文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2019年8月19日

令和元年7月農業・農村の動き

今治支局地域農業育成室

今治南高等学校の県GAP取得支援

  • 地域農業育成室は、今治南高等学校の県GAP認証取得を支援するため、ブドウ及び水耕栽培のミニトマトでの申請に対し、GAPの考え方や必要な書類の作成について指導。
  • 将来の農業者となる生徒に対して、経営意識の高い農業者の育成を図るために指導をおこなったもの。
  • 7月17日に、農産園芸課による現地確認が実施され、是正事項の確認後、認証される。
  • 今回認証されれば、同校では昨年度の中晩柑「不知火」に続き、3品目の県GAP認証取得となる。

 GAP現地確認の様子

 現地確認の様子

若い女性農業者の経営参画講座スタート

  • 地域農業育成室は、就農して間もない女性農業者を対象に、経営参画講座を開催している。
  • 7月1日、今治農業女子メンバー10人が参加し、今治市上浦支所で第1回講座を開催。
  • レモン栽培を基本から学びたいとの要望から、しまなみ農業指導班の普及指導員から「レモン栽培の基礎」を学んだ。
  • 参加者からは、「寒波にあたって弱っている樹は、どこまで切り返していいのか?」など具体的な質問や、これから「養蜂」や「鳥獣害対策の防護柵」をやってみたいというメンバーもいたため、普及指導員が取組方法や手続き等を指導した。
  • 次回の講座では、アシストスーツの体験や税制度について学ぶ予定。

 講座の様子

 経営参画講座の様子

今治支局産地戦略推進室

花木ピットスポラムの挿し木試験結果が良好

  • 産地戦略推進室では、今年度から管内独自でピットスポラムの苗を安価に確保できる体制を構築するため、挿し木育苗試験を実施。
  • 4月にピットスポラム「マウンテングリーン」の枝1300本を、育苗箱に挿しこみ、7月まで経過を観察したところ、平均約7割の高い発根率があり、挿し木育苗試験結果は良好。
  • 引き続き、6月や9月挿しの試験と調査を行い、挿し木に最適な時期を明らかにする。 

 挿し木の様子 発根した枝をポットに鉢上げ

 挿し木の様子/発根した枝を3号ポットに鉢上げ

オリーブ栽培候補地検討会の開催

  • 産地戦略推進室は7月25日、新たに大島地域でオリーブ栽培を希望する個人や企業等が複数いることから、今治市吉海町において、市、農業委員会、地元NPO法人、地域おこし協力隊、県等の関係者10名を参集し、栽培候補地の検討を行った。
  • 事前に地域おこし協力隊員と県の担当者が現地を回り、大島地域内の耕作放棄地等を地図に転記した資料をもとに、周辺状況、気象条件、土壌条件等を踏まえた栽培候補地となる5団地を選定した。
  • 当室では、市やNPO法人等と連携し、栽培を希望する企業等の詳細な意向を確認のうえ、 栽培候補地の見学を実施する等のマッチング活動を行い、栽培面積の拡大に結び付ける。

 候補地の現地確認の様子

 候補地の現地確認の様子

お問い合わせ

東予地方局今治支局 地域農業育成室 農業振興係

〒794-8502 今治市旭町1-4-9 

電話番号:0898-23-2570

ファックス番号:0898-22-9724

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ