close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2022年12月23日

空き家相談解決事例:相続

キーワード:相続人調査、相続人同意

事例1
分類 相談者
相続、除却 所有者の相続人
相談内容
土地・建物の名義人が亡くなっている空き家があり、老朽化しているため除却したいが、相続人が一部不明のためどうしたらいいか困っている。
相談結果
司法書士に依頼し、相続人調査を実施。相続人に文書を送付し、相続人全員の同意を取得し、除却。
事例2
分類 相談者
相続、除却 所有者の相続人
相談内容
亡くなった祖母が所有している空き家の一部が崩壊し、早急に対応したいと思うが、相続人が複数いるためどうしたらいいか困っている。
相談結果
司法書士に依頼し、相続人全員の同意を取得。補助金を活用し、除却。

【相続人調査、公正証書作成等に関すること】

愛媛県司法書士会(外部サイトへリンク)

愛媛県行政書士会(外部サイトへリンク)

令和6年4月1日から相続登記の申請が義務化されます!

※正当な理由がなく義務に違反した場合は、10万円以下の過料が科されることがあります。

令和6年4月1日以前に相続した場合も、不動産(土地・建物)の相続登記がされていないものは、義務化の対象になります。

相続登記申請義務化について(PDF:360KB)

登録免許税の免税について(PDF:839KB)

特定老朽危険空家等の除却に係る補助制度について(サイト内リンク)

※補助制度を活用し建物を除却した場合に、土地を一定期間売却できないことがありますので、詳しくは空き家所在地の市町に確認をお願いします。

【えひめマイホーム相談室】

一般社団法人愛媛県中小建築業協会(外部サイトへリンク)

愛媛リフォーム事業者名簿(PDF:5,321KB)

【空き家相談室】

NPO法人愛媛県不動産コンサルティング協会(外部サイトへリンク)

 

キーワード:相続財産管理人

事例3
分類 相談者
相続 所有者の相続人
相談内容
両親が亡くなり、空き家になった自宅を相続することになるが、相続人全員が県外に居住しているため相続放棄したい。
相談結果
司法書士に依頼し、相続人全員につき相続放棄放棄書類を作成し、家庭裁判所にて相続財産管理人を選定。

【相続人調査、公正証書作成等に関すること】

愛媛県司法書士会(外部サイトへリンク)

愛媛県行政書士会(外部サイトへリンク)

令和6年4月1日から相続登記の申請が義務化されます!

※正当な理由がなく義務に違反した場合は、10万円以下の過料が科されることがあります。

令和6年4月1日以前に相続した場合も、不動産(土地・建物)の相続登記がされていないものは、義務化の対象になります。

相続登記申請義務化について(PDF:360KB)

登録免許税の免税について(PDF:839KB)

【空き家相談室】

NPO法人愛媛県不動産コンサルティング協会(外部サイトへリンク)

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部建築住宅課

〒790-0004 松山市大街道3丁目1番地1 いよてつ会館ビル 5階

電話番号:089-912-2760

ファックス番号:089-941-0326

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ