ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健福祉部 社会福祉医療局 > 医療保険課 > 愛媛県国民健康保険運営方針

本文

愛媛県国民健康保険運営方針

ページID:0004396 更新日:2021年3月26日 印刷ページ表示

 市町村国民健康保険(以下「国保」という。)は、小規模保険者が多く財政が不安定となりやすいこと、被保険者の年齢構成が高く医療費が高い反面、所得水準が低く保険料収入が少ないといった構造的な問題を抱えています。

 このため、平成30年度から新たに始まった国保制度においては、国保への財政支援を拡充することにより財政基盤を強化するとともに、都道府県は、財政運営の責任主体として中心的な役割を担うこととなり、また、市町村は、地域住民と身近な関係の中、資格管理や保険給付、保険料率の決定、賦課・徴収、保健事業など地域におけるきめ細やかな事業を引き続き担うこととなりました。

 このため、平成30年度以降、共同保険者となる都道府県と市町村が一体となって、国保に関する事務を共通認識の下で実施するとともに、市町村事務の広域化や効率化を推進できるよう、本県においても、県が国保の運営に関する統一的な方針である「愛媛県国民健康保険運営方針」を策定いたしました。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

AIが質問にお答えします<外部リンク>