文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 河川・砂防・水資源 > ダムの運用 > 鹿森ダムにおけるサイレンパターンの変更について

ここから本文です。

更新日:2019年10月25日

鹿森ダムにおけるサイレンパターンの変更について

概要

鹿森ダムでは、令和元年10月24日より、異常洪水時防災操作時のサイレンパターンを変更しました。

解説

平成30年7月豪雨を踏まえ、住民に放流を伝える放流警報について、異常洪水時防災操作へ移行する際には、より切迫感を持って緊急性を伝えられるような警報手法に変更することが、国が設置した検討会(注1)で提言されたところです。

これを受け、鹿森ダム(新居浜市)では、試行的に異常洪水時防災操作の際のサイレンを通常時のパターンから変更することとしました。(サイレン間隔を短くする運用は、四国初)

サイレンパターン(放流開始前に約5分間吹鳴)

通常時(変更なし)

サイレン1(MP3File:4,725KB)

サイレンパターン通常時

異常洪水時防災操作時

サイレン2(MP3File:4,820KB)

サイレンパターン異常洪水時防災操作時

(注1)「異常豪雨の頻発化に備えたダムの洪水調節機能と情報の充実に向けて(提言)」平成30年12月異常豪雨の頻発化に備えたダムの洪水調節機能に関する検討会

参考情報

鹿森ダム管理事務所

Googleマップ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

東予地方局鹿森ダム管理事務所

〒792-0846 新居浜市立川町広瀬645-3 

電話番号:0897-41-6438

ファックス番号:0897-41-0891

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ