close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2017年12月5日

生活経済圏域別(従業者4人以上の事業所)

概要

県内の「生活経済圏域別」(6区分)にみた事業所数、従業者数、製造品出荷額等は次のとおりです。

事業所数

構成比をみると、「松山圏」が959事業所で29.2%と最も高く、次いで「今治圏」が645事業所で19.6%となっており、この2圏域で全体の48.8%を占めています。

また、圏域別に昨年と比較すると、
「今治圏」で13事業所減(前年比-2.0%)となった他は、
「新居浜・西条圏」14事業所増(前年比+2.5%)
「松山圏」13事業所増(前年比+1.4%)などとなりました。

図14-1圏域別事業所数構成比

従業者数

構成比では、「松山圏」が27,532人で31.3%と最も高く、次いで「新居浜・西条圏」が18,673人で21.3%となっており、この2圏域で全体の52.6%を占めています。

また、圏域別に昨年と比較すると、
「松山圏」618人減(前年比-2.2%)
「今治圏」322人減(前年比-2.5%)
「新居浜・西条圏」316人減(前年比-1.7%)
などと、全ての圏域で減少となりました。

図14-2圏域別従業者数構成比

製造品出荷額等

構成比では、「新居浜・西条圏」が10,708億円で33.4%と最も高く、次いで「松山圏」が7,355億円で23.0%となっており、この2圏域で全体の56.4%を占めています。

また、圏域別に昨年と比較すると、

増加した圏域は、
「新居浜・西条圏」841億円増(前年比+8.5%)
「今治圏」496億円増(前年比+9.3%)
「宇摩圏」39億円増(前年比+0.7%)

減少した圏域は、
「松山圏」216億円減(前年比-2.8%)
「八幡浜・大洲圏」99億円減(前年比-7.2%)
「宇和島圏」52億円減(前年比-4.7%)
となりました。

図14-3圏域別製造品出荷額等構成比

表14圏域別、事業所数、就業者数、製造品出荷額等

項目

事業所数

従業者数

製造品出荷額等

圏域

15年

前年比

15年

前年比

15年

前年比

1事業所当たり

従業者1人当たり

(所)

(%)

(人)

(%)

(百万円)

(%)

(万円)

(万円)

県計

3,288

1.0

87,851

-2.1

3,201,811

3.3

97,379

3,645

宇摩圏

441

1.4

14,611

-1.4

581,347

0.7

131,825

3,979

新居浜・西条圏

569

2.5

18,673

-1.7

1,070,792

8.5

188,188

5,734

今治圏

645

-2.0

12,708

-2.5

582,110

9.3

90,250

4,581

松山圏

959

1.4

27,532

-2.2

735,451

-2.8

76,689

2,671

八幡浜・大洲圏

415

1.5

9,407

-2.3

127,269

-7.2

30,667

1,353

宇和島圏

259

2.8

4,920

-3.8

104,843

-4.7

40,480

2,131

エクセル表のダウンロード(エクセル:23KB)

図14-4圏域別事業所数、従業者数、製造品出荷額等構成比

図14-5圏域別事業所数、従業者数、製造品出荷額等の前年比

各圏域別の状況

  1. 宇摩圏
  2. 新居浜・西条圏
  3. 今治圏
  4. 松山圏
  5. 八幡浜・大洲圏
  6. 宇和島圏

BACK

お問い合わせ

企画振興部企画統計課 経済統計係

〒790-0808 松山市若草町3-6 NTTコムウェア松山ビル 

電話番号:089-912-2269

ファックス番号:089-943-2322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ