文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 原子力防災情報 > 伊方発電所の異常通報連絡(令和元年8月分)及び異常の原因と対策(令和元年6月分他)について

ここから本文です。

更新日:2019年9月10日

伊方発電所の異常通報連絡(令和元年8月分)及び異常の原因と対策(令和元年6月分他)について

異常時通報連絡の公表文(様式1-2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常について(令和元年8月分)

令和元年9月10日
原子力安全対策推進監
(内線2352)

1_令和元年8月に、安全協定に基づき四国電力(株)から県へ通報連絡があった異常は次のとおりですので、お知らせします。

[通報連絡の概要]

県の公表区分

異常事項

通報

連絡

年月日

概要

管理

区域

該当

国へ

報告

備考

C

復水脱塩装置の配管フランジ部からの水漏れ(3号機)(外部サイトへリンク)

元年8月16日

伊方発電所3号機は定格熱出力一定運転中のところ、復水脱塩装置の配管フランジ部から水が漏れていることをパトロール中の運転員が確認した。
このため、漏えい箇所を隔離し、漏えいは停止した。
本事象による環境への放射能の影響はない。
漏えい箇所である復水脱塩装置アニオン再生塔内のイオン交換樹脂を洗浄する純水を供給する配管フランジ部を分解点検した結果、当該配管フランジ部のガスケットが損傷していることを確認したため、ガスケットの取り替えを実施した。
その後、当該配管に通水して漏れが無いことを確認し、通常状態へ復旧した。
なお、漏えいした水は純水で、建屋内にとどまっており、漏えい量は約20リットルと推定し、漏えいした水はふき取りを実施した。

×

今回公表

B 格納容器スプレイポンプフルフロー止弁の操作不能(3号機)(外部サイトへリンク) 元年8月16日

伊方発電所3号機は、定格熱出力一定運転中のところ、格納容器スプレイポンプ3A定期運転のため系統構成中のところ、格納容器スプレイポンプ3Aフルフロー止弁(CP-018A)の弁蓋と弁棒の隙間に弁誤開放防止用の鎖が噛み込み、当該弁の操作ができないことを保修員が確認した。
本事象による環境への放射能の影響はない。
その後、格納容器スプレイポンプ3Aフルフロー止弁(CP-018A)に噛み込んだ鎖は、工具を用いて外した。
引き続き、当該弁を開閉操作し、弁の機能に異常がないことを確認した。
今後、当該ポンプの定期運転を再開する。

×

速報済

C 純水装置の配管からの塩酸の漏えい
(1,2号機)(外部サイトへリンク)
元年8月26日

1,2号機の純水装置(屋外)の配管から薬品と思われる液体が漏えいしていることを運転員が確認した。
本事象による環境への放射能の影響はない。
塩酸移送ポンプの出口弁を閉止し、漏えい箇所付近の塩酸をふき取り、保温材を取り外した後、漏えいが停止していることを確認した。
漏えいした塩酸の推定量は約300リットルで、すべて純水装置のエリア内にとどまっており、敷地外への流出はない。漏えいした塩酸のウエス等による回収を完了した。回収した塩酸は、総合排水処理装置で処理した。
漏えい箇所周辺の塩酸ガス濃度を測定した結果、検出限界未満(1ppm未満)であり、塩酸ガスによる周辺環境の影響はない。

×

今回公表

令和元年7月23日に発生した「伊方1,2号機送電線自動復旧装置の異常信号の発信」(8月13日公表済)については8月21日に復旧し、令和元年7月17日に発生した「伊方1号機空冷式非常用発電装置の不具合」(8月13日公表済)については8月30日に復旧した旨、連絡がありました。

2_外部への放射能漏れや周辺環境放射線への影響はありませんでした。

 

 

原因と対策の報告の公表文(様式2)

伊方発電所から通報連絡のあった異常に係る原因と対策の報告について(令和元年6月分他)

令和元年9月10日
原子力安全対策推進監
(内線2352)

1_四国電力(株)から、令和元年6月他に発生した異常に係る原因と対策の報告がありましたので、お知らせします。

 

[報告書の概要]

県の公表区分

異常事項

発生

年月日

推定原因等

対策

C

純水装置の配管フランジ部からの水漏れ(1,2号機)(外部サイトへリンク)

元年6月29日

1,2号機の純水装置にて保修員が配管の流量計取り付けフランジ部(以下「フランジ部」という。)から再生用水(脱塩水)が漏えいしていることを確認した。このため、漏えい個所を隔離し、漏えいは停止した。
なお、漏えいした水は純水装置内のコンクリート床面にとどまっており、純水装置外への流出はなかった。漏えい量は約200リットルと推定しており、ふき取り回収し、1,2号機総合排水処理装置で処理した。
現場調査を実施した結果、フランジ部のガスケットが損傷していることを確認したため、ガスケットの取り替えを実施後、通水状態で漏えいのないことを確認し、通常状態に復旧した。
調査の結果、1,2号機純水装置更新工事で設置した時からガスケットがフランジの中心位置からずれ、ボルトに接触していた状態となっていたものと推定した。このため、長期にわたる再生用水ポンプの運転、停止による圧力変動により、ガスケットに偏った圧力が加わったことで、ガスケットのボルトに接触していた箇所に小さな亀裂が生じ、徐々に亀裂が進展し、貫通、漏えいに至ったものと推定した。

(1)ガスケットを新品に取り替えて復旧した。
なお、念のため、今回取り替えたガスケットはフランジ面の中心位置からずれが発生しにくいフランジボルトを通す穴を開けた全面フランジガスケットを使用した。
(2)1,2号機純水装置内の類似のフランジ部(115箇所)のガスケットについて確認を行った結果、水漏れ等の異常は認められなかったが、今回の事象と同様にフランジ中心位置からのずれや微小なひびが確認された6箇所のガスケットは、新品のガスケットに取り替えを行う。

C

復水系統水抜き作業中の排水枡からの溢水(1号機)(外部サイトへリンク)

元年7月29日

1号機のタービン建家において、廃止措置に伴う復水及び給水系統の水抜き作業を実施していたところ、タービン建家地下1階(管理区域外)の排水枡から復水系統の水が溢水していることを水抜き操作担当者が確認した。
このため、復水系統の水抜きのために「開」としていたドレン弁を直ちに「閉」とし、溢水は停止した。排水枡からの溢水量は約50リットルで、排水枡周辺のタービン建家床面に留まっており、ウエス等で拭き取り回収し、1,2号機総合排水処理装置で処理した。
今回の水抜き操作前に、溢水が発生した排水枡の状態は確認していないが、平成23年10月から今回の水抜き操作までの期間に水抜き操作を実施していないこと、及び事象発生後に他の排水枡の状況を確認した結果、鉄錆等による排水枡の閉塞は認められなかったことから、水抜き操作前は排水枡の目皿に鉄錆等はなかったと推定した。
本事象は、復水系統水抜き開始時に水抜き先の排水枡の状態を確認しなかったことにより、水抜き操作で排水配管から排出された鉄錆等によって排水枡の目皿が閉塞したことに気付けず、排水枡から常用排水ピットへの排水量が減少して溢水に至ったと推定した。

(1)溢水が発生した排水枡については清掃を実施した。
(2)水抜き操作前には、排水経路及び排水先の排水枡等を確認し、排水が良好に行えることを確認する。また、排水枡の閉塞等を確認した場合は清掃を行うように社内マニュアルを改正し明記する。
(3)水抜きに伴う排水配管内の鉄錆等により排水枡が閉塞するのを防ぐため、水抜き操作開始時及び水抜き流量増加時は排水枡監視者を配置し、ドレン弁操作者が排水枡監視者と連絡を取りながらドレン弁を徐々に開とする。
また、水抜き操作開始後及び水抜き流量増加後、しばらくの間は排水枡の状態を監視し、鉄錆等で排水枡の目皿が閉塞していないことを確認するとともに、異常時は直ちにドレン弁を閉止する。その後は、適時排水状況を確認する。
上記内容について社内マニュアルを改正し明記する。
(4)今回作成した操作手順書に「水抜き操作前に関係排水枡の状態を確認する。」及び「水抜き操作開始後及び水抜き流量増加後、しばらくの間は排水枡の状態を監視し、異常時は直ちにドレン弁を閉止する。」旨の内容を追加する。

令和元年7月17日に発生した「空冷式非常用発電装置の不具合」、令和元年7月23日に発生した「送電線自動復旧装置の異常信号の発信」、令和元年8月15日に発生した「復水脱塩装置の配管フランジ部からの水漏れ」、令和元年8月16日に発生した「格納容器スプレイポンプフルフロー止弁の操作不能」及び令和元年8月26日に発生した「純水装置の配管からの塩酸の漏えい」については、現在、四国電力(株)において調査中であり、「伊方原子力発電所異常時通報連絡公表要領」に基づき、原因と対策の報告書を受理後、来月以降に公表します。

2_県としては、伊方発電所に職員を派遣し、対策が適切に実施されていることを確認しています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部原子力安全対策推進監

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2352

ファックス番号:089-931-0888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ