close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 人権 > 人権啓発 > インターネット上の人権問題について

ここから本文です。

更新日:2021年10月28日

インターネット上の人権問題について

インターネット上では、ホームページのような不特定多数の人々に向けた情報発信、SNSや電子掲示板等のような不特定多数の人々の間の受発信が行われており、近年、個人に関する情報の無断掲示、中傷や侮辱、差別を助長する表現等の掲載が問題になっています。

本ページでは、インターネットを利用する際の注意点や人権侵害などの被害に遭った際の相談窓口、愛媛県の取組みなどを紹介しています。

インターネットを利用する上での注意について

インターネットはとても便利なメディアである一方、その匿名性、情報発信の容易さを悪用し、他人のプライバシーを暴露したり、誹謗・中傷したりした場合、急速に様々なところに拡散する可能性があり、一旦拡散してしまうと、完全に削除することが困難です。書き込む前によく考え、自ら発信する内容には責任を持つ姿勢が必要です。

親子で考えてみよう!SNSとの上手なつきあい方

インターネット上の人権侵害に関する情報、相談窓口等について

インターネット上の誹謗中傷に関する相談窓口をご案内します。次の案内図をご覧いただき、ご自身の希望に沿った相談窓口をご利用ください。(案内図出典:法務省ホームページ)

sin

上記案内図のPDFはこちら(PDF:223KB) 

 

その他、人権相談は以下の相談窓口でも受け付けています。

(電子メールでお問い合わせの際は、タイトルに「人権相談」と記入してください。)

 愛媛県人権啓発センター 電話089-941-8037(平日8:30~17:15)

                 メールjinkentaisaku@pref.ehime.lg.jp

SNS等ネット中傷対策事業の実施について

SNS等インターネット上で、新型コロナウイルス感染症に関するものをはじめとした様々な差別や偏見、誹謗中傷が全国的に問題になっており、県、市町にとって被害者の救済、支援や防止対策が喫緊の課題となっていることから、各自治体におけるSNS等による人権侵害の対応力を強化するなど、対策の充実を図るため「SNS等ネット中傷対策事業」を実施しています。

第1回担当者ネットワーク会議を開催しました

SNS等による人権侵害に係る県及び市町の対応力を強化するため、関係機関の担当者によるネットワーク会議及び研修をWeb開催し、関係知識の習得、各機関の連携促進を図りました。

1 開催日時・方法

  • 令和3年6月2日水曜日13:30~
  • Web会議で開催 ※新型コロナウイルス感染症に係る感染防止対策のため、全員オンライン参加の開催

2 参加機関

  • 県(人権対策課、県民生活課、各地方局総務県民課、教育委員会事務局、義務教育課、高校教育課、人権教育課)
  • 市町(人権施策主管課・室)
  • 国(松山地方法務局人権擁護課、四国総合通信局電気通信事業課)
  • 県警察本部(サイバー犯罪対策課)
  • 人権団体(愛媛県人権対策協議会、愛媛県隣保館連絡協議会)

3 内容

(1)講演(演題)「SNS誹謗中傷/ネット差別 現状と今後の課題」 講師(一社)山口県人権啓発センター事務局長 川口泰司 氏

(2)質疑応答

(3)協議

 ア 事業概要及び対応マニュアル骨子(案)の説明《人権対策課》

 イ 国及び警察本部における対応概要の説明《松山地方法務局、四国総合通信局、警察本部》

 ウ 各市町の対応状況に関する情報交換

 エ 意見交換、質疑応答

【Web会議の様子】

5555 3

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部人権対策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2455

ファックス番号:089-934-4522

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ