文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2018年1月12日

郷土料理の紹介【鯛めし】

鯛めし

鯛めしの写真

由来

鯛めしの歴史は古く、神功皇后の朝鮮出陣の頃には作られていたようです。瀬戸内海で育った鯛の味は格別で、その鯛を姿のままに炊き込んでいます。それは、皇后が鹿島明神に戦勝祈願した折、漁師たちから献上された鯛を吉兆と喜び、その鯛でご飯を炊いて供えたことからと伝えられています。

材料4人分

  • 米 2合
  • だし昆布 10cm
  • 鯛 200~300g
  • 塩 少々
  • 酒 大さじ1弱
  • 薄口醤油 大さじ1弱
  • 木の芽・三つ葉 好みで

作り方

  • (1)鯛はうろこを取り、内臓を取って皮に切り目を入れておく。
  • (2)米は洗ってザルに上げ、30分位置く。
  • (3)釜に(2)を入れ、乾いた布巾で拭いただし昆布を米の上に置き、(1)を乗せる。塩、酒、薄口醤油と水またはだし汁を加えて、普通に炊き上げる。
  • (4)炊き上がったら鯛と昆布を取り出す。鯛は骨を取り、身をほぐしてからご飯に混ぜ合わせる。

1人分の栄養量

1人分の栄養量

エネルギー

345kcal

たんぱく質

15.3g

脂質

2.8g

食塩

1.2g

メニュー

八幡浜保健所ホームページトップはこちら

一つ前に戻る

お問い合わせ

南予地方局八幡浜支局 企画課

〒796-0048 八幡浜市北浜1-3-37 

電話番号:0894-22-4111(代)

ファックス番号:0894-22-0631

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ