えひめの教育未来ビジョン|教員採用情報サイト|愛媛県教育委員会

えひめの教育未来ビジョン

教育長からのメッセージ

「えひめの子どもたちのために、
あなたの力を発揮してみませんか。」
愛媛県教育委員会教育長 田所 竜二

本県では、
①子どもが好きで、未来を担う子どもたちを育成しているという誇りと気概を持って教育にあたることができる人、
②愛顔(えがお)にあふれ、あいさつを大切にする人、
③仕事にも人にも誠実に向き合う人、

を求めています。
教職は、子どもたち一人一人の特性を伸ばし、未来を担う人材を育成する仕事です。今の教育が未来の社会を作るという点で、やりがいの大きな仕事です。また、他の職では味わえない魅力も多くあります。一つには、子どもたちが成長していく姿を間近で見られることです。もう一つは、先輩のアドバイスを受けながら、教材、教具、授業の方法等について研究し、自分自身が成長していけることです。子どもたちと向き合う時間を大切にして、信頼関係が深まることで、伸びゆく子どもたちから多くの喜びを享受できるでしょう。
愛媛県教育委員会は、一人一人にとって、教員としての人生が充実するよう様々なサポート体制を整えています。一例ですが、業務改善計画に基づき、教員のワーク・ライフ・バランスを一層推進しています。また、教員のキャリアステージに応じて、教員としてのスキルアップを強力にバックアップしています。学校におけるICT環境についても整備の充実を図り、時代に応じた授業実践への挑戦を応援しています。
納得できる教職人生を愛媛県でスタートしませんか。愛顔(えがお)があふれる学校づくりのために、共に歩むあなたの出願を待っています。えひめの子どもたちのために、あなたの力を発揮してみませんか。

愛媛県教育委員会の取組

「あなたのは、みんなの

愛媛県教育委員会では、愛媛県長期計画「愛媛の未来づくりプラン」を基に、
愛媛県教育振興に関する大綱における振興方針と連携を図りながら、毎年度、教育基本方針・重点施策を策定しています。

1.えひめジョブチャレンジU-15事業
中学生段階での望ましい勤労観や職業観の育成を図り、地域産業の魅力や地元で働くことのよさを実感することを目的に、全公立中学校と全県立中等教育学校(前期課程)で、5日間の企業職場体験や農林水産体験に取り組む事業です。
2.県立学校ICT活用教育環境整備事業
アクティブ・ラーニング型学習を推進し、生徒の情報活用能力を育成するため、全県立学校にWi-Fi環境と電子黒板を整備しています。全県立学校普通教室全室及び特別教室6室においてWi-Fi環境の下、タブレットやスマートフォンを活用しながらの授業展開が可能になります。
3.地域の魅力発信高校生サイクリング推進事業
サイクリングを通して高校生の健全育成を図るとともに、地域の自然環境や文化を学習することで、地域の魅力を発信できる人材を育成します。サイクリング推進リーダー校及び協力校において、サイクリストへのおもてなしや自転車の魅力PRを行います。

愛媛の先輩教員インタビュー

高校教員

2013年採用 保健体育
関本 祐太教諭
Q.
サイクリング推進リーダー指定校ではどのような取組を行っているのですか。
A.
今年度は、毎年行っているサイクリングイベントが3回目となり、180名余りの参加者と伯方分校生が一緒になって島内を巡りました。事前に生徒と一緒に伯方島の魅力を探したり、おもてなしの方法を考えたりして、地域理解・学校PRなど、小規模校ならではの学習に楽しみながら取り組めていると思います。他にも、他の自治体が主催するサイクリングイベントに参加したり、部活動の一環で生徒とサイクリングを楽しんだりと、日ごろから美しい景観を見ながら自転車に乗ることができる機会があることも嬉しく思います。
Q.
島しょ部の学校の魅力を教えてください。
A.
私が勤務している今治西高等学校伯方分校は、島内唯一の高等学校ですので、保護者や地域住民の方々からの関心が高く、地域の支えを励みに生徒たちが頑張っているところが魅力だと思います。私は野球部の監督をしていますが、地域の方が練習や試合を見に来てくださったり、差し入れをくださったりと、温かい思いやりの中で生徒がのびやかに活動しています。また、自然も大変豊かで、学校から見える夕日が海に反射してきらきらと輝く様子はとても美しいです。これからも、人のあたたかさや美しい自然などの愛媛の魅力を大切にしながら、生徒たちとともに成長していきたいと思います。

特別支援学校教員

2015年採用 特別支援
源代 えり教諭
Q.
えひめの教育のよさはどのようなところですか?
A.
瀬戸内の温暖な気候と同じように、人柄も温かい先輩たちが大勢いる愛媛県。豊富な地域資源・教材に恵まれた愛媛県だからこそ、できる教育があると思います。地域に残る伝統文化に子ども達と共に触れ、考えることで、自分自身の成長を日々実感しています。
また、多くの研修のおかげで、専門性を高め、知見を広めることができました。そこで出会った仲間と、学校・校種を越え、互いに助け合いながら、一丸となって子ども達の生きる力を育んでいます。これからも、その絆を大切に教育に携わっていきたいと思います。
Q.
将来の仲間に向けてメッセージをお願いします。
A.
教員になってから、様々な出会いがありました。子ども達はもちろん、県内外の先生方、地域の方々との出会いはかけがえのないものです。私はまだまだ未熟ですが、皆と助け合いながら日々の課題を解決していくことに、とてもやりがいを感じています。大変なこともありますが、それを乗り越え、成長を実感できた時の喜びは何にも代え難いものです。それは、周囲の協力や支え無くしては成し得ません。教員という仕事を通して、共に高め合い、喜怒哀楽を分かち合える仲間となれることを楽しみにしています。

ページの先頭へ