close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2021年8月13日

インデックス2

 

問い合せはコチラ(電話・オンライン)

木造住宅の耐震化

耐震診断マニュアル

支援制度(補助金)

耐震改修補助マニュアル

出前講座・各種イベント

設計者の皆様へ

講習会(業者向け)

施工業者の皆様へ

木造住宅を耐震化するために

今後30年以内に発生する確率が70~80%とされている南海トラフ地震(地震調査研究推進本部(事務局:文部科学省研究開発局地震・防災研究課))は、南海トラフの巨大地震モデル検討会(内閣府中央防災会議)の報告によると、M9.0クラスの巨大地震となる可能性が指摘されています。

老朽化した木造住宅、特に旧耐震基準である昭和56年5月以前に着工した築30年以上の木造住宅は、大地震により倒壊の危険性が高く、倒壊によって人命を失わないためにも、早期に住宅の耐震化を図る必要があります。

 

T-01

T-04

T-06

T-05

T-07

 

T-02

T-04

T-08

 耐震診断(STEP1)

まずは、「耐震診断」!!

現在の住宅の耐震性を確認します。(建設当時の図面が残っていなくても構いません。)

★新制度導入!県内全市町で、耐震診断が3,000円から実施可能です。(手続きもカンタン!!))

問合せ等はコチラ

 耐震改修(STEP2)

次に、「耐震改修」!!

耐震診断の結果を基に、補強箇所等を検討(設計)し、耐震改修工事を実施します。

★補強工事に対し100万円(補助率4/5)を補助!さらに、補助金の『代理受領制度』を活用すると、初期準備費用を減額できます。

または、「耐震シェルターの設置」(設置工事に対し40万円(定額)を補助!)

 

  • 是非、市町の補助制度を利用し、住まいの耐震化をしましょう。

問合せ等はコチラ

 

愛媛県住宅耐震化緊急促進アクションプログラム

愛媛県では「愛媛県住宅耐震化緊急促進アクションプログラム」を市町と共同策定し、木造住宅の耐震化促進に取り組んでいます。

【令和2年度】 令和2年度愛媛県住宅耐震化緊急促進アクションプログラム(県及び市町共同策定)(PDF:133KB)

【令和3年度(NEW)】 令和3年度愛媛県住宅耐震化緊急促進アクションプログラム(県及び市町共同策定)(PDF:199KB)

えひめの土木トップページへ

えひめの建築・住宅

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部建築住宅課 建築指導係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2757

ファックス番号:089-941-0326

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ