文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 原子力防災情報 > 伊方発電所の異常通報連絡(平成30年10月分)及び異常の原因と対策(平成30年8月分)について

ここから本文です。

更新日:2018年11月12日

伊方発電所の異常通報連絡(平成30年10月分)及び異常の原因と対策(平成30年8月分)について

異常時通報連絡の公表文(様式1-2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常について(平成30年10月分)

平成30年11月12日
原子力安全対策推進監
(内線2352)

1_平成30年10月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。

[通報連絡の概要]

県の公表区分

異常事項

通報

連絡

年月日

概要

管理

区域

該当

国へ

報告

備考

A 作業員の救急搬送(3号機) 30年10月7日

伊方3号機の事務本館において、協力会社社員1名が体調不良を訴えたため、救急車にて病院に搬送することとした。

社員の汚染、被ばくはない。

当該社員は、原子炉格納容器内の作業予定であった。

当該社員は、事務所にて作業前のミーティング後、作業現場へ移動する途中の出入管理室(管理区域外)で体調不良を訴えたもの。

その後、病院で診察を受けた結果、「両下肢のしびれがあったが、改善傾向であり特に問題なし」との診断がなされ、本人は帰宅した。

当該協力会社社員は2日後出社した。

× 速報済

2_外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はありませんでした。

 

 

原因と対策の報告の公表文(様式2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常に係る原因と対策の報告について(平成30年8月分)

平成30年11月12日
原子力安全対策推進監
(内線2352)

1_四国電力(株)から、平成30年8月に発生した異常に係る原因と対策の報告がありましたので、お知らせします。

 

[報告書の概要]

県の公表区分

異常事項

発生

年月日

推定原因等

対策

C

緊急時対策支援システムへのデータ伝送の停止(2号機)(外部サイトへリンク)

30年8月27日

伊方1、2号機の中央制御室において、総合事務所の異常を示す警報が発信した。

状況を確認したところ、安全パラメータ表示システムにおいて、2号機プラント計算機から緊急時対策支援システム(以下、「ERSS」という。)へ伝送するパラメータ(以下、「2号機データ」という。)が不信頼表示となっていることを確認した。また、2号機データの伝送が直ちに復旧できないことを保修員が確認した。
調査の結果、プラント情報伝送回路のデータ伝送カードが2枚故障しており、故障要因は、カード内部に充てんされているシリコンオイルが流出防止剤の塗布ムラにより、染み出したことによって不足し、カード内部での光量の損失量が増加したものと推定した。なお、故障したデータ伝送カードは、故障の可能性のあった製造後7年未満のものであった。

また、1号機プラント計算機から放射線総合管理システム等までの伝送回路の警報機能については、1箇所又は2箇所の伝送異常でも別経路にて装置外部へ正常に伝送可能であれば、中央制御室に警報を発信させない設計としていたため、1枚目のカード故障を運転員等に知らせることができず、2枚目のカードも故障したことで2号機プラント計算機から外部への2号機データの伝送が停止し、ERSSへの2号機データの伝送が停止したと推定した。

(1)故障した2号機プラント計算機A系及び放射線総合管理システム等A系のデータ伝送カード2枚を、オイルレス型のデータ伝送カードに取り替えた。

(2)同様な事象の発生が否定できない光伝送回路にシリコンオイルを使用している同型のデータ伝送カードのうち、製造後7年未満のデータ伝送カード4枚(1号機プラント計算機A系、1号機プラント計算機B系、2号機プラント計算機B系及び放射線総合管理システム等B系)について、念のためオイルレス型のデータ伝送カードに取り替える。

(3)1号機プラント計算機から放射線総合管理システム等までの伝送回路の警報機能においては、1箇所の伝送異常で中央制御室に警報を発信しない設計となっていたことから、1箇所の伝送異常でも中央制御室に警報発信するよう、警報機能を追加した。

(4)データ伝送カードの不具合時に早期対応ができるように、今後も引き続きオイルレス型の予備品を保有する。

四国電力(株)伊方発電所において、平成30年10月までに発生した異常に係る原因と対策は、全て報告されております。

2_県としては、伊方発電所に職員を派遣し、対策が適切に実施されていることを確認しています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部原子力安全対策推進監

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2352

ファックス番号:089-931-0888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ