close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 原子力防災情報 > 伊方発電所の異常通報連絡(令和3年7月分)及び異常の原因と対策について

ここから本文です。

更新日:2021年8月10日

伊方発電所の異常通報連絡(令和3年7月分)及び異常の原因と対策について

異常時通報連絡の公表文(様式1-2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常について(令和3年7月分)

令和3年8月10日
原子力安全対策推進監
(内線2352)

1_令和3年7月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。

[通報連絡の概要]

県の公表区分

異常事項

通報

連絡

年月日

概要

管理

区域

該当

国へ

報告

備考

A

伊方発電所における過去の保安規定不適合(3号機)

3年

7月

2日

伊方発電所構内に設置している気付事項登録BOXに投函された事案について、四国電力(株)社内のコンプライアンス推進委員会により、調査状況の報告があった。
この報告によって、伊方発電所で過去に四国電力(株)元社員(現在は退職)が、宿直勤務中に無断で発電所外へ出ており、その間、一時的に伊方発電所原子炉施設保安規定に定める必要な要員数を満たしていない時間帯があったことが判明した。
本事案によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。
その後、現在の宿直体制を開始以降の全宿直者の外出有無の調査及び宿直業務従事者への聞き取り調査並びに発電所全従事者への申告調査が実施され、コンプライアンス推進委員会から、本事案と同様の事案は確認されなかったとの調査報告を受け取った。
今後、本報告を踏まえ、実効性のある再発防止策を検討する。

×

速報済

C

地震の観測(1,2,3号機)(外部サイトへリンク)

3年

7月

8日

伊方発電所において、6ガル(1号機)、5ガル(2号機)及び7ガル(3号機)の地震を感知した。
伊方発電所1、2、3号機に異常はない。(中央制御室でプラントパラメータを確認)
地震による環境への放射能の影響はない。

- ×

今回公表

C

火災監視用サーモカメラの異常信号の発信(3号機)(外部サイトへリンク)

3年

7月

9日

伊方発電所3号機中央制御室に火災報知設備の異常を示す信号が発信した。
運転員にて現地制御盤を確認したところ、屋外84mに設置している火災を監視するカメラの異常を確認した。
なお、現地にて火災の発生はなく、本事象によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。
保修員が状況を確認した結果、当該カメラと中継盤の通信が正常でなかったため、カメラの電源切の後、再度、入とした。これにより、異常を示す信号がリセットし、当該カメラにより正常に温度を検知できることを確認した。
なお、上記の間においても、多重監視している炎感知器により火災を感知することが可能な状態であった。
その後、経過観察を実施し、再発せず正常に監視できていることから、通常状態に復旧したと判断した。

×

今回公表

C

作業員の負傷(3号機)(外部サイトへリンク)

3年

7月

15日

伊方発電所構内の屋外において、作業員1名がハチに刺されたため、協力会社所有の車にて病院に搬送した。
作業員の汚染、被ばくはない。
当該作業員は病院で診察を受けた結果、「左手背部蜂刺傷」と診断された。
その後、当該作業員は当日出社した。

×

今回公表

A 作業員の救急搬送(3号機) 3年

7月

16日

3号機のほう酸タンク3Bの点検作業において、作業員(協力会社)1名が負傷した。
・負傷の程度:頭部より出血あり
・意識の有無:有
・計画外被ばくの有無:無
・汚染の有無:無
・作業の状況:ほう酸タンク3Bの内部点検後、タンク内から外に出るため、梯子を上っていたところ、タンク内に転落し、頭部を負傷した。
このため、当該作業員は救急車により市立八幡浜総合病院に搬送した。
当該作業員は病院で診察を受けた結果、「頭部裂創」と診断され、縫合処置を受けた。
その後、当該作業員は当日出社した。
× 速報済
C

地震の観測(1,2,3号機)(外部サイトへリンク)

3年

7月

17日

伊方発電所において、9ガル(1号機)、10ガル(2号機)及び9ガル(3号機)の地震を感知した。
伊方発電所1、2、3号機に異常はない。(中央制御室でプラントパラメータを確認)
地震による環境への放射能の影響はない。
設備に異常のないことを確認した。

- ×

今回公表

C

総合排水処理装置の配管からの塩酸の漏えい(3号機)(外部サイトへリンク)

3年

7月

18日

伊方発電所3号機総合排水処理装置にて塩酸ガスの検知を示す信号が発信した。
その後、運転員がポンプ出口フランジ付近で塩酸の漏えいを確認した。
本事象によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。
その後、塩酸貯槽の出口ラインの弁を閉止することにより、保修員が漏えいの停止を確認した。塩酸の漏えい量は約30Lで発電所外部への流出はない。
漏えいした塩酸は回収し、総合排水処理装置にて処理した。

×

今回公表

C

空冷式非常用発電装置の始動用バッテリーの電圧低下(3号機)(外部サイトへリンク)

3年

7月

23日

伊方発電所3号機中央制御室に空冷式非常用発電装置4号の異常を示す信号が発信した。
このため、運転員にて現地を確認したところ、始動用のバッテリーの電圧が低下していることを確認した。
なお、本事象によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。
その後、空冷式非常用発電装置4号の始動用のバッテリーの充電を実施したが、完全に充電が完了するまでに時間を要することが判明した。
当該バッテリーを予備のバッテリーに取り替え後、空冷式非常用発電装置4号の起動試験で運転状態に問題がないことを確認し、通常状態に復帰した。

×

今回公表

C

作業員の負傷(3号機)(外部サイトへリンク)

3年

7月

30日

3号機の配管の修繕作業において、作業員1名が負傷した。
・負傷の程度:左手人差し指より出血あり
・意識の有無:有
・計画外被ばくの有無:無
・汚染の有無:無
・作業の状況:配管サポート切断作業中に、工具により左手人差し指を負傷
このため、当該作業員は協力会社所有車にて病院に搬送することとした。
当該作業員は病院で診察を受けた結果、「左示指末節骨開放骨折」と診断された。
当該作業員は、3日後出社した。
×

今回公表

令和3年6月20日に発生した「伊方1、2号機予備変圧器のガス検出警報発信」(7月12日公表済)については7月30日に復旧した旨、連絡がありました。

2_外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はありませんでした。

 

 

原因と対策の報告の公表文(様式2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常に係る原因と対策の報告について

令和3年8月10日
原子力安全対策推進監
(内線2352)

今回、四国電力(株)から異常の原因及び対策に係る報告はありませんでした。

令和3年5月23日に発生した「雑固体焼却設備排気筒じんあいモニタ制御装置の不具合」、6月20日に発生した「予備変圧器のガス検出警報発信」、6月30日に発生した「総合排水処理装置沈殿池壁面からの水漏れ」、7月2日に発生した「伊方発電所における過去の保安規定不適合」、7月9日に発生した「火災監視用サーモカメラの異常信号の発信」、7月18日に発生した「総合排水処理装置の配管からの塩酸の漏えい」及び7月23日に発生した「空冷式非常用発電装置の始動用バッテリーの電圧低下」については、現在、四国電力(株)において調査中であり、「伊方原子力発電所異常時通報連絡公表要領」に基づき、原因と対策の報告書を受理後、来月以降に公表します。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部原子力安全対策推進監

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2352

ファックス番号:089-931-0888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ