close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 統計 > 統計BOX > 分野別データ > 平成26年全国消費実態調査 > 家計収支及び貯蓄・負債に関する結果概況(消費支出)

ここから本文です。

更新日:2018年1月10日

家計収支及び貯蓄・負債に関する結果概況(消費支出)

(平成27年12月公表)

1 消費支出

(1) 消費支出の推移

 本県の二人以上の世帯の平成26年9月から11月までの1世帯当たり1か月間の消費支出は266,173円で、平成21年の前回調査と比べると名目で△2.4%の減少、消費者物価の変動を除いた実質で△6.2%の減少となっている。二人以上の世帯の1世帯当たり世帯人員は、平成21年の3.02人から26年は2.99人に減少しており、1人当たりの消費支出に換算すると名目で△1.4%、実質で△5.2%の減少となっている。

 1世帯当たり消費支出の実質増減率の推移をみると、昭和39年42.0%、44年24.3%、49年29.6%、54年9.1%と伸びが続いたが、59年△0.3%と初めての減少となり、平成元年2.6%、6年4.4%と再び伸びが続いたものの、11年は△2.7%と減少し、16年は2.5%の伸び、21年は△7.2%の減少、今回26年は△6.2%の減少となった。

図1 消費支出の推移 -愛媛県・二人以上の世帯-

図1消費支出の推移

表1 消費支出の推移 -二人以上の世帯-

表1消費支出の推移

 

(2) 費目別構成比

 本県消費支出の10大費目別の内訳をみると、「食料」が66,227円(消費支出に占める割合24.9%)、「その他の消費支出(こづかい、交際費等)」が61,088円(同23.0%)、で、この2つで47.9%を占め、以下「交通・通信」39,758円(同14.9%)、「教養娯楽」22,972円(同8.6%)などの順となっている。

 各費目の消費支出に占める割合の推移をみると、前回調査より上昇したのは「食料」(2.2ポイント)、「交通・通信」(1.2ポイント)、「光熱・水道」(0.9ポイント)、「教育」(0.8ポイント)で、低下したのは「その他の消費支出」(△2.2ポイント)、「教養娯楽」(△1.3ポイント)「保健医療」(△0.8ポイント)、「住居」(△0.7ポイント)、「被服及び履物」(△0.2ポイント)となっている。「家具・家事用品」は構成比の増減なし。

 本県の各費目の消費支出に占める割合を全国と比べると、上回っているのは「その他の消費支出(こづかい、交際費等)」(2.7ポイント)、「光熱・水道」(0.3ポイント)、「食料」(0.2ポイント)、「家具・家事用品」(0.1ポイント)で、下回っているのは「教育娯楽」(△1.4ポイント)、「住居」(△0.8ポイント)、「交通・通信」(△0.5ポイント)、「被服及び履物」(△0.5ポイント)、「教育」(△0.2ポイント)、「保健医療」(△0.1ポイント)となっている。

 次に、本県の消費支出に占める食料の割合(エンゲル係数)24.9%の内訳(食料に占める費目別割合)をみると、「その他(菓子、飲料等)」17,795円(26.9%)、「外食」10,141円(15.3%)、「調理食品」8,189円(12.4%)、「野菜・海藻」7,542円(11.4%)、「肉類」7,193円(10.9%)、「穀類」6,951円(10.5%)、「魚介類」5,752円(8.7%)、「果物」2,663円(4.0%)の順となっている。

 食料に占める費目別割合の推移をみると、前回調査より上昇したのは「調理食品」(1.6ポイント)、「肉類」(0.7ポイント)、「外食」(0.1ポイント)で、低下したのは「魚介類」(△0.8ポイント)、「穀類」(△0.7ポイント)、「その他(菓子、飲料等)」(△0.4ポイント)、「野菜・海藻」(△0.3ポイント)、「果物」(△0.1ポイント)となっている。

 このように、前回調査と比べると、素材食品である「魚介類」、「穀類」などの割合が低下し、「調理食品」の割合が大きく上昇しており、全国でも同じ傾向がみられる。

 本県の食料に占める費目別割合を全国と比べると、上回っているのは「穀類」(1.4ポイント)、「肉類」(1.3ポイント)、「その他(菓子、飲料等)」(0.4ポイント)で、下回っているのは「外食」(△2.3ポイント)、「野菜・海藻」(△0.7ポイント)となっている。「果物」、「調理食品」は割合が同じである。

図2 費目別構成比の推移 -愛媛県・二人以上の世帯-

図2費目別構成比の推移

図3 費目別構成比 -二人以上の世帯(平成26年)-

図3費目別構成比

図4 食料に占める費目別割合の推移 -愛媛県・二人以上の世帯-

図4費目別割合の推移

図5 食料に占める費目別割合 -二人以上の世帯(平成26年)-

図5費目別割合

表2 消費支出とその内訳 -二人以上の世帯(平成26年)-

表2消費支出とその内訳

 

調査の概要に戻る

2 実収入に進む

お問い合わせ

企画振興部企画統計課 人口統計係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2266

ファックス番号:089-943-2322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ