愛媛県議会 > 県議会の活動 > 本会議 > 第327回(平成24年6月)定例会 > 提出議案【議員提出の部】 > 北方領土の一日も早い返還実現を求める意見書

ここから本文です。

県議会の活動

第327回(平成24年6月)定例会

提出議案【議員提出の部】

北方領土の一日も早い返還実現を求める意見書

 択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島から成る北方四島は、歴史的にみても国際法に照らしてみても、疑う余地のない我が国固有の領土である。返還の実現は、戦後残された国家課題であり、全国民の永年の悲願である。
 しかしながら、戦後66年が経過した今もなお、ロシアの不法占拠の下に置かれていることは、誠に遺憾である。
 去る5月7日、ロシアのプーチン前首相が大統領に就任し、新政権が発足したが、プーチン大統領は、北方領土問題の解決については、「日ソ共同宣言」に基づく歯舞・色丹の2島返還による決着の姿勢を固持している。
 更に、ロシア政府は、北方領土における開発計画に外国企業の参画を呼び掛け、択捉島における建設工事に韓国企業を参加させるなど、北方領土の経済開発を加速する姿勢を見せている。
 これらの情勢は、歴史と法の正義を実現するために日本が求める4島返還とはあまりにも隔たりが大きく、また、第三国による北方領土での経済活動は、ロシアの管轄権を認めることとなり、我が国の立場からは、断じて容認することはできない。
 我が国とロシアとの真の友好、発展はもとより、アジア太平洋地域の平和と安定のためには、北方領土問題を解決し、平和条約を締結することが不可欠である。
 よって、国においては、北方領土の早期返還の実現を求める国民の総意と心情にこたえ、国際社会へのアピールやロシアとの外交交渉を強力に推進し、北方領土の一日も早い返還を実現するよう強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成24年7月10日
 愛 媛 県 議 会
提出先
 衆議院議長
 参議院議長
 内閣総理大臣
 外務大臣
 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)




意見書・決議一覧へ戻る

提出議案【議員提出の部】へ戻る

第327回(平成24年6月)定例会トップへ戻る

県議会の活動
本会議
委員会等
議員提案条例一覧
意見書・決議一覧
TOPICS