close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 原子力防災情報 > 伊方発電所の異常通報連絡(令和4年2月分)及び異常の原因と対策について

ここから本文です。

更新日:2022年3月10日

伊方発電所の異常通報連絡(令和4年2月分)及び異常の原因と対策について

異常時通報連絡の公表文(様式1-2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常について(令和4年2月分)

令和4年3月10日
原子力安全対策推進監
電話番号089-912-2352

1_令和4年2月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。

[通報連絡の概要]

県の公表区分

異常事項

通報

連絡

年月日

概要

管理

区域

該当

国へ

報告

備考

A

協力会社従業員の新型コロナウイルス2次感染

4年

2月

9日

伊方発電所に勤務する協力会社従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることを確認した。
当該従業員の接触者のうち、体調不良を訴えた者1名についてPCR検査を実施したところ、新型コロナウイルスに感染していることを確認し、発電所の従業員間で感染した可能性が高いものと判断した。(2次感染の可能性)
引き続き、保健所等の関係個所と調整し、更なる接触者の調査・囲い込み等の必要な対応を実施した。
その後、新型コロナウイルスの感染が確認された協力会社従業員2名の接触者のうち1名について検査を実施したところ、陽性であることを確認した。
その後の接触者の調査・検査にて、新たに2名が陽性であることを確認した。
更にその後の接触者の調査・検査にて、自宅待機している者の中から新たに1名が陽性であることを確認した。
感染を確認した協力会社従業員計6名は、運転・保修に関する業務に従事しておらず、また、四国電力(株)社員との接触もないため、本件による伊方発電所の運営及び安全性に影響はない。
その後も新型コロナウイルスの感染が確認された協力会社従業員6名の接触者51名の調査・検査を実施していたが、全員が陰性であることを確認した。このことから、本件についての調査は終了した。
引き続き、新型コロナウイルス感染防止対策を確実に実施する。

×

速報済

  

2_外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はありませんでした。

  

 

原因と対策の報告の公表文(様式2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常に係る原因と対策の報告について

令和4年3月10日
原子力安全対策推進監
電話番号089-912-2352

今回、四国電力(株)から異常の原因及び対策に係る報告はありませんでした。

令和4年1月7日に発生した「エタノールアミン排水処理装置ガス希釈ファンの不具合」及び1月18日に発生した「雑固体焼却炉建家空調装置の不具合」については、現在、四国電力(株)において調査中であり、「伊方原子力発電所異常時通報連絡公表要領」に基づき、原因と対策の報告書を受理後、来月以降に公表します。

お問い合わせ

県民環境部原子力安全対策推進監

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2352

ファックス番号:089-931-0888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ