close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 人権 > 人権啓発 > 人権問題研修講師紹介事業について

ここから本文です。

更新日:2021年8月20日

人権問題研修講師紹介事業について

人権に係る学習を支援する「人権問題研修講師紹介事業」を実施しています。
各種研修会、会議等にぜひご利用ください。(講師は、令和3年4月に新規講師を2名追加し、現在総勢32名となっています。)

令和3年8月11日から、新型コロナウイルス感染症に係る本県独自の警戒レベルが最高の「感染対策期」に引き上げられたことに伴い、より一層の感染防止を図るため、
令和3年8月19日から当面の間、オンライン講座も含め、受付けを中止しますので、ご理解をお願いします。

事業の概要

各種団体や企業・国・県・市町が行う研修会や会議等に、人権問題に造詣が深い講師を紹介し、身近な人権課題を学んでいただくものです。講演料、交通費は、主催者(申込者)の自己負担となります。

手続き

1 申込書に必要な事項を記入し、開催日の1ヶ月前までに、人権対策課へ郵送・FAX・メールなどで提出してください。
2 決定通知後は、具体的な研修内容・時間について、申込者が直接講師と打ち合わせてください。
3 研修会等が終わりましたら、報告書を、10日以内に人権対策課まで提出してください。

申込書・報告書(ワード:45KB)

申込書・報告書(PDF:81KB)

オンラインでの実施について

オンラインで研修を実施する場合は、次の事項にご留意ください。

1 申込書の実施方法の欄について、講師が直接現地に出向き、別室にてオンラインで研修を実施する場合には、「オンライン(主催者指定場所)」にチェックを入れてください。また、講師が自宅等から、オンラインで研修を実施する場合には、「オンライン(講師宅)」にチェックを入れ、使用するWeb会議システムを所定の欄に記入してください。
2 講師が使用する機材の準備や通信環境の整備は、申込者で行ってください。
3 県人権啓発センターでは、講師が使用する機材の貸出や通信環境の整備に係る支援は行っていませんので、御了承ください。
4 講師が使用する機材に係る費用やインターネット通信料などは申込者の負担となります。
5 Web会議システムについて、申込者が研修で使用するシステムを指定してください。研修当日は、申込者が講師をWeb会議システムに招待する形で研修を実施してください。

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策として、次の事項を研修開催の条件としますのでご留意ください。

1 参加人数
 〇(屋内)50人以内でかつ研修実施場所の収容定員の50%以内にすること。
2 感染防止対策
 3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)を回避すること。
 〇参加者間の距離をできるだけ2メートル(最低1メートル)あけること。
 〇室内の換気を適切に行うこと。
 〇講義中は、近接した距離での会話を控えること。
 〇会場に手指消毒用設備を備えること。
 〇参加者にマスク着用の徹底を実施すること。
3 参加者の管理
 〇熱があるなど体調不良の方は、参加させないこと。
 〇参加者の住所・連絡先を把握すること。

(感染防止対策チェックリストによりチェックすること。)
感染防止対策チェックリスト(ワード:17KB)
感染拡大防止チェックリスト(PDF:280KB)

事業を活用するうえでのポイント

研修分野

女性、子ども、高齢者、障がいのある人、同和問題、外国人、SOGI(性的指向・性自認)、人権一般等のテーマから検討してください。

どういう研修会にするか

研修の内容は、「女性問題」、「同和問題」といった漠然としたものではなく、日頃から感じていることや疑問に思っていることなど、具体的な内容を考えることが大切です。

どういう講師にするか

下の名簿を参考にしてください。氏名の下部のPDF表示をクリックすれば、プロフィールが表示されます。

要件

人権に関する学習であり、営利・宗教・政治を目的としないでください。

開催日・時間帯

土日、祝日及び夜間は、ご希望に応じかねる場合がありますので、申し込みの際にご相談ください。

研修会等の規模

1団体20名程度以上の集まりからご利用ください。
なお、少人数の場合は事前にご相談ください。

経費

申込者(企業、国、市町など主催者)の負担となります。

 

研修講師一覧

氏名

現職等

住所

指導分野

第1

第2

第3

石川 正一郎(PDF:93KB)

(元)松山大学教授

松山市

人権一般

子ども

いじめ・自殺

石田 伸一(PDF:100KB)

独立行政法人 国立高専機構 新居浜工業高等専門学校 講師 新居浜市 同和問題 被災者 人権一般

井上 治美(PDF:86KB)

精神障害者雇用 トータルサポーター

今治市

障がい者

(精神保健福祉)

-

-

井上 昌俊(PDF:102KB)

日本ボーイスカウト愛媛県連盟顧問

株式会社アーリーバード 会長

松山市

高齢者

女性

人権一般

江口 徹子(PDF:51KB)

えひめマナビィ人材データバンク 登録講師

四国中央市

同和問題・

人権一般

子ども(家庭教育)

女性

エディ(PDF:66KB)

レインボープライド愛媛 代表

松山市

性的マイノリティ

インターネットと

人権

HIV/エイズ

大野 まつみ(PDF:63KB)

NPO法人翼学園 理事長

松山市 子ども(いじめ・長期欠席・子育て一般) ヒューマニティ講話

-

小田 芳朗(PDF:48KB)

愛媛県人権教育協議会 委員 今治市 同和問題 人権一般

-

越智 やよい(PDF:106KB)

(元)愛媛県男女共同参画センター 館長 松山市 女性 被災者

その他(DV・デートDV、性暴力)

小野 敏信(PDF:94KB)

久万高原町 教育長 久万高原町 同和問題 学校での人権・同和教育 職場での人権・同和教育

菅 奈奈美(PDF:108KB)

NPO法人こころ塾 心理カウンセラー

松山市

自殺防止の人材育成(ゲートキーパー養成)

支援者のセルフケア 認め合うワーク

木城 香代(PDF:132KB)

四国エイズプロジェクト 代表

松山市

HIV感染者・障がい者・感染症と人権

子ども・高齢者

被災者支援

北野 賢三(PDF:56KB)

一般社団法人いきる 代表理事会長

松山市

障がい者

-

-

木下 敬幸(PDF:99KB)

(元)松山市石井公民館 館長補佐 松山市 高齢者・障がい者 人権一般 女性・子ども

近藤 誠(PDF:118KB)

認知症キャラバン・メイト
広域隣保活動相談員
(元)西条市人権擁護課長
西条市 高齢者(認知症・看取り) 子ども(子どもの成長、発達障害) 人権一般

塩見 志満子(PDF:36KB)

のらねこ学かん館長

西条市

子ども

障がい者

人権一般

鈴木 正幸(PDF:101KB)

鈴木社会福祉士事務所 代表

社会保険労務士法人ひなそよ 代表社労士

松山市

虐待防止(高齢者、障がい者、児童)

企業内の人権(ハラスメント及び両立支援)

-

 住野 秀志(PDF:97KB)  久万高原町生涯学習班 社会教育指導員  久万高原町

人権一般

同和問題

高齢者

武知 悦子(PDF:95KB)

絵本コーディネータ―・おはなし屋えっちゃん
おはなしCAFÉ主宰
松山市 子ども 障がい者 人権一般

竹本 道代(PDF:91KB)

 (公財)えひめ女性財団 常務理事

 愛媛県男女共同参画センター館長

松山市 女性 その他(DV、デートDV、性暴力)  -

田中 勝彦(PDF:59KB)

松山地区 保護司

松山市

刑を終えて出所した人の人権

犯罪被害者等

 ‐

中村 和憲(PDF:135KB)

食文化・料理研究家、

作曲家

松山市 人権一般 子ども インターネットと人権
鳴滝 久照(PDF:78KB)

大洲市久米公民館長

大洲市 女性 同和問題(中学生、高校生) 人権一般

西山 博(PDF:120KB)

みんなで人権を考える会「ころん」 代表 今治市 同和問題 障がい者

高齢者

原 廣(PDF:42KB)

(元)今治市教育委員会 社会教育指導員 今治市 同和問題 子ども 人権一般

宮内 則人(PDF:45KB)

一万人の一人芝居 座長 四国中央市 同和問題 女性 子ども

宮本 美枝(PDF:82KB)

臨床心理士、スクールカウンセラー 松山市 不登校 子ども 思春期

村上 成道(PDF:56KB)

愛媛県人権教育協議会 委員

今治市

同和問題

ハンセン病と部落差別

人権一般

村上 進(PDF:121KB)

愛媛県人権教育協議会 代表幹事

西条市

同和問題

ハンセン病問題

人権一般

毛利 雅英(PDF:69KB)

(一社)はなぶさ会 理事長

松山市

児童発達障がいと療育について

高齢者(脳卒中後のリハビリ・生活について)

リハビリ・ケアと本人にあった住居改善

山本 克司(PDF:121KB)

修文大学健康栄養学部 教授

松山市

人権一般(人権の意味・歴史・体系)

高齢者(高齢者虐待防止)

認知症高齢者の人権と権利擁護

ルース・バージン(PDF:94KB)

(元)愛媛大学国際連携推進機構 特命教授

松山市

人権一般

外国人

-

現職等は令和3年4月1日現在のものです。

 

連絡先

愛媛県人権啓発センター(県庁人権対策課内)

〒790-8570松山市一番町四丁目4-2(県庁本館4F)

電話:089-941-8037

Fax:089-934-4522

Eメール:jinkentaisaku@pref.ehime.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部人権対策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2455

ファックス番号:089-934-4522

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ