close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2017年12月12日

調査の結果(概要)

  1. 調査対象
  2. 調査結果の主な概要
    1. 発育状態
    2. 健康状態
      • (1)裸眼視力
      • (2)鼻・副鼻腔疾患
      • (3)むし歯
      • (4)アトピー性皮膚炎
      • (5)ぜん息

1 調査対象

愛媛県の調査実施校数及び調査対象者数表

2 調査結果の主な概要

1.発育状態

(1)身長(表1、図1)

  • ここ10年は横ばい傾向。
  • 男子は、7歳、10歳、13歳、15歳、16歳で前年度より増加、女子は、5歳、8歳、16歳、17歳で前年度より増加。
  • 男子7歳(122.4cm)、女子8歳(127.6cm)で過去最高値を更新。
  • 男子は全ての年齢層で、女子は8歳を除く年齢層で全国平均以下。
  • 平成21年度の身長を親の世代(30年前の昭和54年度の数値。以下同じ)と比較すると、最も差がある年齢は男子では12歳で2.9cm、女子では9歳で2.3cm高くなっている。

年齢別身長の平均値表

身長の平均値の推移グラフ

(2)体重(表2、図2)

  • ここ10年は減少傾向の年齢も見られる。
  • 男子は、10歳、15歳、17歳で前年度より増加、女子は、5歳、6歳、8歳、11歳、17歳で前年度より増加。
  • 男子は全ての年齢層で、女子は8歳、13歳及び14歳を除く年齢層で全国平均以下。
  • 平成21年度の体重を親の世代と比較すると、最も差がある年齢は男子では15歳で4.7kg、女子では8歳で2.1kg重くなっている。

年齢別体重の平均値表

体重の平均値の推移グラフ

(3)座高(表3、表4)

  • 男子は、6歳、11歳、12歳、14歳で前年度より減少、女子は、7歳、10歳、12歳、14歳、15歳で前年度より減少。
  • 男子は5歳を除く年齢層で、女子は8歳及び9歳を除く年齢層で全国平均以下。
  • 平成21年度の座高を親の世代と比較すると、最も差がある年齢は男子では14歳で1.6cm、女子では9歳で0.8cm高くなっている。
  • 身長に占める足の長さ(身長から座高を引いたもの)の割合を親の世代と比較すると、男子は、13歳以上の年齢層で親の世代より低下しており、女子は、14歳を除く年齢層で、親の世代より増加している。

年齢別座高の平均値表

身長に占める足の長さの割合表

(4)肥満傾向 児の出現率

  • 平成18年度以降低下している年齢が多くなっている。
  • 男子は17歳が12.85%、女子は16歳で11.21%と最も高くなっている。
  • 全国平均に比べて、男子は小学校低学年で、女子は中・高校で出現率が高くなっている。

年齢別肥満傾向児の出現率表

肥満傾向児の出現率の推移グラフ
(※平成18年度から都道府県別集計結果公表)

2.健康状態

(1)裸眼視力

  • 「裸眼視力1.0未満の者」の割合は、平成18年度から上昇傾向にあったが、中学校及び高等学校で前年度と比べると減少している。
  • 全国平均と比べると、幼稚園を除く学校種で高くなっている。

(2)鼻・副鼻腔疾患(蓄のう症、アレルギー性鼻炎等)

  • 高等学校で前年度より減少している。
  • 全国平均と比べると、幼稚園を除く学校種で低くなっている。

(3)むし歯(う歯)

  • 幼稚園を除く学校種で、前年度と比べると減少している。
  • 全国平均と比べて、幼稚園及び小学校で高くなっている。

(4)アトピー性皮膚炎

  • 小学校及び中学校で、前年度より増加。
  • 全国平均と比べて、全ての学校種で低くなっている。

(5)ぜん息

  • 幼稚園を除く学校種で前年度より増加。
  • 全国平均と比べて、高等学校を除く学校種で低くなっている。

主な疾病・異常被患率表

このページの最初へ戻る

戻る

お問い合わせ

企画振興部企画統計課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2265

ファックス番号:089-943-2322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ