文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 農業振興 > 八幡浜地域の農業振興の取組み > 八幡浜地域室・産地室のフォトレポート

ここから本文です。

更新日:2019年9月12日

八幡浜地域室・産地室のフォトレポート

8月のフォトレポート

 

8月のフォトレポート

項目 写真 コメント
スマート農業加速化実証気象ロボットの設置を終え、園地管理の「見える化」を検討 圃場設置したロボット

 

  • 愛媛県柑橘スマート農業実証コンソーシアム(県、JA、ICTベンダー)は、スマート農業加速化実証プロジェクトの一環として、圃場の気温や土壌水分等の環境データを、スマートフォンやパソコンなどからモニタリングできる気象ロボットの設置を、マルドリ温州みかん圃場や施設甘平圃場8園地で実施
  • 8月23日、圃場環境や栽培管理の「見える化」について検討会を開催し、実証農家や関係機関等関係者ら30人が出席
  • 気象ロボットのモニタリングシステムを用いれば、気象環境のほかに管理作業等の情報もクラウド上に集積することが可能であることから、圃場環境に応じた栽培管理の最適化を図っていくため、システムの使用や活用方法について検討を実施
石積み講習会(第2回シトラス講座)開催 石積み修復講習

 

  • 地域農業育成室は8月6~7日、第2回シトラス講座として、崩れた石垣の修復方法を学ぶ石積み講習会を開催
  • 講師は全国で石積みの技術を伝えている『石積み学校』の金子玲大氏と伊藤友宏氏
  • 講習会には、青年農業者や新規就農者ら延べ38人が参加。昨年の7月豪雨災害で崩落した石垣を修復しながら石積みの技術を学んだ

 

首都圏バイヤーのアドバイスで販路開拓を目指す バイヤーとの商談

 

  • 地域農業育成室は8月28日、松山商工会議所において開催された、首都圏販路開拓を目指した個別相談会に、5月に開催されたマーマレードアワード日本大会で金賞を受賞した高野地フルーツ倶楽部や、農産加工に取り組む一次産業女子2名とともに出席
  • 相談会では、首都圏百貨店のバイヤー3名に、商品の特徴、現在の販路等を説明し、販路開拓に向けた味の改良やデザイン、販路開拓の手法について指導を受けた
  • 8月29日には、首都圏バイヤーが管内の(株)ニュウズ、生産加工農家を訪問し、商品の製造状況や今後の商品販売について、意見交換を行った

 

フィンガーライム産地化に向けて 栽培講習会

 

  • 産地戦略推進室は8月27日、フィンガーライム産地化に向け、生産者や関係機関と連携して新規栽培候補者向けの説明会を開催
  • 様々な販売拡大活動を報告し、国産の人気が高く今後も需要拡大が見込まれることを伝えたほか、周年安定栽培に必要な施設の導入試算、補助事業活用等、新たに栽培を始めるにあたっての検討材料を提供
  • 参加者は、園地視察時も栽培や販売の現況について積極的に意見交換するなど、「前向きに栽培を検討したい」との声が多かった

 

     

 

 

 

お問い合わせ

南予地方局八幡浜支局 地域農業育成室

〒796-0048 八幡浜市北浜1-3-37 

電話番号:0894-22-4111(代)

ファックス番号:0894-23-1853

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ