close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2018年1月12日

郷土料理の紹介【かんころ】

かんころ

かんころの写真

由来

南予の沿岸沿いでは、昔は米がとれにくく、もっぱらの主食は麦かさつまいもでした。しかし、芋はそのままだと長期貯蔵に適さないので、干して保存していました。その干し芋を使った料理が「かんころ」で、鍋の中で木杓子で練り炊きするときに発する音からこう名づけられたといわれています。

材料4人分

  • 切干いも 25g
  • 水 70cc
  • 小豆 7g
  • 砂糖 大さじ1+小さじ1
  • 塩 適宜

作り方

  • (1)小豆は数倍の水を加えて火にかけ、沸騰後はさし水をしながら弱火で固めに煮る。(皮が切れず、指で押さえればつぶれる一歩手前まで)
  • (2)切干いもは、ひたひたの水を加えて煮る。
  • (3)(2)が柔らかくなったら弱火にし、砂糖を加え、すりこぎで突きつぶす。(4)(1)と(3)を合わせ、味をなじませる。

1人分の栄養量

1人分の栄養量

エネルギー

36kcal

たんぱく質

0.5g

脂質

0.1g

食塩

0.1g

メニュー

八幡浜保健所ホームページトップはこちら

ページのトップへ

お問い合わせ

南予地方局八幡浜支局 企画課

〒796-0048 八幡浜市北浜1-3-37 

電話番号:0894-22-4111(代)

ファックス番号:0894-22-0631

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ