close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 統計 > 統計BOX > 分野別データ > 2019年全国家計構造調査(所得に関する結果及び家計資産・負債に関する結果)の概要について

ここから本文です。

更新日:2021年5月21日

2019年全国家計構造調査(所得に関する結果及び家計資産・負債に関する結果)の概要について

総務省統計局は、令和元年10月から11月に実施した2019年全国家計構造調査の結果のうち、所得に関する結果及び家計資産・負債に関する結果を令和3年5月18日に公表しました。本県の概要は以下のとおりです。

2014年との比較は、2014年全国消費実態調査の結果を、2019年調査の集計方法により、遡及集計した数値を使用している。

本資料の図表について、金額及び構成比は表示単位に四捨五入してあるので、内訳の計は必ずしも合計に一致しない。

愛媛県の状況(前回=2014年調査)

(1) 所得概況

年間収入は485.9万円。2014年と比較して、1.5%増加

  • 総世帯の1世帯当たり2019年※¹の年間収入は485.9万円。2014年※²と比較すると1.5%の増加。
  • 世帯区分別にみると、勤労者世帯の年間収入は544.1万円、「勤め先収入」のうち「世帯主収入」が393.1万円、「世帯主の配偶者の収入」が72.7万円など。
  • 無職世帯の年間収入は307.6万円、うち「公的年金・恩給給付」が205.3万円、「勤め先収入」のうち「他の世帯員収入」が42.6万円など。
  • 二人以上の世帯の年間収入は597.8万円と、2014年に比べ、11.2%の増加(表1、図1)。

     ※1 2018年11月から2019年10月までの収入(税込)

     ※2 2013年12月から2014年11月までの収入(税込)

 

表1 所得構成別年間収入(総世帯及び二人以上の世帯)

hyou1

 

図1 世帯区分、所得構成別年間収入(総世帯)

zu1

(2) 金融資産概況

金融資産残高は、1116.6万円。2014年と比較して、6.4%減少

  • 総世帯の1世帯当たり2019年10月末日現在の金融資産残高※¹(貯蓄現在高)は1116.6万円。2014年※²と比較すると、6.4%の減少。
  • 金融資産残高を貯蓄の種類別にみると、「預貯金」は747.4万円、「生命保険など」は235.5万円、「有価証券」は122.1万円など(表2) 。

      ※1 「金融資産を保有していない世帯」を含む平均

      ※2 2014年11月末日現在

 

表2 貯蓄の種類別金融資産残高(総世帯)

hyou2

 

 

 

全国家計構造調査(調査地域:全国(県内全市町))(旧調査名:全国消費実態調査)

  • 調査目的:家計における消費、所得、資産及び負債を総合的に把握し、世帯の所得分布及び消費の水準、構造等を全国的及び地域別に明らかにすること。
  • 調査項目:収入及び支出、購入地域及び購入先 等
  • 調査期日:令和元年10月及び11月
  • 調査周期:5年
  • 県内調査区及び調査対象数:133調査区 1,339世帯

お問い合わせ

企画振興部企画統計課 人口統計係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2266

ファックス番号:089-943-2322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ