文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年8月31日

「愛顔のえひめ9月号」特設ページ

花き研究指導室の紹介

農林水産研究所が開発した品種・技術

デルフィニウム「さくらひめ」

2002年から11年の歳月をかけて開発したデルフィニウムです。淡いピンクの可憐な花で、「さくら色」と愛媛の「ひめ」から「さくらひめ」と名付けられました。

さくらひめ

  • 2014年「日本フラワー&ガーデンショウ」一般来場者人気投票第1位・グランプリ受賞
  • 2014年「日本フラワー&ガーデンショウ」ジャパンデザイン特別賞
  • 2018年「台中フローラ世界博覧会」国際室内花きコンテスト切花部門第1位・金賞

花き研究指導室の業務

(1)花きの生産技術の開発

デルフィニウムなど有望品種の育成やバラの養液栽培、ビブルナム・ティナス、メラレウカなどの新たな枝物(生け花やフラワーアレンジメントに使う素材)の栽培技術の開発など

さくらひめ2バラ養液栽培

(2)生産、流通及び農業経営に関する研修

生産者や指導者を対象に専門技術研修の実施、研修生の受入

(3)生産、流通に関する情報の収集と提供

来訪者や研修参加者に対して、花き栽培に関する情報の提供

(4)有望新品種の育成及び栽培の改善に関する試験研究、調査、実証

花き新品種の育成、有望品種の栽培実証展示及び高品質安定生産に向けた技術開発

(5)イベントの開催及び花とのふれあいの場の提供

趣味の団体や県民に対する家庭や地域における花づくりや花の活用方法等についての研修・相談及び各種花イベントの開催
(1)趣味園芸教室
 ラン、鑑賞菊、バラ、山野草、ハーブ、クリスマスローズなど
(2)展示会
 洋蘭展、春蘭展、バラ展、カンアオイ展、菊品評会、山野草展、おもと展、カンラン展など
※新型コロナウイルス感染状況を鑑み、その都度行事予定にてお知らせいたします。
(3)「花とのふれいあいの場」・「花についての学習の場」の提供
 県民が花に親しみ、花について学習ができる憩いの場の提供
・立体花壇や花時計などの花壇の設置
・園芸相談:花に関する園芸相談を対応
・図書室:自由に閲覧可能

花時計

 

ページの先頭へ戻る

交通アクセス

交通アクセス

JR松山駅から公共交通機関ご利用の場合

  • 最寄駅から歩く場合(徒歩約30分)
    郊外電車横河原方面行きに乗り、「田窪(たのくぼ)」駅で下車。徒歩約30分。
  • 近くの駅からタクシーを利用する場合(タクシー約5分)
    郊外電車横河原方面行きに乗り、「見奈良」駅(近くに見奈良タクシーというタクシー会社有)で下車。タクシーで約5分。

自家用車をご利用の場合

  • 松山市内から約40分
  • 西条市内から約1時間
  • 高速利用の場合
    1.川内インターを出て左折
    2.2つ目の信号で左折し、国道23号線に入る
    3.右手に拝志小学校が見えてくるまで直進し、小学校を通り過ぎた後、2つ目の信号を右折(上に花き研修指導室方面を示した看板があります。)し、国道209号線に入る
    4.重信川にかかる橋の手前で左折し、土手に上らない方の道に入る
    5.すぐに建物が見えてくるため手前側の大きな門から入る

 

ページの先頭へ戻る

 

 





お問い合わせ

農林水産部農林水産研究所

〒799-2405 松山市上難波甲311

電話番号:花き研究指導室にお電話ください

ファックス番号:花き研究指導室にお願いします

【花き研究指導室】
〒791-0222
東温市下林甲2210番地1
電話番号:089-964-5867
ファックス番号:089-964-5396

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ