close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 原子力防災情報 > 伊方発電所における過去の保安規定不適合について(第2報)

ここから本文です。

更新日:2021年7月13日

伊方発電所における過去の保安規定不適合について(第2報)

令和3年7月13日
原子力安全対策推進監
(内線2352)

異常の区分

異常の区分

国への法律に基づく報告対象事象

有・

県の公表区分

A・B・C

外部への放射能の放出・漏えい

有・
[漏えい量-]

異常の概要

発生日時

令和3年7月2日8時45分

発生場所

1号・2号・3号・共用設備

管理区域内・管理区域外

種類

  • 設備の故障、異常
  • 地震、人身事故、その他

異常の内容

[異常の内容]

7月2日(金曜日)9時14分、四国電力(株)から、伊方発電所の異常に係る通報連絡がありました。その概要は、次のとおりです。

  1. 伊方発電所構内に設置している気付事項登録BOXに投函された事案について、四国電力(株)社内のコンプライアンス推進委員会により調査を実施していたところ、7月2日(金曜日)8時45分、コンプライアンス推進委員会より、調査状況の報告があった。
  2. この報告にて、伊方発電所において、過去に四国電力(株)元社員(現在は退職)が、宿直勤務中に無断で発電所外へ出ており、その間、一時的に伊方発電所原子炉施設保安規定(以下「保安規定」という。)に定める必要な要員数を満たしていない時間帯があったことが判明した。
  3. 今後、詳細を調査する。
  4. 本事案によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。

[その後の状況等]

7月13日(火曜日)10時46分、四国電力(株)から、その後の状況等について、次のとおり連絡がありました。

  1. その後、引き続きコンプライアンス推進委員会にて、現在の宿直体制を開始した平成28年4月以降の全宿直者の外出有無の調査及び宿直業務従事者への聞き取り調査並びに発電所全従事者への申告調査が実施され、7月13日(火曜日)10時20分、コンプライアンス推進委員会から、本事案と同様の事案は確認されなかったとの調査報告を受け取った。
  2. 今後、本報告を踏まえ、実効性のある再発防止策を検討する。

伊方発電所及び周辺の状況

事象発生時の状況

原子炉の運転状況

1号機

廃止措置中

2号機

廃止措置中

3号機

運転中・停止中

発電所の排気筒・放水口モニタ値の状況

通常値・異常値

周辺環境放射線の状況

通常値・異常値

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部原子力安全対策推進監

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2352

ファックス番号:089-931-0888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ