文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 河川・砂防・水資源 > 災害対策 > 土砂災害警戒情報について > 土砂災害警戒情報及び土砂災害警戒情報を補足する詳細情報について

ここから本文です。

更新日:2014年9月20日

土砂災害警戒情報及び土砂災害警戒情報を補足する詳細情報について

土砂災害警戒情報及び土砂災害警戒情報を補足する詳細情報については「愛媛県河川・砂防情報システム」において公開しておりますので、下記リンク先をクリックして利用してください。

土砂災害警戒情報及び土砂災害警戒情報を補足する詳細情報(←クリック)

上記リンク先(愛媛県河川・砂防情報システム)では、ブラウザが Internet Explorer 10,11 では正常に動作しないため、下記に記載の方法により対処をお願いします。

「土砂災害警戒情報」及び「土砂災害警戒情報を補足する詳細情報」を利用するにあたっての留意事項

土砂災害警戒情報は、大雨警報発表後、大雨による土砂災害の恐れがある時に発表されます。避難の目安としてください。

土砂災害警戒情報は、土壌雨量指数(土の中に溜まっている水の量)と1時間の降雨量をもとに判定しており、2時間先の降雨予測等から2時間後の状況を想定し発表しています。

土砂災害警戒情報は、「土石流」や「集中して発生するがけ崩れ」を対象に、過去に降った雨の状況や地質状況をもとに判定しています。また、危険度予測画面では、降雨予測が過去に土砂災害が発生した降雨に達した場合に基準値を超過(■■)します。(同じ雨が降っても、土砂災害が発生しないこともあります。)

土砂災害警戒情報は、市町単位で発表しており、大雨警報発表後、各市町の中で5kmメッシュの1箇所以上において、2時間後の危険度レベルが基準値を超過(■)する場合に、県と気象台が協議の上発表します。

危険度レベルは、5kmメッシュの「危険度現況」が“非常に高い(■)・高い()”、また、「危険度予測」が“基準値を超過(■■)”する箇所に着目するだけでなく、その周辺地域も含めて注意が必要です。

小雨の場合でも、がけ崩れは発生することもありますので、十分に注意してください。

なお、降雨データ等の更新中は、危険度レベルが表示されない場合があります。

「危険度情報」の利用方法

危険度グラフの表示

危険度グラフアイコンを左クリックで選択し、地図上の5kmメッシュ(格子枠)内を左クリックすると危険度グラフが表示されます。

地図の移動(手のひら)

地図の移動(手のひら)アイコンを左クリックで選択し、地図をクリックしながらドラッグ(移動)すると地図を移動させることができます。

地図の移動(中心点)

地図の移動(中心点)アイコンを左クリックで選択し、画面の中心に表示したい地図上の位置を左クリックすると、クリックした位置を画面の中心に表示することができます。

表示している土砂災害危険箇所は、それぞれ次の時点のものです。

  • 土砂災害危険渓流:平成11年~13年調査
  • 地すべり危険箇所:平成10年調査
  • 急傾斜地崩壊危険箇所:平成8年調査

えひめの砂防に戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部砂防課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2700

ファックス番号:089-941-5887

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ