close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2021年9月2日

労働力調査

調査の概要

1 調査目的

労働力調査は、我が国における就業及び不就業の状態を毎月明らかにすることを目的としています。

2 調査の範囲及び調査対象

調査の範囲は、我が国に居住している全人口です。ただし、外国政府の外交使節団、領事機関の構成員(随員を含む。)及びその家族、外国軍隊の軍人・軍属(その家族を含む。)は除外されます。
この調査は標本調査として実施しており、国勢調査の約100万調査区から約2,900調査区を選定し、その調査区内から選定された約4万世帯(基礎調査票の対象世帯、特定調査票についてはうち約1万世帯が対象)及びその世帯員が調査対象となりますが、就業状態は世帯員のうち15歳以上の者(約10万人)について調査します。
なお、特定の世帯が続けて様々な調査の対象とならないように配慮されています。

3 調査の期日及び期間

調査は、毎月末日(12月は26日)現在で行います。

就業状態については、毎月の末日に終わる1週間(12月は20日から26日までの1週間。以下「調査週間」という。)の状態を調査します。

4 調査の方法

  • (1)調査員は、担当調査区内にあるすべての住戸(住宅やその他の建物の各戸で、一つの世帯が居住できるようになっている建物又は建物の一区画)を記入した名簿を作成します。この名簿から総務省統計局の定める方法により、指導員が所定数の住戸を選定します。選定された住戸について、そこに居住する世帯を調査します。
  • (2)調査は、基礎調査票と特定調査票の2種類で行います。基礎調査票については、2年にわたり同一の2か月を調査し、特定調査票については2年目2か月目のみ調査します。
  • (3)調査員は、調査週間の始まる前7日以内に、選定された住戸を訪問し、その住戸に住んでいる世帯(以下「調査世帯」という。)に調査票を配布して記入を依頼し、記入の説明を行います。また、調査週間の終了後3日以内に調査世帯を再び訪問し、記入内容を検査の上、調査票を収集します。
  • (4)調査票は、調査員から都道府県へ提出され、指導員が記入内容を検査した後、総務省統計局へ提出されます。

5 集計及び結果の公表

総務省統計局に提出された調査票は、独立行政法人統計センターにおいて集計されます。調査の結果は、インターネット、刊行物及び閲覧に供する方法で公表されます。

労働力調査の結果は、「基本集計」と「詳細集計」に分かれており、以下のような集計区分になっています。

集計区分

基本集計

【基礎調査票から集計される事項】
労働力人口,就業者数・雇用者数(雇用形態別(正規・非正規雇用者など),産業別,職業別など),就業時間,完全失業者数(求職理由別など),完全失業率,非労働力人口などの結果を毎月提供しています。

詳細集計

【特定調査票から集計される事項】
非正規の雇用者が現職の雇用形態についている理由,転職者数,仕事からの収入,仕事につけない理由,失業期間,就業希望の有無などの結果を四半期ごとに提供しています。

調査の結果 令和3年第2四半期(4~6月平均)結果

就業者数

就業者数
地域 令和3年
4~6月期
前年同期
(令和2年4~6月期)
対前年同期増減
愛媛県 671千人 682千人 -11千人
全国 6,672万人 6,651万人 +21万人
四国 184万人 186万人 -2万人

完全失業者数

完全失業者数
地域 令和3年
4~6月期
前年同期
(令和2年4~6月期)
対前年同期増減
愛媛県 14千人 13千人 +1千人
全国 209万人 194万人 +15万人
四国 5万人 5万人 ±0万人

完全失業率

完全失業率
地域 令和3年
4~6月期
前年同期
(令和2年4~6月期)
対前年同期増減
愛媛県 2.0% 1.9% +0.1ポイント
全国 3.0% 2.8% +0.2ポイント
四国 2.8% 2.7% +0.1ポイント


graph103Q2

完全失業率の推移

 

graph103Q2

 

 

(参考)
完全失業率等の推計の基礎となる「労働力調査」は、基本的には全国結果を推計することを目的としており、各県別の完全失業率等を推計するための「標本設計」とはなっていない。このため総務省の公表に当たっては、年平均各県別完全失業率等の数値は全国結果に比べて精度が十分ではなく、結果の利用に当たっては、十分、注意するよう付言されている。
(本県の労働力調査対象世帯 約780世帯/月)

毎年1~3月期平均公表時に、新たな結果を追加して再計算を行い、前年までの過去5年間の四半期平均及び年平均結果を遡って一部改定している。前年同月比は改定後の数値で算定している。

詳しくは総務省統計局のホームページ(外部サイトへリンク)でご覧になれます。
(全国結果や他の都道府県結果もご覧になれます。)

お問い合わせ

企画振興部企画統計課 人口統計係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2266

ファックス番号:089-943-2322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ