文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 環境 > 環境保全 > 四万十川(広見川、三間川)を守るため水田の代かきや田植え時には、泥水を流さないように注意しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年2月2日

四万十川(広見川、三間川)を守るため水田の代かきや田植え時には、泥水を流さないように注意しましょう!

四万十川の環境を守るため、下記のことに注意し、広見川や三間川に水田の代かきや田植えによる泥水が流れないようにしましょう。

  1. 畦畔や水戸口からの漏水がないよう、耕耘・代かき前に点検補修しましょう。
  2. 代かきは、浅水でおこないましょう。
  3. 濁り水や肥料成分が流れ出ないよう、田植時の落水は絶対止めましょう。
  4. 地域や近隣の方と話し合い、代かきや田植が1日に集中することのないよう分散させましょう。

浅水代かきの方法

春先の耕起は、晴れた日(田面が乾いた状態の時)におこないましょう。
砕土性を高め、土塊を細かくすることが重要です。

  1. 土面が70~80%見えている浅水状態で作業をおこなう。
  2. 浅水代かきをおこなうと、稲わらなどの浮き上がりを防止できる。
    また、均平度合の向上も図れる。
  3. 代かき作業後の入水については、ほ場の水保ちの良否と田植え日を充分考慮の上、必要最小限の入水量とする。

浅水状態

浅水状態(土面が70~80%見える)

代かきの様子

代かきの様子

お問い合わせ

南予地方局産業振興課

〒798-8511 宇和島市天神町7-1 

電話番号:0895-22-5211(代)

ファックス番号:0895-22-1881

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ