文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 農業振興 > 八幡浜地域の農業振興の取組み > 八幡浜地域室・産地室のフォトレポート

ここから本文です。

更新日:2019年7月11日

八幡浜地域室・産地室のフォトレポート

6月のフォトレポート

 

6月のフォトレポート

項目 写真 コメント
労働環境改善に向け意見交換 環境整備検討会

 

  • 地域農業育成室は6月18日と27日に、川上・真穴地区において柑橘園地の労働環境改善に関する検討会(市、町、農業委員会、青年農業者)を開催
  • 屋外トイレの設置状況やアシストスーツの活用等について現地調査や協議を行った結果、川上地区ではトイレ環境整備として、アルバイター等が認識しやすい色合いへの塗装や案内板の設置を、青年農業者が中心に実施することとなった
  • 収穫期の労力軽減に向け、比較的安価なアシストスーツ4着について、負担軽減を数値化する等の効果実証を進めることとなった
  • トイレの未整備地区については、設置場所や管理方法などの検討を行い、順次、整備していくこととした

 

第2回川田温州栽培研修会を開催 摘果講習会
  • 産地戦略推進室は6月25日、みかん研究所及び八幡浜市内圃場で川田温州の栽培講習会を開催
  • 当日は、川田温州生産者13名が出席し、みかん研究所の研究状況及び今後の対策について研修を受けた後、生産者の園地を巡回し安定着果対策についての状況確認を行った
  • 川田温州は隔年結果性が特に強いため、各自の栽培管理方法の違いによる結実状況等の確認と今後の管理について報告され、参加者で安定生産に向け意見交換した
  • JAにしうわの指導員も多数出席し、川田温州と同様に隔年結果性が強い石地温州への技術応用を検討する場にもなり、温州みかんの生産安定に向け一丸となって取組むこととなった
フィンガーライム産地づくり フィンガーライムのPR

 

  • 産地戦略推進室は6月11、12日に、東京事務所と連携して、フィンガーライムの飲食店への提案や生産者の商談会参画支援など東京での販売拡大活動を行った
  • 1日に訪問した飲食店3店では、冷蔵・冷凍の輸入果実に対して国産果実の年間安定供給への期待のほか、品質の良さや果肉の粒が出てくる楽しさなどを伝える工夫をしてはどうかとのアドバイスを得られた
  • 12日は、八幡浜市内の生産者(株)かじ坊として初の商談会出展となる「地方創生『食の魅力』発見商談会2019」(主催者発表来場者数2,816人)で、多数のバイヤーらにフィンガーライムを紹介
    試食で輸入との違いや品質を伝えたほか、チラシ(130部配布)やタブレットも活用して具体的な商品説明ができるよう工夫した
  • 商談会後に同社への問合せも増えており、当室は、今後も販売拡大活動や生産者と連携して栽培候補者の発掘を続ける

 

ニラの労働軽減とマッチした農福連携推進に向けて にら作業で農福連携

 

  • 産地戦略推進室は、高齢者等を対象としたニラの産地づくりを進めているが、出荷調製作業に時間を取られるため、栽培面積拡大のネックとなっている
  • 農福連携による労力確保を検討するため、西予市宇和町のニラ栽培農家が市内の障害者就労施設利用者を雇用し、ニラの出荷調製作業(そぐり作業)を行った
  • 作業のポイントを理解してスムーズかつ熱心な作業状況であり、今後も定期的に雇用を継続することになった
  • 今後、西予農業指導班では農福連携が可能な作業を検討し、JAひがしうわとも連携しながらマッチングを進めてゆく
     

 

 

 

お問い合わせ

南予地方局八幡浜支局 地域農業育成室

〒796-0048 八幡浜市北浜1-3-37 

電話番号:0894-22-4111(代)

ファックス番号:0894-23-1853

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ