愛媛県議会 > 県議会の活動 > 本会議 > 第332回(平成25年6月)定例会 > 石川 稔議員(社会民主党)

ここから本文です。

県議会の活動

第332回(平成25年6月)定例会

6月20日(木曜日)一般質問

石川 稔議員(社会民主党) 

1別子銅山をはじめとする産業遺産群を、観光というカテゴリーにとどまらず、今後どのように活用するのか。

2県資源循環優良モデル認定制度について

(1)県資源循環優良モデル認定制度を設け、その効果はどうであったのか。

(2)この制度で認定された優良リサイクル製品を普及、拡大し、県経済に寄与させるためには、部局横断的な取組みも必要と考えるがどうか。

3県職員の給与減額は行うべきではないと考えるがどうか。

4都市計画道路郷桧の端線のJR予讃線をまたぐ1km区間の整備状況はどうか。また、残りの1.4km区間の今後の整備の見通しはどうか。

5原発問題について

(1)拙速な新規制基準の施行よりも徹底した事故の原因究明を優先させるべきであるが、この新規制基準案に対する所見はどうか。

(2)原発におけるぜい性遷移温度についてどのように認識しているのか。

(3)原子炉内に異物が混入しその報告が大幅に遅れた問題について、所見を問う。

 

 

本会議質問者一覧表へ戻る

県議会の活動
本会議
委員会等
議員提案条例一覧
意見書・決議一覧
TOPICS