文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 住宅 > 住宅情報 > 平成30年7月豪雨の発生に伴う仮設建築物の取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2018年7月20日

平成30年7月豪雨の発生に伴う仮設建築物の取扱いについて

平成30年7月豪雨により破損した建築物について、応急の修繕を行う場合や一定条件のもとで応急的な仮設建築物を建築する場合など、以下に掲げる要件を満たすものについては、建築基準法第85条第1項の規定に基づき、建築基準法の適用が除外されますのでお知らせします。
ただし、防火地域内に建築する場合を除きます。

1.対象区域

宇和島市 全域
大洲市 全域
西予市 全域
松野町 全域
鬼北町 全域

災害救助法の適用を受けた市町のうち、特定行政庁である今治市を除く。

2.対象建築物等

  • 災害により破損した建築物の応急の修繕
  • 国、地方公共団体又は日本赤十字社が災害救助のために建築するもの(応急仮設住宅等)
  • 被災者(企業等の法人を含む)が自ら使用するために建築するもので、延べ面積が30平方メートル以内のもの

3.工事着手時期

災害発生日から1か月以内(平成30年8月4日まで)に工事着手するもの
災害発生日(区域の指定日):平成30年7月5日

4.存続期間

建築工事を完了した後、3か月を超えて対象建築物を存続しようとする場合は、あらかじめ、特定行政庁(愛媛県知事)の許可(★1)を受ける必要があります。

(★1)安全上、防火上および衛生上支障がないと認められる場合で、2年以内の期限に限ります。

5.問い合わせ先

愛媛県土木部道路都市局建築住宅課 089-912-2757 全般
南予地方局建設部建築指導課 0895-23-2987 宇和島市(★2)、西予市、松野町、鬼北町
八幡浜土木事務所管理課建築指導係 0894-22-1550 大洲市

(★2)建築基準法第6条第1項第4号に掲げる建築物(主に、2F建以下の木造の戸建住宅等)は、宇和島市にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

土木部建築住宅課 建築指導係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2757

ファックス番号:089-941-0326

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ