文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 結婚・子育て支援 > ひとり親家庭 > 母子父子寡婦福祉資金貸付金における生活資金の利用について

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

母子父子寡婦福祉資金貸付金における生活資金の利用について

※この貸付金は、新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、子どもが在籍する保育所や学校等の臨時休校、事業所等の休業等により、保護者の就業環境が変化し、一時的に就労収入が減少し、日常生活に支障をきたすおそれがある場合、母子父子寡婦福祉資金貸付金のうち生活資金(うち生活安定貸付期間・失業貸付期間に係る貸付)を利用いただけます。

※利用していただける方は、ひとり親家庭(母子・父子家庭)の方及び寡婦の方です。

詳しくは、市(松山市を除く。)にお住まいの方は、各市福祉事務所へ、町にお住まいの方は、県地方局地域福祉課へお問い合わせ下さい。

松山市にお住まいの方は、松山市の福祉・子育て相談窓口へお問い合わせ下さい。

貸付対象者

母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦

制度概要(うち生活安定貸付期間・失業貸付期間に係る貸付を抜粋)

母子家庭又は父子家庭となって間もない(7年未満の)生活を安定・継続する間又は失業中の生活を安定・継続するのに必要な生活補給資金

貸付限度額一覧表(うち生活安定貸付期間及び失業貸付期間に係る貸付を抜粋)

5020304

 

お問い合わせ

保健福祉部子育て支援課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2411

ファックス番号:089-912-2409

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ