close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 環境 > 環境保全 > 東温市学校給食センターのバイオマス(BDF)熱利用

ここから本文です。

更新日:2013年5月29日

東温市学校給食センターのバイオマス(BDF)熱利用

東温市学校給食センター

位置付

東温市総合計画・環境基本計画・地域新・省エネルギービジョン
公共施設のグリーン化プロジェクト新エネ導入・省エネ等環境配慮

所在地

東温市南方

供用開始

平成19年3月20日

1.新エネルギーの導入

1太陽光発電屋上に10kW設置(NEF所管フィールドテスト事業)

2バイオマスエネルギー

(1)バイオディーゼル燃料ボイラ3基設置(バイオディーゼル燃料使用実績162kl/年)、地下タンク5,000L設置

高効率蒸気貫流ボイラを採用し、使用燃料をA重油から、バイオディーゼル燃料に変更するため燃料噴射ノズルチップの改良を行い、

センサー・異常通報システムによる保守管理をしている。

東温市では、学校給食センターのバイオディーゼル燃料ボイラを利用することによるCO2排出削減分を「排出枠」としてクレジット化し、

東温市の子どもたちの食育に活用する「学校給食センターバイオディーゼル燃料利用プロジェクト」を展開している。

 

(2)B5混合軽油の導入、600L以下の簡易給油設備整備(グリーンニューディール基金活用)CO2削減効果約0.8t

給食配送車2t車2台と3t車2台(軽油使用量5,605L/年)

 

(3)暖房器具にペレットストーブ2基採用

2.環境配慮の工夫

1省エネ

  • 給湯設備循環ポンプのインバータ制御
  • 事務室への複層ガラス採用
  • 外壁や高温室への断熱材設置
  • (H20年度)玄関窓の遮熱フィルム
  • 残さの乾燥にボイラ排熱利用
  • 省エネ型蛍光ランプ採用
  • 蒸気バルブの断熱ジャケット

2職場環境

100%植物油の天然木材保護塗料採用

3リサイクル

  • 廃食油のBDF化の実施
  • 牛乳パックのリサイクル、食品残さ堆肥化の検討

3.関連計画等

  • 東温市食育推進基本計画に関連し、地場産給食(地産地消)の推進によるフードマイレージ削減→食の安全・安心、食物の輸送に係るCO2削減
  • 残さ物の堆肥化・農地還元、地産地消による循環農業システム構築

学校給食センター外観

学校給食センター外観

BDF対応ボイラ

BDF対応ボイラ

ペレットストーブ

ペレットストーブ

東温市廃食用油の循環図

 

東温市廃食用油の循環図

a

 

メニュー

  • お知らせ・新着情報
  • 環境政策に関する情報
  • 環境白書
  • リンク
  • 地球温暖化対策
  • バイオマス
  • 環境教育・学習情報
  • 環境アセスメント
  • 大気・水・土壌・化学物質
  • 関連情報

 

お問い合わせ

県民環境部環境政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2345

ファックス番号:089-912-2354

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ