愛媛県議会 > 県議会の活動 > 本会議 > 第307回(平成20年6月)定例会 > 提出議案【議員提出の部】 > 難病患者の就労支援を求める意見書

ここから本文です。

県議会の活動

第307回(平成20年6月)定例会

提出議案【議員提出の部】

難病患者の就労支援を求める意見書

 障害者の雇用支援については、法制度の整備も進み、徐々にではあるが実を結んできている感がある一方、難病を抱える患者の雇用については、まだまだ進んでいないのが実状である。

 もちろん、これについては、病状によっては就労が難しいケースもあることも事実である。しかしながら、就労の意思と可能性を持つ多くの患者が、就労の機会を求め自らの能力を活かしたいと思っても、事業主の難病患者に対する理解不足、誤解、偏見などから、長期の就労が難しい実態があると思われる。

 よって、国におかれては、難病患者の就労を支援するため、次の事項について措置されるよう強く要望する。


1   難病患者の就労実態を調査し、その対策を構築すること。
2   難病患者の就労相談窓口を明確化するとともに、担当者が正しい認識を得られるよう研修等を行うこと。
3   事業主に対して、難病患者の就労に関する啓発活動を行うこと。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成20年7月10日

愛媛県議会

<提出先>
 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、厚生労働大臣

意見書一覧(平成20年度)へ戻る

提出議案【議員提出の部】へ戻る

第307回(平成20年6月)定例会トップへ戻る

県議会の活動
本会議
委員会等
議員提案条例一覧
意見書・決議一覧
TOPICS