close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 交通・道路 > 交通安全 > えひめ交通安全のひろば > えひめ交通安全のひろば(31年2月号)

ここから本文です。

更新日:2019年2月4日

 

 

えひめ交通安全のひろば(31年2月号)

平成31年2月1日発行
No.440

えひめ自転車安全利用フェスティバルを開催しました!

~愛媛県自転車安全利用促進条例5周年記念イベント~

平成31年1月13日、松山市総合コミュニティセンターにおいて、子供から高齢者まで楽しみながら自転車の安全利用について理解を深め、安全利用の輪を拡大するため、愛媛県自転車安全利用促進条例5周年記念イベントとして「えひめ自転車安全利用フェスティバル」を開催しました。

フェスティバルでは、以下のイベントが行われました。

「自転車ヘルメットdeおしゃれ愛顔川柳のコンテスト」の2次審査

「自転車ヘルメットdeおしゃれコンテスト」の各部門(キッズ、中・高校生、一般、シニア)で1次審査を通過した3名(合計12名)を対象として、ヘルメットを含めたコーディネートや正しいヘルメットの着用などをポイントとした2次審査を行い、各部門の最優秀賞者を決定しました。

また、「愛顔川柳コンテスト」の1次審査を通過した10作品を対象として、共感性や独自性等をポイントとした2次審査を行い、最優秀作品を決定しました。

審査員

  • 福井 琴樹(愛媛県防災安全統括部長)
  • 大野 拓朗(俳優)
  • 北野 順哉(株式会社マルク代表取締役)
  • 高畑 俊正(番傘川柳まつやま本社同人)
  • 作道 泰子(フリーアナウンサー)

表彰式では、入賞者全員に、表彰状・楯・賞金(高校生以下は、図書カード)・副賞が授与されました。

  • 賞金:最優秀賞1万円、優秀賞5千円(高校生以下は、図書カード)
  • 副賞:甘トロ豚ベーコン、紅まどんな、銘菓詰め合わせ、柑橘ゼリー

各部門の最優秀賞者、優秀賞者はこちら「自転車ヘルメットdeおしゃれと愛顔川柳のコンテスト」(外部サイトへリンク)

キッズ

「おしゃれコンテスト」2次審査の様子

表彰1

「おしゃれコンテスト」表彰式の様子

 

川柳コンテスト

「愛顔川柳コンテスト」2次審査の様子

インタビュー

「愛顔川柳コンテスト」表彰式の様子

愛媛県警察バイシクルユニットによる交通安全講話

愛媛県警察バイシクルユニットによる交通安全講話があり、自転車に関する道路交通法のクイズや県内の交通事故状況について説明がありました。

バイシクルユニット

愛媛県警察バイシクルユニットによる交通安全講話の様子

交通安全作文の発表

今治市立南中学校の越智清香さんによる交通安全作文「兄ちゃん、おかえり」(平成29年度交通安全子供作文集入選作文)の発表があり、会場は大きな拍手に包まれました。

作文

今治市立南中学校の越智清香さんによる交通安全作文発表の様子

市民アスリート北野順哉さんによる講話

市民アスリート北野順哉さんによる講話があり、「シェア・ザ・ロード」や自転車利用時におけるパーソナルスペース等について説明がありました。

北野さん

北野順哉さんによる講話の様子

俳優大野拓朗さんによるトークショー

俳優大野拓朗さんによるトークショーがあり、しまなみ海道をサイクリングされたことや自転車にまつわるエピソード等について紹介がありました。

大野さん

俳優大野拓朗さんによるトークショーの様子

当日はたくさんの方に御来場いただき、ありがとうございました!

南宇和自動車教習所で「高齢者等交通安全教室」が開催されました。

近年の急速な高齢化、高齢者の就業・社会参加等の活動の増大及び交通行動の多様化、生活の24時間化等を背景として、特に歩行中の高齢者の交通事故が増加し深刻な状況にあることから、高齢者及びその家族等の交通事故の防止を図ることを目的とした標記安全教室が、平成31年1月23日、南宇和自動車教習所で開催されました。

出席者

  • 愛南町在住の高齢運転者(65歳以上の自動車運転免許保有者) 約40名

主催

  • 愛媛県母の会連合会(事務局:愛媛県消防防災安全課)

協力

  • 南宇和自動車教習所
  • ホンダカーズ愛南

内容

  • 交通事故発生時の対応について(南宇和自動車教習所)
  • 教習車両を運転し、空走距離を学ぶ体験
  • 安全運転サポート車(自動ブレーキ、誤発進抑制機能)の乗車体験(ホンダカーズ愛南)

 

講義

教習所指導員による講義の様子

教習

安全運転サポート車の乗車体験の様子

参加した方からは「高齢による身体能力の低下が原因で交通事故を起こしてしまうかもしれない、ということを自覚することができた。今後の運転に活かしていきたい。」という感想がありました。

「愛媛県電動車いす安全登録制度」について

愛媛県内でも、多くの高齢者の方々が電動車いすを利用されているところですが、電動車いすに関連した交通事故の増加や、盗難、遺失事案の発生が懸念されています。

愛媛県交通安全協会では、盗難予防、盗難・遺失からの早期発見・回復や交通安全情報の提供等を目的として、電動車いす取扱業者等の協力のもと、全国で初めて「愛媛県電動車いす安全登録制度」を創設しました。

登録は指定登録取扱所(販売店、レンタル店、地区交通安全協会)で可能であり、登録費は無料です。

詳しくは下記愛媛県交通安全協会ホームページをご覧ください。

愛媛県交通安全協会「愛媛県電動車いす安全登録制度」について(外部サイトへリンク)

命を守るヘルメットを着用しましょう

県では、「愛媛県自転車の安全な利用の促進に関する条例」を施行し、ヘルメットの着用を、自転車利用者の励行事項に定めています。

県内においても、ヘルメットを着用していなければ死亡していたと推定される大きな事故が発生しています。

事故の概要

男性が自転車で道路左側を直進中、センターラインをはみ出して進行してきた普通乗用車と正面衝突しました。

男性は、頭部を普通乗用車のフロントガラスに打ちつけ転倒し、脊椎骨折・肺挫傷等の重傷を負いましたが、ヘルメットを着用していたため、頭部に大きな損傷はありませんでした。

フロントガラスの様子

被害者の頭部が強い衝撃で衝突し、フロントガラスが大きく損壊するとともに、天井ルーフも曲がっています。

自転車の様子ヘルメット

自転車は前後輪とも外れ、ハンドルも曲がっています。またヘルメットは右側頭部が割れています。

自転車事故で亡くなった方のほとんどが、頭部損傷が原因です。

自らの命を守るためにもヘルメットを着用して、安全運転に心がけましょう。

大切な命を守るヘルメット!チラシ(PDF:248KB)

万一、交通事故を起こしてしまったら・・・

『交通事故困ったときはまず相談』(PDF:11KB)
《県内の主な交通事故相談窓口一覧表に移動します》

2月の交通安全の日

2月20日(水曜日)は、第551回「交通安全の日」です。

推進重点

  • 積雪・凍結時の交通事故防止
  • 交差点の交通事故防止

2月の高齢者交通安全日

2月12日(火曜日)は第371回「高齢者交通安全日」です。

推進重点

  • 地域ぐるみによる横断歩道・交差点における保護・誘導活動の推進
  • 夜間外出時の反射材・明るい服装の着用促進

2月の自転車安全利用の日

2月12日(火曜日)は第68回「自転車安全利用の日」です。

推進重点

  • 車道左側設置の歩道通行の促進
  • 自転車損害賠償責任保険への加入促進

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部消防防災安全課 交通安全推進係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2321

ファックス番号:089-941-0119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ