キャリアビジョン|教員採用情報サイト|愛媛県教育委員会

キャリアアップビジョン

キャリアアップについて

 

教員のキャリアステージ

 

求められる資質・能力

本県では、採用から退職までの教職生活を、成長の段階に応じて4つのキャリアステージに分けており、それぞれのキャリアステージのあるべき姿を示しています。
採用段階を経て、「基盤形成期」「資質・能力向上期」に当たる若年層教員には、子どもたちを魅了する豊かな人間性と崇高な使命感等の【人間力】、人々に信頼される【信頼構築力】、組織の一員として働く【組織力】、これらに支えられた教育のプロとしての【実践的指導力】が求められます。
これに加え、「資質・能力充実期」「資質・能力発展期」の中堅からベテラン教員には、チームワークを高める【組織力】や信頼関係を広げ深める【信頼構築力】が、さらに管理職には、全ての大人をも魅了する豊かな人間性と崇高な使命感に基づく、より高い【人間力】が求められます。これらの資質・能力は、教員のキャリアステージ全体を通して、学び続けることによって、身に付いていくものであり、そのためにも『学び続ける教員像の確立』が必要となっています。

研修制度について

本県では、採用初年度から資質・能力発展期まで、教職員研修体系に基づいて多様な研修の機会を用意しています。そのうち、基礎研修は、原則として全教員が年齢や在職期間等に基づいて受講するものです。それ以外の研修は、希望に基づいて受講が決定する希望研修と受講者が指定される指名研修に大きく分かれます。
ここで紹介する研修は全体の一部であり、配属される学校種や職により研修に違いがあります。

1 基礎研修

⑴ 初任者研修(新規採用研修)
採用初年度に、初任者を対象とした研修が1年間実施されます。総合教育センターに集合する研修を中心にして、県内各地で実施される研修や宿泊研修もあります。
また、各学校では、初任者指導教員や校内の先輩教職員の指導を個別に受け、基礎的な実践的指導力、教職員としての使命感を養成するとともに、幅広い知見を習得します。
⑵ フォローアップ研修
初任者研修に引き続いて、採用の2年目と3年目(県立学校及び養護教諭、栄養教諭は2年目のみ)に実施される研修です。授業研究、課題研究を通して実践的指導力を養います。
⑶ キャリアアップ研修Ⅰ
在職期間が5年に達した者を対象に実施される研修です。実践的な理論や技能を高める研修を行い、中堅教諭としての実践力を高め、教育のプロとしての力量を向上します。
⑷ キャリアアップ研修Ⅱ
キャリアアップ研修Ⅰを終えて35歳に達した者又は在職期間が10年に達した者を対象に実施される研修です。教科指導や生徒指導等について実践的な理論や技能を高める研修を行い、中堅教諭としての自覚と責任を持ち、資質や専門性の向上、指導力を高めます。
⑸ キャリアアップ研修Ⅲ
キャリアアップ研修Ⅱを終えて40歳に達した者を対象に実施される研修です。実践的な理論や技能を高める研修を行い、学校運営の中核を担う中堅教諭としての資質・能力の向上を図ります。
  • 2 職務別研修
    教務主任、生徒指導主事、進路指導主事などの主任等を対象とし、今日的課題についての理解を深め、各職務における指導力向上を図ります。県教育委員会の各課や各地域の小中学校を管轄する教育事務所などが実施します。
  • 3 課題別研修
    総合教育センターで実施され、教科等の指導や情報教育、生徒指導、特別支援教育などの分野で教育課題への対応と実践力の向上を図る研修です。受講者の希望による研修です。
  • 4 専門研修
    総合教育センターで実施され、専門的・特定分野に関する研修です。指名研修と希望研修があります。
  • 5 えひめ教師塾
    経験10年目までの教員や教員志望の大学生を対象に、休日を利用して行われる自主的な研修です。教職に対する情熱・使命感を高めるとともに、教員としての実践的指導力の向上を図ります。
  • 6 派遣研修
    愛媛大学や県外大学の大学院への派遣、民間企業等で勤務を体験する長期社会体験研修、文部科学省や教職員支援機構が主催する各種研修会、総合教育センターに派遣され研究を行う長期研修(小中学校)、短期研修(高校)があり、それぞれの派遣先で専門的な研究や活動を通して、探究心や創造性、社会性を養います。

愛媛の先輩教員インタビュー

小学校教員

2019年採用
築山 詩乃教諭
Q.
初任者研修を受講して、今、あなたの力になっていることはどのようなことですか。
A.
研修では、授業や学校生活で活用できる様々な指導方法を教えていただきました。まずは、それらを一つ一つ実践し、自分に合った指導法を極めていきたいと思っています。そして、実践を繰り返しながら一歩一歩理想の教師に近づいていきたいです。また研修では、他の初任者との情報交換もよい刺激になりました。
Q.
特に印象深い講座(研修内容)を教えてください。
A.
一番心に残っているのは、福祉施設での研修です。レクリエーションでは、どのように進行するか、準備物はどうするかなど、障がいのある方のことを考えながら、話合いを重ねました。当日は、利用者の方の笑顔をたくさん見ることができ、嬉しかったです。仲間と一つのものを創り上げる喜びと達成感を味わえた瞬間でした。
Q.
研修を受講する際の心構えについて教えてください。
A.
多くのことを学び、吸収しようとする謙虚な姿勢を持ち続けることが大事だと思います。初任者は、教員としては「1年生」です。先輩教員や子どもたちから学ぶこともたくさんあります。研修では、教えていただく先輩方に感謝の気持ちを忘れず、学んだことをしっかりと子どもたちに返そうという気持ちを持って臨みました。

中学校教員

2017年採用
福田 遼教諭
Q.
初任者研修を受講して、今、あなたの力になっていることはどのようなことですか。
A.
学習指導要領をしっかり読み、ねらいを理解した上で、授業を展開していく必要があることを教えていただきました。生徒にどのような力を身に付けさせなければならないのか、そのための授業はどうあるべきかを考えるようになりました。そのおかげで、授業を構成する力も少しずつ向上していると思います。
Q.
特に印象深い講座(研修内容)を教えてください。
A.
松山市野外活動センターでの宿泊研修です。仲間と協力しながら企画・運営を行いましたが、計画どおりにならないことも多く、自分たちの甘さを痛感しました。生徒たちの活動を有意義なものとするためには綿密な計画が必要であることや、トラブルの際に瞬時に考え、行動することが教師に求められることを実感できました。
Q.
研修を受講する際の心構えについて教えてください。
A.
主体的に学ぶということを意識しながら、研修に参加していました。研修内容について、事前に学習し、自分なりの考えをもって受講するようにしていました。生徒たちの主体的な学びを実現するためにも、教師自らが模範となるように積極的な態度で研修に参加することが大切だと思います。

高校教員

2012年採用 地元ケーブルテレビ局で1年間研修
黒田 利信教諭
Q.
研修ではどのようなことに従事しましたか?
A.
ケーブルテレビ局の編成制作部に配属され、有線テレビ放送事業に関わる業務に従事しました。ニュース制作業務では、社員の方にカメラの撮影技術や原稿制作のポイント、映像編集の方法などを丁寧に指導していただき、私が制作した映像や原稿が、徐々に実際のニュースで使われるようになり、最終的には一人でニュース制作ができるようになりました。主に学校や地域の行事、展示会などに出向き、1年間で約80本のニュースを制作しました。
また、地域のイベントの生中継や地元の幼稚園や学校の運動会や学習発表会の取材や映像の編集、音量調整やテロップの作成なども行いました。
Q.
研修でどのようなことを学びましたか?
A.
研修中は、教える立場から教えられる立場となり、積極的に行動しようと考えていても、失敗して迷惑をかけるのではないかという不安に駆られる経験をしました。学校でも、同じ心情の生徒がいると思いますので、今まで以上に、生徒とのコミュニケーションを図り、的確な指導や声かけをしたいと思います。
また、研修中に発生した豪雨災害の取材では、復旧・復興に向けて奮闘する被災者や支援するボランティアなど、多くの人々の思いに触れることができました。特に印象的だったのが、「地域の宝」である子どもたちのことを最優先で考える大人たちの姿です。その子どもたちの教育に関わる教師は、幸せな職業であるということや責任の重さを再認識しました。
1年間の研修で、教育現場だけでは学ぶことができないことや経験できないことに数多く触れることができました。この経験を教育現場で還元していきたいと思います。

ページの先頭へ