close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2018年1月10日

工業用水(従業者30人以上の事業所)

概要

平成22年中の従業者30人以上の事業所における1日当たりの工業用水使用量は412万立方メートルで、前年に比べ2.7%の増加となりました。

(1)産業別の状況

産業別に使用量を比較すると、「化学」が207万立方メートルで50.4%と最も高く、次いで「繊維」が62万立方メートルで15.0%、「パルプ」が60万立方メートルで14.5%となっており、この3産業で全体の79.9%を占めています。

1事業所当たりの用水量を比較すると、「化学」、「非鉄金属」、「繊維」などが高い利用量となっています。

産業別用水量構成比

(2)水源別の状況

水源別の用水量をみると、淡水、海水別では淡水が81.4%(335万立方メートル)、海水が18.6%(76万立方メートル)となっています。

さらに淡水を水源別にみると、回収水が71.2%(239万立方メートル)と最も高く、工業用水が22.6%(76万立方メートル)、井戸水が4.1%(14万立方メートル)と続きます。(上水道1万立方メートル、その他6万立方メートル)

水源別用水量構成比

淡水の水源別用水量構成比

(3)用途別の状況

淡水の用途別構成比を見ると、「冷却用水・温調用水」が76.2%(256万立方メートル)と最も高く、次いで「製品処理・洗浄用水」が19.5%(65万立方メートル)、「ボイラー用水」が2.7%(9万立方メートル)となっています。(原料用水0.5万立方メートル、その他5万立方メートル)

淡水の用途別用水量構成比

1日当たり用水量

エクセル表のダウンロード(エクセル:31KB)

愛媛の工業トップページに戻ります。

お問い合わせ

企画振興部企画統計課 経済統計係

〒790-0808 松山市若草町3-6 NTTコムウェア松山ビル 

電話番号:089-912-2269

ファックス番号:089-943-2322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ