ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 行財政改革局 > 財政課 > 平成16年度6月補正予算案等に関する記者発表の要旨について

本文

平成16年度6月補正予算案等に関する記者発表の要旨について

ページID:0008704 更新日:2017年12月4日 印刷ページ表示

 

日時 16年5月31日 11時00分~

場所 知事会議室

平成16年度6月補正予算案等記者発表

(知事)
6月補正予算に関しましては、昨年度のように当初予算が骨格的な予算であった場合を除きまして、原則として編成しないという方針ではございますが、懸案となっておりました松山と上海を結ぶ航空路線について、7月15日に開設されることが確定したということが一つ。それから二つ目には、光センサー不正入札問題に伴い凍結されておりました国庫補助事業について、一部解除の見通しが立ったことから、早急に予算措置を講ずることとした次第であります。
予算の概要は、まず、上海便関係としましては、四国で初めてとなります中国への直行便の開設を契機に、松山空港の国際化に向けた積極的な支援を行おうとするものであります。具体的には、上海便の就航記念事業として、第一便の出発式や中国側要人も招待した祝賀会を開催いたしますほか、答礼訪問団の派遣等を行うことといたしております。
二つ目には、上海便と合わせてソウル便の利用促進を図りますため、県外からのバス団体利用客、県内高校の修学旅行、県内団体の国際交流活動に関しまして、新たな支援制度を創設いたします。
三番目に、中国からの観光客誘致のため、観光宣伝訪問団を派遣いたしまして、旅行会社への訪問や観光説明会を開催することとしております。このほか、上海便支援のため、松山空港ビルの施設使用料を減免いたします。
次に、農業関係といたしましては、生産活動に直接影響のある優良品種への改植や園内作業道の整備などについて、国との協議が整いましたので、従来の実施主体でありましたJAから、市町村等へ実施主体を変更して実施することとし、事業再開を待ち望んでおります生産農家の期待に応えることといたしました。
この結果、今回の6月補正予算額は双方合計いたしまして、一般会計で2億114万円となります。予算の発表は以上でございます。

 

(NHK)
答礼訪問団の派遣というのが上海便の関連であったが、訪問団はどのような編成で、いつ頃行う考えか。

 

(知事)
まだこれから日程の調整になりますが、本来ならば知事と日中議連の会長という形でかなり要請をいたしました前回のメンバーが行くのが一番いいのかなと思っておりますが、ちょっと知事の方の日程とのかみ合わせ、それから期間の問題等々ありますので、場合によっては副知事でお願いをするかなということで、まだ流動的でございます。

 

(NHK)
時期については、まだ決まってないのか。

 

(知事)
可能な限り、7月15日以降で早い時期ということを想定いたしております。全く日程の調整を、全然まだしておりませんので。

 

(テレビ愛媛)
園芸産地の方だが、これには八幡浜の分はもう既に入っているのか。

 

(知事)
今回の補正予算の方には計上して、議会に提案させていただきます。具体的には、執行問題としては、八幡浜市におきます市の職員の関与に関する、例えば処分等の措置その他がはっきりしたと言いますか、けじめが付いたということになって具体的に執行する、ですから八幡浜市の的確な対応を前提として予算には計上いたします。ですから執行時期が他の市町村と全く同時期かどうかは、八幡浜の今後の対応次第ということにかかります。 

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

AIが質問にお答えします<外部リンク>