勤務条件/待遇|教員採用情報サイト|愛媛県教育委員会

勤務条件/待遇

勤務条件

給与(代表例)
初任給(令和元年12月20日現在)

試験区分
小学校教員・中学校教員
中学校・小学校教育職員給料表 2級 17 号給 211,854 円
高等学校教員・特別支援学校教員
高等学校等教育職員給料表 2級 5号給 211,854 円
養護教員・栄養教員
中学校・小学校教育職員給料表 2級 17 号給 211,854 円
高等学校等教育職員給料表 2級 5号給
211,854 円

注1 大卒の場合
注2 上位の学歴や職歴などがある場合には、一定の基準により加算されます。

手当
該当者に対して、扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当等が支給されます。
勤務時間・休日
勤務時間は、1週 38 時間 45 分です。
原則として、土曜日、日曜日、祝日のほか、
年末年始は休みです。
休 暇
有給休暇として、原則として1年間を通じて 20 日の
年次有給休暇のほか、
結婚休暇、夏季休暇などの特別休暇が付与されます。

福利厚生

  • 教職員住宅
    一部の学校に教職員住宅があります。なお、民間のアパート等を借りる場合には、家賃に応じて住居手当が支給されます。
  • 各種給付・貸付制度
    病気、けが、入院、結婚、出産などに対し、給付や祝金を受けられるほか、住宅、自家用車等購入のための貸付制度があります。
  • 健康管理
    全教職員を対象とした定期健康診断を年1回実施するほか、希望する教職員に対しては人間ドックなども実施しています。また、専門スタッフによる健康相談も実施しています。
  • 各種研修
    ライフプランセミナーや介護講座などの研修を実施しています。


働く環境について

1.業務負担軽減のためのICTの活用
学校では成績処理や出欠の管理、通知表や調査書等の文書の作成、保健管理や各種証明書の発行など様々な事務処理を行います。令和元年度から、全県立学校において校務支援システムが本格稼働し、在籍する生徒の様々なデータを一括管理することで、校内での確実な情報共有の促進や文書作成等の事務処理の効率化を図っています。
2.ワーク・ライフ・バランスを実現するための
様々な取り組み
校務支援システムが稼働したことにより、教職員が各自の端末PCから毎日の出退勤時刻等を入力できるようになりました。入力されたデータは、毎月、各教職員別の帳票で打ち出すことができるため、自分の勤務状況について振り返ることができます。また、勤務時間が可視化されたことにより、勤務時間の長い先生への声掛けや業務分担の見直しにもつながっています。

愛媛の先輩教員インタビュー

小学校教員

2008年採用
月岡 奏子教諭
Q.
育児休業の期間と復職の時期について簡単に教えてください。
A.
第1子、第2子の出産に伴い6年間、第3子の出産時に産休・育休をあわせて2年半取得しました。
令和元年度、4月より復帰しています。
Q.
育児休業(取得時、復帰時)について、職場でのバックアップ体制はどうでしたか。
A.
仕事の分担や量など負担がかからないように配慮していただき、スムーズに職場復帰することができました。昨今の働き方改革もあり、教員の働き方も10年前とは違って改善されてきているのを感じます。子育ての先輩方がたくさんいるので、「大丈夫?早く帰ってあげてよ。」と声をかけてくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。
Q.
子育てとの両立をしてみて、どのように感じていますか。
A.
「子育てと仕事の両立ができています!」と言えればよいのですが、教員に限らず、母親は超多忙です。しかし、母としての経験が教員としての今の自分に確実に生きていると感じます。

高校教員

1988年採用 情報教育課長
横山 聖教諭
Q.
勤務校におけるICTの活用状況について教えてください。
A.
本校では、全ての普通教室に電子黒板機能付きプロジェクターとホワイトボードが設置されています。また、授業を担当する教員全員にはタブレット端末が支給されています。この恵まれたICT環境の下、多くの授業で電子黒板が活用され、工夫を凝らした授業が行われています。今まで説明が難しかった内容も、動画や図表等を利用して理解を促すことができ、発展的な内容に触れる余裕も生まれました。板書にかかっていた時間を理解度の確認や個別指導に充てることもでき、積極的なICT活用で、「わかる授業」「効率の良い授業」「一人一人に目が行き届く授業」が可能になっています。
Q.
平成31年4月、全県立学校に校務支援システムが導入されたことにより、学校はどのように変わりましたか。
A.
生徒の各種データが校務支援システムにより一元管理されているので、データ入力の重複やデータの分散がなくなり、成績処理などの書類作成業務が効率化されました。また、大切な個人情報を、より安全な環境で扱っているという安心感もあります。さらに、今まで手書きであった指導要録などがパソコンで作成できるようになり、担任の先生の負担は大きく軽減されました。県内同一のこのシステムが、今後もさらなる教員の業務負担軽減につながるものと期待しています。

ページの先頭へ