close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 原子力防災情報 > 伊方発電所の異常通報連絡(令和3年5月分)及び異常の原因と対策について

ここから本文です。

更新日:2021年6月10日

伊方発電所の異常通報連絡(令和3年5月分)及び異常の原因と対策について

異常時通報連絡の公表文(様式1-2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常について(令和3年5月分)

令和3年6月10日
原子力安全対策推進監
(内線2352)

1_令和3年5月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。

[通報連絡の概要]

県の公表区分

異常事項

通報

連絡

年月日

概要

管理

区域

該当

国へ

報告

備考

B

雑固体焼却設備排気筒じんあいモニタ制御装置の不具合(共用)

3年

5月

23日

1、2号機中央制御室に雑固体焼却設備の放射線モニタの異常を示す警報が発信したため、保修員が現場を確認したところ、焼却炉排気筒のじんあいガスモニタ用サンプラの制御装置の不調を示す表示灯を確認した。
当該制御装置のリセット操作を実施したが、回復しなかったため、当該制御装置が故障していることを確認した。
異常警報発信時、雑固体焼却設備は停止中であり、本事象によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。
その後、現場調査を実施したところ、焼却炉排気筒じんあいモニタ制御装置の演算装置が収納された部品に不具合を確認したため、当該部品を新品に取替え、通常状態に復旧した。
なお、復旧までの間、放射線監視は仮設モニタで実施していた。

 

×

速報済

2_外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はありませんでした。

 

 

原因と対策の報告の公表文(様式2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常に係る原因と対策の報告について

令和3年6月10日
原子力安全対策推進監
(内線2352)

今回、四国電力(株)から異常の原因及び対策に係る報告はありませんでした。

令和3年5月23日に発生した「雑固体焼却設備排気筒じんあいモニタ制御装置の不具合」については、現在、四国電力(株)において調査中であり、「伊方原子力発電所異常時通報連絡公表要領」に基づき、原因と対策の報告書を受理後、来月以降に公表します。

お問い合わせ

県民環境部原子力安全対策推進監

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2352

ファックス番号:089-931-0888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ