文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年6月23日

令和2年5月農業・農村の動き

今治支局地域農業育成室

コロナ終息後を見据えた地産地消活動推進を協議

  • 地域農業育成室及び産地戦略推進室は、5月19日、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている農産物の支援を目的に、JA、市、県の関係者12名が出席して「第1回今治地区農産物地産地消緊急プロジェクトチーム会」を開催。
  • 県が新たに設置した「個別経営体支援チーム」も取組みについて周知するとともに、緊急支援として価格が暴落したさくらひめ等の花きについては今治地域内の官公庁・団体の職員による購入支援を継続することとした。
  • さらに、支局の提案により地元メディア「コミュニティFM」「今治ケーブルテレビ」の協力を得て、5~6月、花き生産者、JA・県の担当者が出席して今治産花き・花木のPRを行い消費拡大に努めることが決まった。
  • 今後、第2回チーム会を6月中旬に開催し、支援の具体策を検討する。

 地産地消プロジェクトチーム会

 プロジェクトチーム会

愛媛果試第28号(紅まどんな)の‘わかりやすい栽培指針’を作成

  • 地域農業育成室は、普及ビジョンにおいて愛媛果試28号(紅まどんな)の高品質果実生産を目指して指導している。
  • 農家から「紅まどんなの栽培形態別で、わかりやすい栽培指針を作成してほしい」との要望があった。
  • 愛媛果試第28号(紅まどんな)の栽培形態は、(1)通年被覆栽培、(2)簡易屋根掛け栽培、(3)露地栽培がある。
  • そこで当室では、一律の指導ではなく、きめ細かく農家に対応するため‘栽培形態別のわかりやすい栽培指針’を作成した。
  • この指針の特徴は、防除のみならず施肥や剪定などの作業を一体的にして、時期別に記載し、新規就農者やI・Uターン農家、定年退職就農者など‘初心者農家がわかりやすい’形式にしたものである。

 わかりやすい栽培指針

 わかりやすい栽培指針

サトイモ「伊予美人」増収・増益に向けて栽培始まる

  • 地域農業育成室では、土地利用型の高収益作物といて、機械化体系による省力化が可能なサトイモ栽培を推進している。
  • 管内JAの昨年度販売実績が約1.2億円であり、約1.8億円のキュウリに迫る主要品目である。しかしながら、新規導入者や大規模生産者も多く、栽培管理技術に未熟な点が見られることから、5月11日~13日に集落営農法人を含むサトイモ生産者8者(合計面積15ha、前年比3ha増)に対し、5~6月に重要な「土入れ」、「疫病の予防防除」等の栽培管理指導を行った。
  • 次回は栽培に最も重要な「灌水」と「適期防除」を中心に指導する予定であり、生産者の栽培管理技術が向上し、省力で高品質・安定生産に資するよう、定期的に栽培管理指導を行っていく。

 栽培管理技術を説明 現地圃場で「土入れ」を説明

 栽培管理技術を説明/「土入れ」を説明

今治支局産地戦略推進室

しまなみ産オリーブの栽培技術確立を目指して、実証試験スタート

  • 産地戦略推進室は、5月11日、今治市吉海町でオリーブ生産者6名に対して、令和2年度の技術実証内容を周知するとともに、害虫防除の薬剤散布を実演した。
  • しまなみ産オリーブは、平成26年から栽培が始まり、現在2haまで面積は拡大しているものの、栽培技術が未確立である。そこで、地域に合った病害虫防除のモデルを作成するための「病害虫防除の実証」等、栽培技術に係る3課題の実証を行う。
  • また、今年は花蕾数が昨年に比べ多く、大幅な収量増が見込まれることから、生産者の栽培意欲が高まっている。同室は、引き続き高品質安定生産技術を確立するように栽培指導を徹底する。

 生産者に実証内容を説明

 生産者に実証内容を説明

今治産花木・花きの需要拡大に向けた応援番組の制作支援

  • 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、販売が低迷している花木・花きについて、産地戦略推進室は地元での需要促進を目的に、今治ケーブルテレビ(今治CATV)に働きかけ、5月28日に応援番組の収録作業を行った。
  • 収録内容は、花木の活用例として、生産者と今治CATVレポーターによる今治産「ビブルナム・ティナス」、「ピットスポラム」等を使用した花木リースの作成、現地において生産者自身による「ビブルナム・ティナス」、「さくらひめ」等の栽培紹介や、普及指導員からの今治産花き・花木の生産、流通・販売の現状や支援に向けた取組み紹介等であった。
  • 生産者からは「花木の活用例をアピールすることで需要の創出につながる」、「きれいな花木リースをもっと地元の方にも知ってほしい」等の意見があり、番組放送へ期待を寄せていた。

 ケーブルテレビとの打ち合わせ 現地圃場での取材の様子

 ケーブルテレビとの打ち合わせ/現地圃場での取材の様子

お問い合わせ

東予地方局今治支局 地域農業育成室 農業振興係

〒794-8502 今治市旭町1-4-9 

電話番号:0898-23-2570

ファックス番号:0898-22-9724

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ