5月に「児童福祉法の一部を改正する法律」が成立し、平成27年1月1日から新たな小児慢性特定疾病の医療費助成制度が始まりました。

主な、変更点は、1.対象疾病の拡大、2.月額自己負担上限額の金額・算定方法、3.指定医・指定医療機関の制度の導入です。

1対象疾病について

対象疾病は、小児慢性特定疾病情報センターらからご確認ください。

2申請手続きについて

認定基準がありますので、まずは主治医にご相談ください。認定基準について(外部サイト(小児慢性特定疾病情報センター)へリンク)

【必要書類】

(※生活保護受給者・血友病患者の申請は、保健所にお尋ねください。)

(様式)

【申請窓口】

お住まいの保健所に申請してください。保健所一覧(PDF:70KB)

3指定医・指定医療機関について

都道府県等が指定した指定小児慢性特定疾病医療機関で受けた小児慢性特定疾病に係る医療費が公費助成の対象です。

医療意見書(診断書)の作成は、都道府県等が指定した小児慢性特定疾病指定医に限定されます。

≪医療関係者の方へ≫

小児慢性特定疾病指定医・指定小児慢性特定疾病医療機関の申請等については、こちらをご覧ください。小児慢性特定疾病指定医の指定申請(更新)・変更・辞退等の手続きについて

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課 難病対策係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2404

ファックス番号:089-912-2399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ