close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年3月3日

アートメイクによる危害について

アートメイクとは

いわゆるアートメイクとは、人の皮膚に針を用いて色素を注入することにより、化粧をしなくても眉・唇・アイライン等の色合いを美しく見せようとする施術をいいます。他にも、入れ墨、タトゥー、永久メイク等のさまざまな呼び方がありますが、危険性の高い行為であるので、医師免許を有しない者が業として行うことは、医師法違反にあたります。

美容所営業者の方へ

アートメイク等、人の皮膚に針を用いて色素を注入することは、美容行為ではなく医療行為ですので、美容所で施術することはできません。また、無資格者が施術したアートメイクにより、施術部の化膿、角膜の損傷、施術部の炎症等の危害が発生しています。

参考

「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて」厚生労働省(平成13年11月8日付け通知)(PDF:9KB)

「アートメイクの危害」独立行政法人国民生活センター(平成23年10月27日付け報道発表資料)(PDF:300KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

南予地方局生活衛生課

〒798-8511 宇和島市天神町7-1 

電話番号:0895-28-6108

ファックス番号:0895-24-6806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ