文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 農業振興 > エコファーマーの紹介

ここから本文です。

更新日:2019年7月1日

エコファーマーの紹介

愛媛県のエコファーマー紹介(産地事例)

愛媛県今治市くるしまエコえひめの会

組織のテーマ

環境に優しく消費者に安全と安心をお届けできるよう努力しています

JA越智今治くるしまエコえひめの会では、良質な堆肥と有機無化学肥料、有用微生物の使用により農薬5割減で、環境に優しく消費者に安全と安心をお届けできるよう努力しています。

経営の概要

組合員16名、栽培面積3.08ha

主な特徴

  • 良質な堆肥による土づくり
  • 有用微生物入り有機質資材の施用
  • マルチ栽培の実施
  • 全組合員が県エコえひめ認証を取得し農産物を供給

愛媛県愛南町チョットいいかもクラブ

組織のテーマ

合鴨と一緒に米づくり

チョットいいかもクラブは、平成4年から合鴨米栽培に取り組んでいます。合鴨米は、農薬や化学肥料を使用せず、合鴨による除草、害虫防除、有機100%肥料の使用が特徴です。収穫した合鴨米は「ゆうパック」や農産物直売所で販売され、大好評となっています。全会員が「エコファーマー」として環境に優しい農業に取り組み平成15年度環境保全型農業コンクールで「奨励賞」を受賞しました。

経営の概要

会員9名、栽培面積6ha

主な特徴

  • 合鴨が除草と害虫駆除
  • 緑肥作物としてレンゲを栽培
  • 有機100%肥料を使用
  • 種子消毒に生物農薬を使用

愛媛県久万高原町久万高原トマト部会

組織のテーマ

環境に優しい農業に取り組んでいます

JA松山市久万高原トマト部会では、良質な堆肥や有機物資材の投入による土づくりを徹底し、有機質肥料施用による減化学肥料栽培・生物農薬や被覆資材等利用による減農薬栽培に全部会員が取り組み、環境に優しく持続性の高い農業生産活動を推進しています。

経営の概要

部会員131名、栽培面積26ha

主な特徴

  • 堆肥、有機質資材投入による土づくり
  • 有機質肥料の施用
  • 被覆栽培、生物農薬、マルチ利用

愛媛県大洲市上須戒梨生産組合

組織のテーマ

安心して食べてもらえる梨づくりに取り組んでいます

上須戒梨生産組合では、「環境に配慮した安心・安全な高品質に梨づくり」を目標として、各種講習会を実施して会員間の意識統一を図り、交信攪乱剤を利用した減農薬栽培、良質な堆肥による土づくり、有機質肥料による減化学肥料を全会員が行っています。

経営の概要

組合員9戸、栽培面積6.3ha

主な特徴

  • 交信攪乱剤(性フェロモン剤)の利用による減農薬栽培
  • 良質堆肥利用による土づくり
  • 有機質肥料の施用

愛媛県大洲市トマト部会

組織のテーマ

環境に優しいトマト栽培に取り組んでいます

JA愛媛たいきトマト部会では、管内で生産される良質な堆肥による土づくり、マルハナバチによる受粉作業の省力化、有機質肥料等による減化学肥料栽培、生物農薬、天敵農薬等による減農薬栽培を全部会員34名が取り組み、自然と共存した持続的な農業生産活動を推進しています。

経営の概要

部会員34名、栽培面積6.9ha

主な特徴

  • 堆肥による土づくり
  • 有機質肥料の施用
  • 生物農薬、天敵農薬の使用
  • 寒冷紗、マルチ栽培の実施
  • 全部会員が県エコえひめ認証制度を取得し農産物を供給

愛媛県大洲市ピーマン部会

組織のテーマ

新鮮で安心なピーマン栽培に取り組んでいます

JA愛媛たいきピーマン部会では、管内で生産される良質な堆肥による土づくり、有機質肥料等による減化学肥料栽培、生物農薬等による減農薬栽培を全部会員14名が取り組み、自然と共存した持続的な農業生産活動を推進しています。

経営の概要

部会員14名、栽培面積0.58ha

主な特徴

  • 堆肥による土づくり
  • 有機質肥料の施用
  • 生物農薬の使用
  • マルチ栽培の実施
  • 全部会員が県エコえひめ認証制度を取得し農産物を供給

愛媛県大洲市スイカ部会

組織のテーマ

美味しくて安全なスイカ栽培に取り組んでいます

JA愛媛たいきスイカ部会では、管内で生産される良質な堆肥による土づくり、ミツバチによる受粉作業の省力化、有機質肥料等による減化学肥料栽培、生物農薬等による減農薬栽培を全部会員11名が取り組み、自然と共存した持続的な農業生産活動を推進しています。

経営の概要

部会員11名、栽培面積6.6ha

主な特徴

  • 堆肥による土づくり
  • 有機質肥料の施用
  • 生物農薬の使用
  • マルチ栽培の実施
  • 全部会員が県エコえひめ認証制度を取得し農産物を供給

愛媛県四国中央市土居地産地消推進委員会学校給食野菜部会

組織のテーマ

学校給食における地産地消と、五感で感じる食育に取り組んでいます

学校給食野菜部会では、地元で生産される良質堆肥を使った土づくりを基本に、減農薬・減化学肥料で栽培した安全な食材を、土居町の全小中学校の給食に提供しています。子供達に地元の農業を理解してもらいたい、野菜嫌いをなくしたいという、総合学習や学校給食交流会にも積極的に取り組んでいます。平成17年度までに部会員の内8人がエコファーマーの認定を受けており、全部会員が認定を受けられるよう努力しています。

経営の概要

部会員13名、栽培面積6.99ha(野菜7品目・果樹9品目)

主な特徴

  • 堆肥による土づくり
  • 有機質肥料の施用
  • 栽培履歴の記帳の推進
  • 学校給食への食材の提供
  • 月例会や研修会での技術研鑽
  • 地域ぐるみでの地産地消、食育活動

お問い合わせ

農林水産部農産園芸課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2565

ファックス番号:089-912-2564

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ