close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年12月22日

その他の業務・施策

 危機管理・パトロール・維持管理

公共土木施設パトロール、維持修繕管理業務

道路も時間の経過とともに傷んできます。道路にできたひび割れや凹凸などの危険箇所、破損劣化したカーブミラーやガードレールなどの付属施設がないか日常的にパトロールを行い、維持修繕を行っています。また河川や砂防などその他公共土木施設についても、自然災害等による被害の拡大を未然に防ぐため、亀裂や歪みなどの変状がないか定期的なパトロールを行っています。

パトロール車の写真 維持作業車の写真 パトロール車と維持作業車

ガードレール破損状況 右矢印 ガードレール修繕状況

冬季路面対策業務

冬場の山間部では降雪に見舞われることが度々見受けられ、降雪により道路路面には積雪や凍結が観測され、円滑な交通流を阻害しています。雪が降っても、日常生活、産業、経済が停滞しないよう迅速な道路除雪、融雪作業を実施し、安全で円滑な冬期交通を確保しています。

また、道路利用者への情報発信として、降雪・積雪量やチェーン規制などの交通情報を道路情報電光標示板やインターネット・携帯電話で情報提供しています。

除雪状況 除雪状況 電光掲示板による情報提供状況

災害発生時の危機管理、水防用務

台風や集中豪雨、地震などの非常時には、直ちに危機管理体制を配備し、迅速かつ正確な情報収集に努めています。また、万が一の災害・事故発生時に備え、応急体制の強化に取り組んでいます。

 

(被災直後)

 

(応急措置)

 

崩土発生状況

右矢印

応急措置の状況

(主)宇和三間線

(被災直後)

 

(応急措置)

 

崩土発生状況

右矢印

応急措置の状況

(一)滑床松野線

公共土木施設災害復旧業務

集中豪雨や台風等の自然災害によって崩壊した県管理公共土木施設について、崩壊発見後直ちに現地調査を行い、早期復旧を目指し取り組んでいます。

 
(被災状況)   (復旧状況)
護岸の被災状況 右矢印 護岸の復旧状況
(被災状況)   (復旧状況)
護岸の被災状況 右矢印 護岸の復旧状況
(被災状況)   (復旧状況)
護岸の被災状況 右矢印 護岸の復旧状況

 

お問い合わせ

南予地方局建設企画課

〒798-8511 宇和島市天神町7-1 

電話番号:0895-22-5211(代)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ